人気ブログランキング |

『ちゅらさん』

 「沖縄慰霊の日」ですね。
 江戸時代には薩摩藩からの侵略を受け、
明治新政府の「琉球処分」によって日本に
併合され(植民地化)、その日本(ヤマト)が
主導する戦争で地上戦の犠牲となり、「友軍」・
日本軍に裏切られ、米軍の支配化で「基地化」が
確定し、「日本返還」後も、米軍による犯罪と
ヤマトンチュウの「癒し」の対象となり・・・・
 
何年か前にNHKで放送されたドラマ『ちゅらさん』は、
今思い返してもいびつなドラマでしたね。
 上記の歴史的背景にまったく触れようとせず、
 ヤマトが思い浮かべる「ご都合主義的沖縄人」
(頼りない男、しっかりものの女、たくましい「オバア」
など)の姿を恣意的に描いたという点では、「オリエンタリズム」
ならぬ「オキナワニズム」とでも言いましょうか・・・・

 沖縄の文化や自然、家族愛を描くのは結構ですが、
あれだけ長期の描写なら、基地や米兵が登場しない
方が不自然なのではないでしょうか?
また、我が物顔で「国際通り」をのしあるく、
一部観光客の醜態も・・・

 それらを描いた上で、あの『ちゅらさん』が放映されて
いたならば、これほど私が文句をつけることもなかった
のですが・・・
  
  口当たりのよい部分だけを「つまみ食い」するのは、
「癒し」ならぬ「卑し」い感じがします。 
 
 また腹立たしかったのは、堺正章に、「沖縄の男はダメだね!」
というセリフを吐かせたことです。
 たしか『ちゅらさん2』でした。

 あんたが言うことちゃうやろが・・・・

 
 菅野美穂さんや余貴美子さんなど、いい俳優が出ていたのに、
惜しいドラマでした。
by kase551 | 2005-06-23 23:42 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/2122329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 宝塚記念(競馬) 新世界 >>