人気ブログランキング |

名監督死す

 米国のシドニールメット監督が死去。

 彼の作品は、『12人の怒れる男』、『狼たちの午後』、
『評決』くらいしか見ていないが、いずれも強い印象を受けた
傑作だ。

特に忘れがたいのは、『評決』でポールニューマンが演じた
酒びたりの弁護士が、徐々に立ち直っていく姿だ。

  
 当座の金を稼ぐために引き受けた仕事で目にした
被害者の惨状が、彼の眠っていた正義感とプロ意識を
呼び覚ましていく様子は、実に感動的だ。


 これもDVDを買って再見しましょう。

 そういえばニューマンもすでに故人なんですねぇ・・・
 追悼。
 
by kase551 | 2011-04-10 23:59 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/16175804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-04-13 11:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kase551 at 2011-04-13 20:54
30年くらい前の作品ですが、名作だと思います。


<< 参政権 『レッズ』 >>