あれから10年

 歴史的な南北首脳会談から10年。

 現在の朝鮮半島情勢が、不安定であるにしても、
あの会談が、南北離散家族の再会を促進したことは、
誰にも否定できない。
 
 南北首脳会談の功績による金大中氏のノーベル賞受賞に関して、
「カネで平和を買った」という批判があった。
 首脳会談実現のために、韓国政府が朝鮮民主主義人民共和国に
多額のカネを送っていたためだ。

 カネで平和が買えるなら、えぇやんか? 
 カネで離散家族が再会できるなら、えぇやんか?

 わたしは「政治にカネがかかるのはしゃーない」という
考えです。
  
 
[PR]
by kase551 | 2010-06-15 23:59 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/14602347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「がんばってほしい」 耳障りな応援 >>