人気ブログランキング |

<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

酒抜き

 月、火と、ついつい呑みすぎてしまった。

 共に呑む人たちとの話が面白く、気が付けば日付が変わっている・・・・

 さすがに今日は酒を抜きましょう。

 明日、美味しい酒を飲むために・・・^^;
by kase551 | 2011-04-20 23:59 | | Trackback | Comments(0)

生き方

 「排外主義にNO! 福岡」の学習会。

 労働運動を長年続けているT氏の「闘争史」を聴く。
 
 約40年間の長きに渡り、さまざまな企業の
不当解雇などの問題と向き合ってきた彼の話を
聴きながら、私は自分の生き方を問い直していた。

 今、私はどのように生きているのか?
 これから、どう生きるべきなのか?
 
 現在私は、若者たちを「指導」する機会が多い。
 その「指導」のあり方も含め、自分自身の生き方について、
改めて深く考える機会を、T氏からいただいたと思う。

 
by kase551 | 2011-04-19 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)

皮膚感覚

 友人C氏と飲む。

 彼とのつきあいも、もう8年になる。
 
 私は基本的に、一歳でも自分より年上ならば、
親しくなってもその人には「です・ます」を必ず使う。 

 しかしC氏に対してはいつしか「タメ口」を
利くようになっている。

 「あんたとは皮膚感覚が合わん」などと
 言い合いながら杯を交わせる関係が快い。

 まあこれは私の生意気さを許してくれる
彼の人徳ゆえだと、勝手に感謝している。

 
by kase551 | 2011-04-18 23:59 | | Trackback | Comments(0)

大河ドラマ雑感

 現在放映中のNHK大河ドラマを、
私はほとんど見ていない。

 今にも「千秋先輩」「ぎゃぼーん」と叫びだしそうな
ヒロインを見るのがちょっとつらい。

 無理に笑いを取ろうとする演出にも鼻白む。

 岸谷五郎と大竹しのぶも、時代劇には不向きだと思う。

 唯一、北大路欣也が出てくると、ほっとする。
 積み重ねてきた年輪の深さを実感する。

 
by kase551 | 2011-04-17 23:59 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

 近年、若い女性アナウンサーに、耳障りな声が増えているような気がする。
 
 腹から出ていない、のどを詰めた不安定な発声での高音を聞かされると、
こちらの喉も詰まりそうな気分になる。
 こういう声が「可愛い」と感じる人が多いんかなぁ~?

 加賀美幸子さん、広瀬修子さん、山根基世さんのように、
落ち着いた低音の女性アナウンサーの伝統を持つNHKにおいても、
「可愛い声」のアナウンサーが多くなってきている。
 やだねぇ・・・


 「女子アナ」ということばに何の疑問も抱かない人たちには、
 私のいらだちはわからんやろなぁ・・・
 
by kase551 | 2011-04-16 23:59 | 雑感 | Trackback | Comments(4)

東北の味

 以前、ネット販売で購入したことがある
福島県の喜多方ラーメンが食べたくなり、
二三週間前に検索したところ、震災のため
一時的に販売を中断しているとのこと。

 今日見たところ、販売再開してました
 
 さっそく注文。
 
 私は以前から、仙台・勝山館の無添加ソーセージ
 http://item.rakuten.co.jp/shozankan/r9002 

 秋田の横手やきそば
 http://www.rakuten.co.jp/rinsendou
 
 などの東北の味を、ネット販売で取り寄せて楽しんでいる。

 これからも、これらの珍味を味わい続けたい。 
 

 



  
by kase551 | 2011-04-15 23:08 | 社会 | Trackback | Comments(2)

ニッカG&G

 本格的にウイスキーを飲み始めて、30年近くになる。

 現在一番愛飲しているのが、ニッカG&Gだ。
c0040369_23571340.jpg

 呑み始めのころは、それほど好きではなかった。
 「まぁ旨いけど、なんか特徴がないなぁ~」と、
正直ちょっと軽視していた(愚か者!)。

 スーパーニッカの華やかな香りと深みには、即座に魅了されたが、
当時の私には、G&Gの真価をわかる舌がなかった。

 ある時、好きな歌手である高橋真梨子さんがG&Gの愛飲者であることを、
何かで読んだ(今は彼女は酒をたしなまないらしい)。
 高橋さんの歌声を聞きながら飲むG&Gは、これまでとは違った味わいだった。

 ニッカのウイスキーのベストだと思っていたスーパーニッカが
大幅にブレンドチェンジし、ピート香(いぶした香り)と
呑み応えが大幅にダウンしてからは、G&Gの深さが一層ありがたい。
 
 派手さはないが、深く確かで、力強さもある。
 エバンスのピアノと共通してるね。^^
by kase551 | 2011-04-14 23:58 | | Trackback | Comments(0)

東北に春を

 プロ野球開幕。

 近鉄バッファローズが消滅してから、
特定の球団を応援することはなくなったが、
福岡での生活を始めてからは、南海時代から
親しみを感じていたホークスを、やや応援している。
 
 しかし今年は、楽天イーグルスの勝利を祈っている。
 東北がホームグラウンドであるこの球団の活躍が、
少しでも被災者の方々の心を癒すことができればと、
祈っている。

 わずか1年で初代監督田尾さんの首を切った
オーナー(三木谷)と、現監督(星野)は大嫌いだが・・・

 
 お~、今日も勝って、開幕二連勝やがな!
 昨年日本一のロッテ相手に、これはすばらしい!

 できれば優勝・日本一にと、心から願う。
by kase551 | 2011-04-13 22:23 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

エバンス

 ひさしぶりに、ビルエバンスの『ムーンビームス』を聴いている。
c0040369_22542449.jpg

 春の夜、ウイスキーを飲みながら聴くにはぴったりの名盤だ。
 
 スローバラード主体の選曲。
 これを単調に感じさせないのは、ひとえにエバンスの技量ゆえ。
 
  たしか、『ジャズの名演・名盤 』(講談社現代新書)
 という本で、著者の後藤さんは、「エバンスのピアノは米のメシのようなものだ」
 という意味の名言を述べていた。
 「ジャズを聴き始めたばかりの人が聴いても、ジャズを相当に聴きこんだ人が聴いても、
 味わい深い演奏」という意味だったと記憶している。
 
  わたしが『ムーンビームス』のCDを買ったのは、たしか1980年代の終わり。
 
  四半世紀近く聴き続けても、まったく飽きないどころか、
 聴くたびに、その魅力をしみじみと実感する。
  
by kase551 | 2011-04-12 22:56 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

参政権

 昨日、地方統一選挙が半分終了。

 同じ福岡県・福岡市に住む友人のPさん・Hさんは、
日本国籍を持たないという理由によって、参政権を認められていない。

 永住資格を持つ市民が、なぜ当然の権利である参政権を剥奪されているのか、
私には理解できない。

 この問題に関しては、過去、何回かビラまきをしたことがある。
 数回は仲間たちと。
 数回はひとりで。

 「排外主義にNO! 福岡」でも、ぜひこの件に関する街頭情宣を行いたい。
by kase551 | 2011-04-11 23:08 | 社会 | Trackback | Comments(2)