人気ブログランキング |

2010年 09月 08日 ( 1 )

不当判決にNO!を

「在日コリアン無年金訴訟」で、原告の訴えを棄却する判決が出た。
http://kaseyan.exblog.jp/12309731

 「年金の掛け金を払っていないのだから、支給されなくて当然だろう」
などというアホな意見があるが、物事の本質をまったく理解していない。

 1959年に年金制度がスタートしたとき、外国籍住民は排除されていた。
 1982年からの改正制度においては、外国籍住民も年金対象者となったが、
「60歳までに25年間掛け金を払い続けること」が条件だったため、
当時35歳を超えていた外国籍住民は、排除された。

 そう、年金の掛け金を、払いたくても払うことを拒否されたのだ。

 「在日コリアン無年金訴訟」は、日本社会の排除の論理について、
「これでいいんですか?」と問う裁判だ。

 不当判決にNO!を。
  
by kase551 | 2010-09-08 21:34 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)