人気ブログランキング |

銀川あきら

 4月8日は「花祭り」。
保育園に通っていたころ、仏様に甘茶をかけていたことを思い出す。

 亡父の誕生日が4月8日。
 「俺はお釈迦様の生まれ変わりや」が、口ぐせだった。


 もみじのような手で、仏様に甘茶をかけていた保育園児が、
節くれだった手で一升瓶をわしづかみにして、焼酎を浴びるように呑む
オッサンになるとは・・・・
c0040369_23262858.jpg
 それはともかく・・・・
 20年くらい前、小学館のマンガ雑誌(『ビッグコミック』系列)で
デビューした、銀川あきらというマンガ家のことを思い出した。

 「龍樹という青年を主人公にした、仏教に対する
作者の深い理解にもとづく、味わい深い作品だった。
絵柄にも好感が持てた。

 

 Googleで「銀川あきら」で検索したところ、
ありましたがな!

  1987年の「ビッグコミック賞」の入選作やったんやねぇ・・・  

  いやぁ、おもしろい!
  これはやっぱり、えぇ作品ですよ。

  サラリーマン2,3年生くらいだったあのころの私よりも、
十分にオッサンになった今の私の方が、この作品の魅力が、
よぅわかるね。

  作者は、今はマンガは描かれていないようだが、ご健在で何より。
  

    
 
by kase551 | 2009-04-08 23:59 | マンガ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kaseyan.exblog.jp/tb/11289956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ごろごろ at 2009-04-10 15:57 x
記事に関係なくて申し訳内ですが・・・昨日イギリスから帰って来ました。
またちょくちょく寄らせてもらいます。疲れているので本日は挨拶だけ。
Commented by kase551 at 2009-04-11 19:13
あ、もう行ってこられたのですね。そういえば、貴ブログの「準備着々」の記事から、ひと月以上過ぎていますね。^^

 ご無事でなによりです。
 英国に関する記事も、楽しみにしています。^^ 


<< 一升瓶をキープ 学生街の四季 >>