人気ブログランキング |

1945年2月

 1945年2月。

 元首相、近衛文麿の「戦勝終結・講和」という「上奏」に対し、
裕仁天皇は、「もう一度戦果を挙げてからでないとむずかしいだろう」と、却下した。 

  そう、歴史に「もし」はありえないが、
 もし、裕仁天皇が「もう一度戦果を」などと
 アホなことをゆうてなかったら、沖縄・広島・長崎の
 悲劇も、そして、「中国東北棄民」(いわゆる「残留孤児)
 の問題も、起こっていなかったのではないかと、私は考える。

 今日(14日)、テレビ朝日系「徹子の部屋」のゲストは、
沖縄古典音楽家の照喜名 朝一(てるきな ちょういち)氏だった。

  照喜名氏の体験を聴いた黒柳氏は、次のような内容の発言をした。

 「1945年の2月に戦争をやめていたら、沖縄戦もなかったのに」
 同感です。
 
by kase551 | 2009-08-14 23:01 | 戦後処理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/12131119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 裕仁天皇 あれから5年 >>