人気ブログランキング |

韓国の「国際化」

 昨日、インターネットを通して、韓国SBS(ソウル放送)の
秋夕(旧暦のお盆)特別ドラマを見ました。

 フィリピン女性と韓国人男性の間に生まれた「混血児」を
扱ったそのドラマは、韓国社会における「混血児」(特に
アジア系)に対する根強い排他意識と偏見をリアルに
描いたという点において、意義深い作品だったと思います。

 「混血児」役の子役の演技も素晴らしかったですが、
彼の母親になろうとする中年女性を演じたキョン・ミリさんも
よかったですね。
 
 彼女は、『チャングムの誓い』でも、良い味を出していました。


 それはともかく、永住外国人の地方選挙における投票権が
認められるなど、韓国社会は確実に変わりつつありますね。
 
by kase551 | 2006-10-08 23:52 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/4696610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「同胞」への想像力 月餅 >>