人気ブログランキング |

2008年 09月 28日 ( 1 )

ポール・ニューマン死す

  ポール・ニューマンが死んだ。

 もう83歳やったんか・・・・
 
 ニューマンが出演する映画を初めて観たのは
たしか中学1年か2年のころだった。

 大阪の某小ホールでの映画会で、
『明日に向って撃て!』を観て、
「大人のカッコよさ」に感嘆した。

 ちなみにこの映画会での併映は、『いちご白書』。
 これも名作で、 主題曲♪サークルゲーム♪も名曲です。 
 作詞・作曲は、ジョニ・ミッチェル。


 『明日に向って撃て!』では、ニューマンが扮するアウトローが、
喧嘩において相手に金的蹴りを見舞う場面を見て、
「ほぉ~、アメリカ人も『キン蹴り』をするんやなぁ」と
感心した^^;ことも、よくおぼえている。
 
 キャサリン・ロスを自転車に乗せて戯れる場面や、
それを見咎めたロバート・レッドフォードに対して、
「君の女を盗んでいる」と淡々と語る場面など、
実に味わい深い映画だった。
 
 バート・バカラックの音楽もすばらしい。


 次に観たのは『スティング』。
 今は無き大阪の名画座「大毎地下」だったと思う。

 『明日に向って撃て!』を監督したジョージ・ロイ・ヒル
が、前作同様に、ニューマンとレッドフォードを主演俳優として
撮ったこの映画において、ニューマンは腕利きのイカサマ師を演じている。

 列車の中で、ニューマンが披露するカードさばきの鮮やかさは、今でも忘れ得ない。

 軽妙さと奥深さを兼備したニューマンの演技に、この映画でも感嘆した。

 テーマ曲「エンタテイナー」も、好きです。
 作曲者のマービン・ハムリッシュは、『追憶』(The Way We Were)の
作曲者でもあります。

 
 この二大傑作のほかに私が観たのは、『タワーリング・インフェルノ』『評決』くらいか・・・・

 
  『評決』における弁護士役も、よかったねぇ・・・

  どん底に沈んだ酒びたりの弁護士が、人間として・弁護士としての自覚を取り戻し、
 再生していく過程を演じるニューマンは、やはりすばらしかった。
  この人の微笑は、なんとも魅力的です。

  常に、人間としての深みを感じさせてくれた名優ポール・ニューマンの冥福を祈ります。
by kase551 | 2008-09-28 23:28 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(4)