人気ブログランキング |

京都でのライブ&作陶展

 京都から無事戻ってきました。
 
 今日(25日)の地震は、京都でも震度3でした。
 9時40分ごろ、ホテルの客室(11階)にいた私は、
部屋が大きく揺れるのを感じました。
 京都でさえこうなのですから、石川県輪島の人たちは、
大変だったでしょうね。
 亡くなられた女性のご冥福を祈ります。
 
 しかし、阪神大震災といい、一昨年の福岡玄海沖地震、
そして今回の地震・・・・
 関西・西日本は、すでに「地震安全地帯」ではありません。


 さて、昨日、金閣寺近くの某所で、新井英一さんのライブを
聴きました。
 私の友人でもある陶芸家・鄭琪満(チョン ギマン)さんの
作陶展とのコラボです。
 新井さんも鄭さんも、福岡で生まれ育った在日コリアン二世です。


 新井さんのライブを聴くのは二度目ですが、年輪を感じさせる
力強い歌声と、熱いメッセージ、そして絶妙のユーモアに魅了されました。

 「よぼよぼになっても、♪アジアの大地が見たくって 俺はひとり旅に出た♪
 (わざと弱々しいか細い声で)と歌っていたいですね」という語りでは、
 爆笑と共に割れんばかりの拍手が巻き起こりました。
c0040369_20493377.jpg

 いや~、えぇ歌手のライブは、ほんまにええもんですなぁ・・・・
 
 あいにくの雨でしたが、鄭さんの作陶展も好評で、何よりでした。
c0040369_20494710.jpg


 打ち上げで、初めてライブに来たという、70代の在日コリアン二世の
方たちと話せたのもよかったです。
 時間が許せば、もっといろいろお話をうかがいたかったのですが・・・

 還暦まぢかの歌手と、推定平均年齢40代後半~50代前半の観客たち・・・

 ライブ(live)、すなわち「生きること」とは何か?を自問したくなる貴重な時間でした。
 
by kase551 | 2007-03-25 20:52 | 「在日」 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/5779639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-06-24 10:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kase551 at 2010-06-24 22:33
アシナガさん、「実は(中略)哀れに感じました」の部分は、わたしにはよく事情が分からないのですが、オリンピックなどの誘致に関することなのでしょうね。えらそうにゆうわけではありませんが、国家というものは、「そこまでするか!!」ということを、よくやりますよねぇ。日本も韓国も朝鮮民主主義人民共和国も、中国も、米国も・・・。

 アシナガさんが「朝鮮半島NG」とお感じになるのはご自由ですが、朝鮮半島の国家に頼ることなく、排除と同化の圧力が強く左右する日本社会に生きる在日朝鮮人(韓国籍・朝鮮籍・日本籍)と「スッキリ会え」ないアシナガさんを、「贈呈した拙著『コリアン三国誌』をちゃんと読んでくれはったんかなぁ?」と、いぶかしく感じます(気分悪くされたらごめんなさい)。
Commented at 2010-06-25 09:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kase551 at 2010-06-26 21:34
 アシナガさん、7月に行かれるんですね。
 私は秋ごろの予定です。お気をつけて行ってきてください。


<< 「司法の壁」 明日から大阪・京都です >>