人気ブログランキング |

<   2014年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

当たり前の活動

 「差別する側」の日本人と
「差別される側」の朝鮮人という構図は、
本質的に100年くらい変わっていないと思う。

 この構図を変えようと努力することに、
なんで説明がいるの?
 
 当たり前の活動やと思うよ、俺は。
by kase551 | 2014-01-12 21:01 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)

反戦ドラマ

 われわれ庶民が、
徴兵されて、
加害者となってしまうという事例を、
NHKの連続ドラマ『カーネーション』が、
徴兵された青年の母のつぶやきによって、
リアルに表現していた。

 「私、あの子は、やられたんやと思ってたけど
・・・・あの子は・・・・・やったんやなぁ」
(語句は正確でないが、意味は正確)
by kase551 | 2014-01-11 20:59 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

成長

 今日は蒸し豚とキムチを肴に、
ハイニッカのストレートから呑みはじめている。

 ウイスキーのストレートを
いきなり呑むなどとは、
20代30代の頃は、
考えもしなかった。

 50代になり、
酒に関しては「成長」を続けている。
by kase551 | 2014-01-10 20:56 | | Trackback | Comments(0)

冬のリヴィエラ

 年末の紅白歌合戦は見なかったが、
もし森進一さんが
「すみません。歌う曲を『冬のリヴィエラ』に変えます。
演奏なしで歌わせてください。
時間は予定どおりに収めますから」
と言って、
♪あいつに よろしく 伝えてくれよ♪
と歌っていたなら、
どれほどすばらしかっただろうか・・・
by kase551 | 2014-01-09 20:54 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

「関西人」でくくるなよ

 やしきたかじん氏の死去に関して、
「関西人にとってメチャ大きなニュースで、
その喪失感は桁外れに大きい」
というツイートを目にしたが、
それは、投稿者の感覚やね。

 関西ネイティブの私にとっては、
大滝詠一さんが死去したことの喪失感のほうが、
数百億倍大きいよ。

 勝手に「関西人カテゴリー」で
くくられるのは、ホンマ迷惑。
by kase551 | 2014-01-08 20:50 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

京都精華大学の次期学長

 京都精華大学の次期学長は、差別に目をつぶるような人ではないと、私は信じている。
by kase551 | 2014-01-07 20:47 | マンガ | Trackback | Comments(0)

泣き笑い

「オギャー!」と泣いて生まれた私は、
「おおきに、ありがとう」と、笑って死にたい。
by kase551 | 2014-01-06 20:46 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

「灯りの点いた家」

  「灯りの点いた家に帰りたい」などという感覚が、
 私には全くわからない。

 夜、家に帰って電気を点け、
「あぁ、ほっとするなぁ」
というのが私の感覚です。

 たしか近藤ようこさんの作品において、
団地の窓の灯りを見た主人公が
「この灯りにそれぞれの生活があると考えると切なくなる」
という意味の発言をした後で、
若い男が「そうですね。灯りの点いた家に帰りたいですね」
という意味の発言をして、
主人公が違和感を抱く場面があった。

 近藤さん、大好きです。

 灯りの点いたそれぞれの
「生活」を想像すると、ホンマ、
なんとも言えない気分になる。

 人間が生きるというはかなさ、
哀れさ、せつなさ、いとおしさ・・・・

 さまざまな気分が胸を満たす。
by kase551 | 2014-01-05 20:40 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

大瀧詠一さんの曲と声

 大瀧詠一さんの曲と歌声は、
軽やかだが軽薄でなく、
サウンドは厚みがあるが、
重苦しくなく、
見識は深いが「ひけらかし」ではなく、
ユーモア感覚に満ち・・・ 

 どこか浮世離れした、
「ポップス仙人」のようでした。

 ほんま、長生きしてほしかった・・・
by kase551 | 2014-01-04 20:39 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

大阪朝高ラグビー部の偉業

  全国高校ラグビー大会において、
大阪朝高ラグビー部が東福岡高校に惜敗。

 2012年3月まで福岡で生活していた私は、
東福岡高校ラグビー部が3軍まであること、
万全の練習環境を備えていることなどを、
よく知っている。

  東福岡とは比較にならない少人数・設備にも
 かからわらず、「当たり前」のように、毎年
 激戦区・大阪の代表として全国大会に出場し、
 東福岡と互角の試合を続ける大阪朝高の選手たちに、
 心から敬意を抱き続けている。

  朝高、チョンマル、チャレッソ(ほんまに、よくやった)!
by kase551 | 2014-01-03 21:25 | スポーツ | Trackback | Comments(0)