人気ブログランキング |

「十二月八日」

 今日は12月8日。

 太宰治の「十二月八日」を再読。

 この作品を「戦争協力作品」などと解釈する人もいるが、
わたしはこの作品に漂う、無謀な戦争に向かう日本を
皮肉に見る視点に感嘆する。

 この作品に登場する「主人」は、「西太平洋って、どの辺だね? サンフランシスコかね?」 
などと、頓珍漢なことを言いながら、妻の「日本は、本当に大丈夫でしょうか」という問いに、
「大丈夫だから、やったんじゃないか。かならず勝ちます」と、答えている。

 その「かならず勝ちます」ということばは、
「よそゆきの言葉」と表現されている。
 米国の地理も知らず、「かならず勝ちます」と断言する「よそゆきの言葉」。

 そして、その「主人」のことばを聞いた妻は、
「主人の言う事は、いつも嘘ばかりで、ちっともあてにならないけれど、
でも此のあらたまった言葉一つは、固く信じようと思った」と考える。

 「かならず勝ちます」という「よそゆきの言葉」、
「主人の言う事は、いつも嘘ばかりで、ちっともあてにならないけれど」に、
私は太宰治の皮肉な視線を感じる。

 そして、買い物に行った妻が、
「こんなものにも、今月からは三円以上二割の税が附くという事、ちっとも知らなかった」と思う箇所や、
卒業と同時に入営する大学生たちに対する、
「まあほんとに学生のお方も大変なのだ」などの感慨からも、
私はこの作品を、単なる「戦争協力作品」としては、読めない。

 また、新聞のページ数(「珍しく四ページだった」)や、
酒の配給(「隣組九軒で一升券六枚しか無い」)など、
物資窮乏の様子も、太宰は活写している。

 小説の終盤、「銭湯へ行く時には、道も明るかったのに、
帰る時には、もう真っ暗だった。燈火管制なのだ。もうこれは、演習でないのだ。
心の異様に引きしまるのを覚える。でも、これは少し暗すぎるのではあるまいか。
こんな暗い道、今まで歩いた事がない」における、
「行きは明るく、帰りは真っ暗」という設定や、
「少し暗すぎるのではあるまいか。こんな暗い道、今まで歩いた事がない」
という妻の思いは、戦争の先行きを暗示しているのではないだろうか。

  そして、その不安な気持ちを抱いている妻に
「主人」は、「お前たちには、信仰が無いから、こんな夜道にも難儀するのだ。
僕には、信仰があるから、夜道もなお白昼の如しだね。ついて来い」と、
「どんどん先に立って」歩いていく。
 
このような「主人」の態度に、妻が「どこまで正気なのか」と
 呆れるところで小説は終わる。
妻は、 「この人はおかしいのではないか?」と、あきれているのだ。


  どんどん先に立って歩いた結果、日本はアジア諸国に多大な被害を与え、
 自らも、甚大な被害を負った。

  夏目漱石の「三四郎」における台詞を思い出した。

 「滅びるね」



  「中国になめられるな」「ロシアになめられるな」などと
 声高に叫ぶ人たちは、この作品をじっくり読んでみるべきだろう。
  
  でも、「そうだ。この『主人』のように、どんどん行くべきだ!」
 と、誤読するかもわからんね・・・・

  
by kase551 | 2010-12-08 21:57 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/15581799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いのうえ at 2010-12-12 19:23 x
先日は博物館で御会いした、いのうえです。
文学もそうでしょうけど音楽とかも、そのまま「人権」とか「平和」とかをそのまま直球で描いてしまうとただのプロパガンダ(?)にしかならなくて、芸術として昇華できませんよね。そのあたりの表現方法が芸術というフィルターを通っているからこそ胸を打つ部分もあるけど、社会運動目線だとまどろっこしさや読み違えが出たりして難癖つけられるのかもしれないのかなぁ…なんて思いました。
Commented by kase551 at 2010-12-12 22:27
 いのうえさん、いらっしゃいませ。^^
 太宰治は「変化球」の名手だったと思います。
 「難癖」は、どういう表現をしても、つけてくるヤツは
つけてきますよねぇ。
 どこまでわかりやすくするかというのも、なかなか難しいですが、まずは表現することが大事ではないかと思います。
 


<< さがしもの なんと愚かな・・・・ >>