人気ブログランキング |

時効を扱った名作ドラマ 

 『時間(とき)よ、とまれ』というドラマをご存知の方は、
拙ブログのお客様には多くないだろうと思う。

 わたしも今日、「時効廃止法案成立」のニュースを
目にして思い出した。

 「土曜ワイド劇場」の初回作品。
 「寅さん俳優」のイメージが強かった渥美清の刑事役と、
 NHKドラマで「赤ひげ」先生を演じていた小林桂樹が
 犯人役という、意外なキャスティングに興味をひかれた。


 「ネタバレ」だが、時効寸前で逮捕された小林桂樹が、
家族に電話をかける場面は、今でも心に残っている。


 「まちがい電話でした!」 
  
  泣きました。
   
by kase551 | 2010-04-27 23:33 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/14262764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 5月3日はライブとモルトの日 中井大臣の罷免を求める >>