人気ブログランキング |

配役

 羅漢中の『三国志演義』、吉川英治・横山光輝による『三国志』を
愛読してきた私には、諸葛孔明役に金城武を起用したのは、
完全なミスキャストと思える。
 
 可愛らしくさわやかで、深みを感じさせない「孔明」・・・
 それは私にとって、「孔明」ではありません。
 
 中国中央電視台製作のテレビシリーズ
『三国演義』(日本で販売されているDVDタイトルは
『三国志演義』〔これは羅漢中の小説と同じタイトル〕)のほうが、
俺は好きやね。

 韓国で生活していたときにテレビで見て、「えぇなぁ」と思い、
日本に帰ってきてからDVDを買い込み、ときどき見ています。
このドラマにおけるキャスティングは、すべて文句なし。

 
 昔、中村敦夫主演のテレビドラマ『水滸伝』を見てたけど、
林仲役に中村さんを起用したスタッフは、慧眼です。
by kase551 | 2009-04-12 22:16 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/11312366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆら at 2009-04-13 21:20 x
金城武ってさ・・・・・    スティックだよね(・_・)
Commented by kase551 at 2009-04-14 01:00
 勝手なことを言わせてもらえるなら・・・
 彼は、現代劇、特に都市生活の若者を演じる力は十分にあると
思います。
 現代を生きる都市青年の役は、ピッタリです。

 でも、「諸葛孔明」には合わんなぁ・・・

 あえて彼を「時代劇」にキャスティングするなら、
ストレートな好漢・趙雲のほうが、彼には合います。

 ゆらさん、今思いついたこのキャスティング、悪くないでしょ?


<< できることはある 赤のインパクト >>