人気ブログランキング |

『憲法を奪回する人びと』

 田中伸尚氏の『憲法を奪回する人びと』(岩波書店) 
 を再読する。
c0040369_21531443.jpg

 
  私の友人である鄭琪満(チョンギマン)さんに
 関する記述に、改めて胸を打たれる。

  昨夜、東京出張中の彼に電話をしたばかりだったので、
 感銘もひとしおだ。

  毎年私は、若い人たちに、「在日コリアンの形成過程」
 について話をする。


 「すべての在日コリアンは、強制連行の被害者である」というような、
 事実に反することは、絶対に話さない。

  しかし、在日コリアンの形成過程が、日本による朝鮮の植民地支配
 政策(「土地調査事業」など)と切り離せないことや、強制連行が間違いなく
 存在したことは、必ず伝えている。

  強制連行について説明するとき、鄭さんの父親の事例を、次のように
 紹介すると、若い人たちの顔が、明らかに変わる。


 「『強制連行がなかった』とかゆう、デタラメを信じたらあきまへんで。
  証人がおるからね。
  私の友達のお父さんはなぁ、連行しようとするヤツに片腕を引っ張られ、
  片腕はお姉さんに引っ張られたけど、結局は連行されて九州の炭鉱に
  送られて、強制労働させられたんよ・・・」  
 

  『憲法を奪回する人びと』の138頁に、アレックス・ヘイリー原作の
 米テレビドラマ『ルーツ』において、黒人たちがアフリカから強制連行され、
 船底に詰め込まれるシーンを見ていた鄭さんの父親が、ボロボロと泣いたという
 実話が紹介されている。

  「なんして泣きよると?」という鄭さんの問いかけに、
  父親は次のように答えたという。

  「オレはこげんして連れてこられた」
by kase551 | 2008-04-13 21:55 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/8653540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「ナガサキ」を描いた力作 愛されたいのなら・・・ >>