カッコーの巣の上で④

 ニッカのキングスランドを飲みながら、いろいろと考える。

  美味いウイスキーやなぁ。
  このずしっとした飲み応えが、「ニッカらしさ」やね。
これは「キングスランド」というウイスキーへの感想やけど・・・・
c0040369_2234043.jpg

  
 俺が『カッコーの巣の上で』に引き寄せられるのは、
入院者に「異常」というスティグマを押して、管理・統制しようとする
「婦長」(ルイーズフレッチャー)と同じことを、自分もやろうとしてるんと
ちゃうんかという思いを、ときどき抱くからやろな。

 すなわち、「婦長」と同じく、「みなさんの意見は?」などという、
民主主義的パッケージを免罪符として、内実は「かせたに王国」
を造ろうという、「キングスランド構想」が、俺にもあるんとちゃうんかっちゅう、
自省やね。
 
    
[PR]
by kase551 | 2009-06-03 22:34 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/11677102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 声 カッコーの巣の上で③ >>