原始宗教の力

 伊勢・大阪・奈良と、関西方面を巡回して、昨日福岡に
戻りました。
 
 伊勢神宮・通天閣・東大寺と、それぞれ味わいの異なる
建造物や宗教施設を、久しぶりにじっくり観察する機会に恵まれ、
幸いでした。

 東大寺の「お水取り」は見物できませんでしたが、
「二月堂」で振り回される松明から降り注ぐ火の粉を
観客が浴びるというのは、原始宗教を連想させ、
興味深い限りです。

 大阪の猥雑さの根底にも、このような原始的パワーが
あるのではないか?などと、「関西原始宗教論」を
こねくり回してみたくなりました。



 
[PR]
# by kase551 | 2005-03-07 14:15 | Trackback | Comments(0)

蓬莱

 「蓬莱」でネット検索してみました。

 「蓬莱本館」http://www.rakuten.co.jp/horai
 という会社もあるんですね。

 1945年に創業した「蓬莱」が、1964年に
「551蓬莱」「蓬莱本館」「蓬莱別館」の3社に分かれた
とのこと。

  大阪で「蓬莱」と言えば、「551」を連想する人が
 圧倒的です。

  さっそく「蓬莱本館」にネット注文しました。

  大阪から帰ったころに届くらしいので、楽しみです。  
[PR]
# by kase551 | 2005-03-01 23:32 | Trackback | Comments(0)

関西の味

 関西出身の私が関西を離れて、
すでに20年を超えました。

 年に二度ぐらいは大阪に行くのですが、
なぜか食べたくなるのが
「蓬莱」 http://www.551horai.co.jp/
 という店の豚まんと焼売です。

 関西以外では「肉まん」といいますが、
やはり「豚まん」がしっくりきます。
 語感も愛嬌があって、可愛くありませんか?
 「共食い」という知人の声は無視して・・・・

 あとは脂ぎった店での串カツですね。
 「新世界」http://www.shinsekai.ne.jp/
 界隈の店が、私には一番合います。

 
  明後日から三重・大阪出張です。
 
  豚まん、串カツ、ドテ焼き・・・
  これで生ビールと焼酎をあおれば、極楽です。

  極楽まであとわずか・・・・
[PR]
# by kase551 | 2005-03-01 23:11 | Trackback | Comments(0)

「嫁」

 「嫁が気が利くから・・・・」
 「嫁の実家が・・・・」
 「嫁の料理は・・・・」

 この「嫁」は、いずれも自分の妻を指しています。

 関西人がよく使う表現ですが、
ちょっと恥ずかしい表現ですね。

 配偶者を「嫁」とみなすことは、
自分が舅・姑の立場で考えている
ということ、すなわち親離れできぬ
ということですから。
 
 「女」に「家」と書く「嫁」という言葉を
夫が無神経に使うのは、どうもねぇ・・・・
まあ、「女」に「古」と書く「姑」も
どうかと思いますが・・・・

 それはともかく、
 「つれあい」「妻」「相棒」「片割れ」とか、
いろいろな表現があると思うのですがねぇ・・・・ 
[PR]
# by kase551 | 2005-02-27 22:58 | Trackback | Comments(0)

おそるべき70代

 西武鉄道株に関する不正操作で、
堤義明氏(70歳)が、検察から
証券取引法違反容疑で立件される
見通しとか・・・

 一般投資家を無視した、
おそろしい70代ですね。 
 
 
 奈良の児童誘拐殺人犯は30代。
ネットビジネスの寵児も30代。

 国士舘・亜細亜大運動部の、
一部アホ性犯罪者どもは20代。
 私の職場で好感度抜群のAさんも20代。

 そして、私たち40代は・・・・

 結局、「○○代」とか、「健常者」「障害者」
とかで、ひとくくりにはできませんよね。

さまざまな10代がいて、さまざまな20代がいます。
 30代、40代、50代、60代、70代、80代、90代、
100代も同様に・・・・

 そんな当たり前のことが、マスコミ報道では
無視されることが多く、「14歳があぶない」
「17歳があぶない」とか、特定の年代・年齢が
クローズアップされ、レッテル貼りがなされます。

 おそるべきマスコミ・・・・・ 
[PR]
# by kase551 | 2005-02-26 22:42 | 社会 | Trackback | Comments(0)

