人気ブログランキング |

生駒トンネル

 近鉄電車で生駒トンネルを通る。

 映画『パッチギ!』の一場面とセリフを思いだす。

 在日朝鮮人の歴史について無知な日本人高校生に、
一世とおぼしき朝鮮人女性が語りかける。

 「生駒トンネル、誰が掘ったか知ってるか?」

 現在の「新生駒トンネル」(1962年着工)が1964年に開通するまで
使われていた「旧生駒トンネル」は、1911年着工、1914年開通という
歴史を持つ。
 日本が朝鮮を植民地化した翌年に始まったこの工事には、多くの
朝鮮人労働者が動員され、落盤事故などで命を失った人たちもいる。

 「新生駒トンネル」のすぐ近くにある宝徳寺という寺院には、
 他郷で無念の死を迎えた朝鮮人労働者たちを悼む慰霊碑が建てられている。

 
by kase551 | 2011-08-25 23:59 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/16783131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 先入観 ディープ鶴橋 >>