<   2013年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

よいお年を

 「特別秘密保護法案」の可決、
 沖縄辺野古沖埋め立て承認、
 安倍首相の靖国神社参拝、
 大瀧詠一さんの死、

と、まあ、よくもこんな悪いニュースが続くものです。

 しかし絶望はしません。
 
 一寸の虫にも五分の魂。

 
  今年が終わろうとしています。

  「よいお年を」という言葉がむなしい言葉に
 ならないように、来年も声を挙げ、文を書き、
 思考を深めていきたいと思います。

 
  みなさま、よいお年を。
  
[PR]
by kase551 | 2013-12-31 23:59 | 季節 | Trackback | Comments(0)

大瀧詠一さん死去

 年の最後に、ホンマに悲しいニュースが・・・

 大瀧詠一さんが死去。

 えっ!と、思わず声を上げた。

 「Jポップ」ではない、日本のポップスに
彼が残した足跡は、大きく深い。

 音楽史の語り手としても抜群の
見識・話術を誇っていた大瀧さん・・・・

 
 悲しい、悲しい、悲しい、悲しい・・・・・

 
 ↓大瀧さんに関する過去の拙ブログ記事です。

「さらばシベリア鉄道」
「ペパーミント・ブルー」

 
[PR]
by kase551 | 2013-12-31 23:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

買出し

 朝一番で郵便局に行き、
年賀状を投函し、年玉を
現金書留速達で送る。

 近所の店で、牛スジ・アキレスなどを買い、
御幸森商店街で鶏肉とキムチを仕入れる。

 年末ということもあり、
いつも以上ににぎわう
「コリアタウン」。
 
 キムチ屋の社長と「コモ」に、
セへ ポン マーニ パドゥセヨ
と挨拶。

 直訳すると、
「新年に福をいっぱい受けてください」となる。

 この挨拶は、年末にも年始にも使えます。
[PR]
by kase551 | 2013-12-30 16:56 | 季節 | Trackback | Comments(0)

終わった

 年賀状を完成させ、
関東在住の甥たちに送る
お年玉を熨斗袋に。

 これで明日、朝一番で
郵便局に行けば、後は
年越しを待つのみ。
[PR]
by kase551 | 2013-12-29 16:54 | 季節 | Trackback | Comments(0)

豊田勇造ライブに酔う

 昨夜の豊田勇造ライブの興奮が
まだ抜けていません。^^

 缶ビール1本、グラスワイン4杯、
スパークリングワインボトル1本を空けながら、
至近距離で、勇造さんと仲豊夫さんの
神業のギタープレイに酔いしれていました。
 もちろん歌声にも。

 基本的に、ライブのときは、
写真・メモはとらず、ライブに集中しているので、
今思い出しているセットリストには抜け落ちがあるかもしれませんが、
以下が曲名です。


・小さな町のライブハウス
・ギブソンJ200
・好きなもの
・ハンクウイリアムスを聴きながら
・(ハンクウイリアムスの曲、曲名は失念)
・福島
・イマジン
・勇造ないないづくし
・THE PARADOX OF OUR AGE
・キッスバルセロナ
・満月
・大文字
・大きな自由
・米

※一部の休憩前に、仲さんによる三線弾き語り 
 ・安里屋ユンタ
 ・十九の春


「大きな自由」で、「タンバリン叩ける人、いますか? あ、彼に頼みましょ」と、
勇造さんが私にタンバリンを投げてくれたのも、うれしゅうございました。
 勇造さん・仲さんと「共演」できるとは! 望外の喜びでした。
 おおきに!

 悪法の強行採決、辺野古のこと、靖国のことなど、
もうめちゃくちゃなニュースが続く年末に、
「それでも負けへんで! 
一寸の虫にも五分の魂や。
言いたいことはゆーて、抵抗を続ける」
という決意を新たにすることができました。

 勇造さん、仲さん、飛び入りゲストのイノウエさんとシミズさん、
すばらしい歌と演奏をありがとうございました。
 南天洞の店主とホンさん、
すばらしい空間と美味しいお酒と料理を、
ありがとうございました。

 ホンマにホンマにおおきに!!!
[PR]
by kase551 | 2013-12-28 16:33 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

「学者」 

 首相の靖国参拝に関して、
小理屈を弄する「学者」を私は信じない。

 「それはアカンやろ?」
という感覚がない人たちが、
若者に「講義」することの恐ろしさ・・・・・
[PR]
by kase551 | 2013-12-27 16:30 | 社会 | Trackback | Comments(0)

余計なお世話

 「完全にひとりでいられるかなりの時間と空間」が、
私の一日には不可欠。

 それを理解できない人たちが、
私に「寂しいんとちゃうか?」などと、
「親切に」結婚を薦めることがあるが、
ホンマ、余計なお世話。

 年上の「善意」ゆえ、
あいまいに誤魔化すことが多いが、
じつにうっとうしい。

 ひとりが大好き。
[PR]
by kase551 | 2013-12-27 16:28 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

「羊頭狗肉」

 「羊頭狗肉」という言葉は
羊肉が犬肉よりも上という
前提に基づくものだが、
中国延辺朝鮮族自治州では
この前提は成り立たないのでは?
と、今思った。

 今年最後の講義に出席していた
朝鮮族の留学生に聞けばよかった。

 年明けに「開城食堂」で食べながら聞こう。
[PR]
by kase551 | 2013-12-26 16:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

クリスマスの小説

 「クリスマス ハートウォーミングノベル」の傑作3篇。

 ディケンズの「クリスマスキャロル」、
 O・ヘンリの「賢者の贈り物」、
 そして、星新一の「ある夜の物語」。
[PR]
by kase551 | 2013-12-25 16:23 | | Trackback | Comments(0)

駅 雑感

 大阪駅を利用するたびに、
味気ないなぁ、しょーむない駅に
なったなぁと、悲しくなる。

 ほんま、奈良駅といい、
京都駅といい、大阪駅といい、
博多駅といい、
リニューアルした駅は
いずれもひどいよ。

 最悪は京都駅。
 南北の通り抜けが困難な迷路。
[PR]
by kase551 | 2013-12-24 16:21 | 雑感 | Trackback | Comments(0)