人気ブログランキング |

2007年 03月 27日 ( 1 )

「司法の壁」

 あぁ~あ・・・ という気分です。

「中国残留孤児」裁判
中国人強制連行裁判
沖縄密約スクープ記者裁判
 で、裁判所はいずれも原告(元「残留孤児」・強制連行された中国人・
名誉毀損された元記者)敗訴の判決を下しました。

 「中国残留孤児」が、関東軍(中国東北部に駐留していた日本軍)に
見捨てられた「棄民」であり、朝鮮人と同様に強制連行された中国人
たちに、日本政府と企業(三井・三菱など)が個人補償を行うことが
当然であり、西山元記者が、沖縄「返還」にともなう費用肩代わり
という日米密約をスクープした功労者であることは、多くの人たちは
理解しているのではないでしょうか。

 しかし、裁判では・・・・


 私が以前、通訳などで少しかかわった、朝鮮人従軍慰安婦関連の
裁判もそうですが、「司法の壁」ですね。
 厚く高い・・・・
 

 それでも、訴えを起こすこと自体に大きな意味があると、
私は思います。

 近日中に、ある訴訟の原告に名を連ねるつもりです。
by kase551 | 2007-03-27 22:55 | 戦後処理 | Trackback | Comments(0)