人気ブログランキング |

2008年 10月 19日 ( 1 )

李政美の「京成線」

 李政美の「京成線」を、至近距離で聴いた私は、
彼女の歌声に魅了されるとともに、この歌の持つ「重さ」を
かみしめていた。

 ♪低い鉄橋の その下には 埋もれたままの 悲しみ眠る
エヘイヨ エヘイヨ♪

 これは、関東大震災の時に、「朝鮮人が井戸に毒を投げた」などという
事実無根のデマによって、日本人が多くの在日朝鮮人を虐殺した
事実を示している。

 ♪顔も知らない ハルモニ、ハラボジ
いくつものアリラン峠越えて 辿り着いたこの町
 京成線に乗って帰ろう この町もまたふるさと♪

  李さんのライブに私を誘ってくれた友人・Cの父は、
 強制動員によって筑豊の炭鉱で過酷な労働を強いられた。


  「いくつものアリラン峠」の意味を、日本の若者に
 いくばくなりとも伝えるのが、私の役割だと思う。
by kase551 | 2008-10-19 22:52 | 「在日」 | Trackback | Comments(4)