人気ブログランキング |

「障害者=純粋」という傲慢な決め付け

 知的障害者による国際スポーツ大会である
スペシャルオリンピックが開幕しました。

 開幕式をテレビで見ていたら、
ゲストの上戸彩さんが、
「みなさんの純粋な微笑み・・・・」という言葉で、
選手たちに呼びかけているのを耳にして、
不愉快になりました。

 もしこれが、オリンピックの開会式なら、
彼女はそのような言葉を使うでしょうか?

 「障害者=純粋」というワクを勝手に
はめるのは、「健常者」側からの傲慢な
決め付けです。
 すなわち、「健常者」の一方的なまなざしで、
「障害者」を規定しているのです。


 「健常者」って、そんなに偉いの?
同じ人間やのに・・・ 
 何か勘違してるんやねぇ・・・・
 
 「健常者」という言葉も、どうもひっかかりますね。
 
 自分が「健常」とは思えない私は、この言葉を
括弧抜きで使う気にはなれません。
by kase551 | 2005-02-26 20:21 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/870535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< おそるべき10代 「どっちもどっち」? >>