人気ブログランキング |

2008年 05月 15日 ( 3 )

高野文子の「テーマ」

 高野文子の作品を再読し、ふと思う。

 彼女がかつてインタビューで述べた、
「『奥村さんのお茄子』も『黄色い本』や『美しき町』とテーマは同じなんですよ。
ただ作画の絵柄を変えたという、そういうところかな」 
という、自作に関するコメントに対して、インタビュアーは次のように述べています。
  
 インタビュアー:同じなんですか?実は?
         読者はそれを汲み取らないといけないですか(笑)?

 高野氏:すぐにはわからんけど、いずれわかるよ、歳を取れば(笑)。
     そういうやつですよ(笑)。
 
 なんとアホなインタビュアー^^;

 で、熱烈なファンが多数いるにもかかわらず、この三作品の「共通テーマ」に
関する考察は、私の知る限り、皆無といっていい状態です。

 絵柄がどうの、アングルがどうのというファンがいることは、
もちろんありがたいことでしょうが、「テーマ」を無視される作家は、
むなしい思いをすることが多いでしょう。

 高野さんは大友克洋氏との対談において、
「(自分の説に賛同してくれるのは)青木雄二くらいかも」と述べています。
 すなわち、「自分はあるテーマを抱いて、それを伝えようとしている。
それは青木雄二と同様だ」という意味なんですよね。

 高野マンガ・青木マンガの愛読者である私は、「おぉ!そうや!」
と納得も得心もするのですが、多くの「高野ファン」には、「?」だったようです。

 いかに高野文子の「テーマ」が無視されているかということですね。
 
 拙ブログにおいて、『奥村さんのお茄子』『黄色い本』『美しき町』
の三大傑作における「共通テーマ」について、かつてつぶやいておりますので、
ご笑覧ください。 
 高野文子のテーマ(1)
 高野文子のテーマ(2)
by kase551 | 2008-05-15 23:59 | マンガ | Trackback | Comments(0)

詩人としての長谷邦夫

  パロディマンガの大家である長谷邦夫氏は、
 詩人でもあります。

  私が愛聴している井上陽水さんのアルバム
『氷の世界』に、長谷さんの作詞による「桜三月散歩道」が
 収録されています。

  名詩・名曲です。
by kase551 | 2008-05-15 23:58 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

120人にひとりが被災

中国四川省での地震の被災者は、
1000万人を超えているとのこと。

 中国の全人口を12億人と仮定しても、
120人にひとりが被災しているという計算だ。

 3ヵ月後にオリンピック開催?
 
 やっぱり延期してほしいねぇ。
  
by kase551 | 2008-05-15 23:11 | 雑感 | Trackback | Comments(0)