想い出の赤塚作品(6)

  『狂犬トロッキー』(原作:滝沢解)は、赤塚作品の中では
 異色の「革命マンガ」だ。

 この作品を私は、リアルタイムでは読んでいない。
 
 「赤塚不二夫漫画大全集」(小学館)の一冊(№158)
として、数年前に手にしたのだが、きわめて強烈な印象を受けた。


  人間に飼いならされた犬たちが、「主体性」を取り戻すために
 「革命」を起こそうとする。
  その主導者(主導犬)が、トロッキーだ。

  そう、ロシア革命の指導者であり、スターリンによって
 追放され、暗殺された、トロツキーと同じ名前である。


  「支配階級」である人間を倒して、「世界を一新」しようとする
 トロッキーは、東京占領を目指すが、かつての「同志」スターリン
 (もちろん犬です)から、暗殺されそうになる・・・・
  
c0040369_23332744.jpg

  三島由紀夫による「クーデター未遂」を明らかに意識した場面など、
 迫力と悲哀に満ちた描写に圧倒される。
  
      
  この『狂犬トロッキー』と、赤塚氏のトキワ荘における
 「同志」だった藤子不二雄Aによる『劇画毛沢東伝』(実業之日本社)は、
 私にとって、「革命マンガ」の双璧だ。
[PR]
by kase551 | 2008-08-11 23:37 | マンガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/9427874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 想い出の赤塚作品(7) 想い出の赤塚作品(5) >>