人気ブログランキング |

2010年 10月 13日 ( 1 )

「在日」の歴史の一端

 若い人たちに、「市民としての永住・定住外国人」として、
在日朝鮮人の移住過程について、少し紹介する。

 豊臣秀吉による侵略。
 それが、有田焼・薩摩焼・萩焼を生んだ事実。

 徳川政権における対馬の役割。

 明治政府の「脱亜入欧」。
 朝鮮への勢力拡大をめぐる、日清・日露戦争。

 ロシアに傾きかけた朝鮮王妃を、日本の外交官が主導して
王宮に侵入して暗殺した「閔妃暗殺」。
 
 角田房子『閔妃暗殺』(新潮文庫)を紹介する。


 植民地朝鮮における「土地調査事業」や朝鮮米流出によって、
土地を失ったり、貧農となった人たちの事実。
「土地調査事業」終了直後に、大規模な独立運動が発生した事実。

 わたしの知人の父が、官憲によって「村の割り当て」として
強制動員され、九州の炭鉱で働かされた事実。

 生活苦からの脱出を求めて日本に渡った「在日一世」たちの
受難の一部。

 『在日一世の記憶』(集英社)を紹介する。

 1923年9月1日の関東大震災時に、
デマに扇動された日本人たちによって、
少なくとも千人単位の朝鮮人が、虐殺された事実。
「ジュウエンゴジュッセン」の検問。
 
 1995年の阪神大震災時、朝鮮学校に逃げ込んだ日本人を、
学校関係者が助けた事実。


 1945年の日本の「終戦」が、朝鮮の「解放」であったこと。
 日本の「終戦記念日」が、朝鮮の「光復節」であること。
 
 「解放」当時、日本に200万人以上いた朝鮮人が、
130,40万人は朝鮮に戻ったが、60、70万人が残留した理由。

 分断された朝鮮半島における戦争で、米軍の軍需によって、
日本経済が、高度成長の足場を築いた事実。

 
 若者たちのレスポンスカードを読みながら、
確かな手ごたえを感じている。
by kase551 | 2010-10-13 23:46 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)