人気ブログランキング |

ひまわり

 ソフィアローレンが日本に来てたんやね。

 彼女の映画は「ひまわり」しか観ていないと思うが、
この映画のテーマ曲はときどきハミングしている。
 たしか、ヘンリーマンシーニの作曲やったよね。
 名曲です。


 この映画からは、反戦のメッセージが、強く伝わってくる。


 (以下、映画の内容について書くので、
 これから観ようという方は、ご注意ください)

c0040369_22261012.jpg

 

  深く愛し合った夫婦が、戦争によって引き離され、
 終戦後、再会するが、夫は新しい家族の元に戻るという悲劇。
  残された妻も、新しい家族と暮らす夫も、
 この先、心から笑えることがあるのだろうか? 
  たぶんないだろう。

  あ~、なんでこうなってしまったんやろう、という無念さが、
 絶妙のテーマ曲によって増幅される。

  咲き誇る一面のひまわり畑と、戦争によって人生を
 ねじ曲げられた人たちの悲哀という対照の妙。


  う~ん、もういちど観たくなってきた。
  DVDを買おう。
by kase551 | 2010-10-29 23:59 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/15376386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆら at 2010-10-31 16:41 x
ひまわりだけさー、もうあのピアノが聞こえてきた瞬間、ドスーーーン(-_-) なんだよね。もうさ、なんつーか、誰も悪くないじゃん。誰も責められないしどこにも救いがないんだよね。ものすごく胸しめつけられるよね。
若い頃に1回しか観てないのにこんな気持ちが残ってるってことは、相当なインパクトだったんだろうと思う。
それともワチ、おませさんだったのかなぁ。
Commented by kase551 at 2010-11-01 18:13
 そう、あのイントロでだけで涙腺が・・・・
 おっしゃるとおり、「誰も責められないしどこにも救いがない」ゆえに、
「戦争ってなんぼほど人を不幸にするんや」という思いがつのります。

>それともワチ、おませさんだったのかなぁ。

 ゆらさんは、幼いころから感性が豊かだったのでしょうね。^^




<< 野沢那智さん死去 「ブラタモリ」雑感 >>