人気ブログランキング |

「強制」は「共生」につながらない

 朝鮮高校への補助金支給を停止した橋下大阪府知事が、
ツイッター(@t_ishin)で、次のように述べている。
 
 「僕は在日朝鮮人が多く住む大阪を預かる立場で、
 在日と日本人の共生を現実に実現しなくちゃならない。
 全員賛成の結論なんてあり得ない。そんな中で、
 朝鮮学校と北朝鮮国家の切り離しを断行した。
 この切り離しに成功すれば、民主党政権のような理念なき振る舞いはしない」

 朝鮮学校を朝鮮民主主義人民共和国から切り離すことが、
「在日と日本人の共生」につながるのだろうか?

 そんなはずないやん!
 
 「在日と日本人の共生」のためには、マイノリティである
 「在日」の意見をまず収集するのが、マジョリティの日本人であり、
 大阪を預かる立場である橋下氏の仕事やろ?
 
 「共生」のためには相手の実情を知ることが第一。
 一方的な「ルール」の押し付けは不信感を増幅するだけ。

  言葉遊びではないが、「強制」は「共生」にはつながらない。

 「俺の作ったルールに従えば補助金を支給してやる。
 従わなければ補助金はやらん」と言う人間が、「共生」などと
 言うべきではない。
by kase551 | 2011-03-10 23:58 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/16038414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 地震と原発 二年前のレジメ >>