おそるべき10代

 おそるべき10代ですね。
 年端もいかないで、どうしてこのような・・・・


 最近の若い連中は、本当に・・・・・

 私が10代のころには、想像もできないことが・・・


 

  宮里藍選手、恐るべき10代。
   
[PR]
# by kase551 | 2005-02-26 22:24 | Trackback | Comments(0)

「障害者=純粋」という傲慢な決め付け

 知的障害者による国際スポーツ大会である
スペシャルオリンピックが開幕しました。

 開幕式をテレビで見ていたら、
ゲストの上戸彩さんが、
「みなさんの純粋な微笑み・・・・」という言葉で、
選手たちに呼びかけているのを耳にして、
不愉快になりました。

 もしこれが、オリンピックの開会式なら、
彼女はそのような言葉を使うでしょうか?

 「障害者=純粋」というワクを勝手に
はめるのは、「健常者」側からの傲慢な
決め付けです。
 すなわち、「健常者」の一方的なまなざしで、
「障害者」を規定しているのです。


 「健常者」って、そんなに偉いの?
同じ人間やのに・・・ 
 何か勘違してるんやねぇ・・・・
 
 「健常者」という言葉も、どうもひっかかりますね。
 
 自分が「健常」とは思えない私は、この言葉を
括弧抜きで使う気にはなれません。
[PR]
# by kase551 | 2005-02-26 20:21 | Trackback | Comments(0)

「どっちもどっち」?

 ニッポン放送株をめぐるライブドアとフジテレビの
抗争を「どっちもどっち」と評する人もいるようです。

 そうでしょうか?

 証券取引所の時間外取引を利用して大量の
「買占め」を行ったライブドアと、ニッポン放送から
新株予約権を得て、子会社化を図るフジテレビ。

 これはどう見てもライブドアに分があります。

 ライブドアが買ったのは、発行済みで現在
流通している株式です。
 その「買占め」がいけないというのなら、
それは証券取引の否定です。

 これに対して、フジテレビが得ようとしている
新株は、ただ単にライブドアを潰すためのものです。
  
 どっちのやり方が汚いかは、明らかだと思うのですが?

 ライブドアに資金提供した外資によるメディア支配を
懸念する声もありますが、ここまで米国の言いなりに
なっているこの国で、いまさら何を・・・・

 『週刊金曜日』http://www.kinyobi.co.jp/Recent
 『DAYS JAPAN』http://www.daysjapan.net/index0931.html

などが買い占められるなら、これは大問題だと思いますが・・・・

 
 
[PR]
# by kase551 | 2005-02-25 12:34 | 社会 | Trackback | Comments(0)

 春近しという感じの雨が降ります。
 気温はまだ低いですが、風がなんとなく
緩んできているのがわかります。

 「雨の日と月曜の朝は」(カーペンターズ)
をはじめ、雨に関する歌は多いですね。
 
 今思いつく歌を挙げると・・・
 「雨が空から降れば」(小室等)
 「雨のめぐり逢い」「雨のケンネル通り」(EPO)
 「雨の物語」(イルカ)
 「銀の雨」(松山千春)
 「悲しき雨音」(カスケーズ)
 「雨」(ジリオラ・チンクェッティ)
 「雨」(三善英史) など・・・・

  おっと、「こぬか雨」(山下達郎)
 を忘れてはいけません。

  久しぶりに、EPOさんと山下さんの
アルバムでも聴いてみましょうか。
[PR]
# by kase551 | 2005-02-24 12:43 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

あほちゃうか?

 ライブドアの堀江社長に対して、
「金でなんでもできると思ったら大間違いだ」
という誹謗・中傷があるそうですね。

 アホなコメントやねぇ・・・・

 ライブドアの近鉄球団買収失敗で、
それは誰でも実感したでしょうに・・・・
 そして今、フジテレビとの抗争を
覗き見ていても・・・・・

 まあしかし、カネはたくさん持って
いたほうがいいことは確かですが。 


せやけど、堀江さんに嫉妬する前に、
税金を使い放題しとる奴らにもっと怒ったほうが
ええんとちゃうか?
 ほんまに・・・・
[PR]
# by kase551 | 2005-02-19 00:59 | Trackback | Comments(0)