人気ブログランキング |

2006年 06月 23日 ( 2 )

死刑廃止・仇討ち復活

 もし私が帰宅して、愛する妻と娘が誰かに殺される現場を
目にしたならば、私はその場でその「誰か」を殺します。

もし帰宅した私が、絞殺されたあと犯された妻と、叩きつけられて
殺された娘の姿を見たならば、その犯人を殺したいと思うでしょう。

 しかし私は、「その犯人を死刑にして欲しい」とは主張しません。
 懲役刑に服した彼(彼女)の出所を待って、できうる限りの手段をとって
彼(彼女)の居場所を突き止め、復讐(殺人)をするでしょう。

 「死刑廃止・仇討ち復活」を、私は望みます。
 これは、何年か前に、呉智英さんも主張していました。

 「あんなヤツは死刑だ!」とわめく「正義の味方」の方々は、
その死刑を誰が執行するのかを、考えたことがあるのでしょうか?

 日本の死刑は絞首刑ですが(これすらも知らない人が多い!)、
死刑囚の首に縄をかけ、死刑囚が立っている床を、ガタンとはずすのは、
死刑囚とず~~っと接してきた、刑務官なんですよねぇ・・・・
 私が刑務官なら、いくら凶悪で残忍な犯罪を犯してきた人間でも、
日々顔を合わせれば情も移るし、殺せないでしょうねぇ・・・・

 床をはずすボタンを押すのは、刑務官です。
 3人の刑務官が3つのボタンを同時に押すらしいです。
 「当たり」のボタンを、誰が押したのかを不明にするために・・・・

 それでも、ある刑務官は、
 「死刑執行日には浴びるほど酒を飲むけど、それでも酔えない」
と語っています。


 こまわりくんの「死刑!」はギャグですが、
いい大人たちが、「あんなヤツは死刑!」とわめいている姿は、
見苦しい限りです。

 他人に人殺しを押し付けんなや、このボケども・・・・
 刑務官に人殺しをさせ、自分たちは「正義」の側にいると
胸を張るアホども・・・・
by kase551 | 2006-06-23 23:32 | 社会 | Trackback | Comments(4)

沖縄慰霊の日とサッカー

 夕刊の一面トップは、またサッカーです。
c0040369_212643.gif
c0040369_21262169.gif

 今日(6月23日)は、「沖縄慰霊の日」です。
私にとっては、この方がより重要な意味を持つのですが・・・
 そして、本当は、日本という国にとっても・・・

 日常生活を脅かし続ける、米軍の騒音と暴行の脅威・・・
 それを見て見ぬふりをして、「癒しの島」などと、つまみ食いを
楽しむわれわれヤマトンチュウ・・・
 
  宮本亜門さん、嫌ですねぇ・・・

  でも沖縄に移住する人って、結構多いんですよねぇ・・・



  とはいえ、日本チームはブラジル相手に健闘しましたね。
  川口キーパーの、「定番の」スーパーセーブも楽しめましたし、
 玉田選手のシュートも、見事! でした。

  日本がワールドカップに出場するのは、今回が3回目です。
  しかも、そのうちの一回は、開催国という特典での「優待」です。

  相撲で例えるなら、幕内に上がってまだ何場所も経験していない
 力士のような存在ではないでしょうか?

  一方ブラジルは、ワールドカップには欠かせない存在で、何回も
 優勝を重ね・・・・
  例えるなら、大横綱ですね。

  その大横綱を、平幕下位がぐらつかせた(一点先取した)ことは、
 大したものだと思います。
  「幕内に上がる」ことだけでも、大したことだと思うのですが・・・・

  しかし、テレビ屋さんたちは、
  「闘志が足りなかった」とか、「勝つという気持ちが弱かった」とか
 相変わらず、「言ったもん勝ち」ですよねぇ・・・
      
   やだやだ・・・・・


   私はサッカーについて、あまり関心はなく、見識もありませんが、
 川口選手のスーパーセーブと、今日の玉田選手の鮮やかなゴール
 だけでも、日本チームは充分楽しませてくれたと思います。


   さて、明日の4時、韓国VSスイス 楽しみですね。

   ソウル市庁前の「赤の広場」(モスクワではありません)
  に足を運びたかったです・・・
c0040369_2125137.jpg

 ↑
 ここは、ここです。
by kase551 | 2006-06-23 21:26 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)