<   2012年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

豊田勇造だいたい40周年ライブ

 敬愛するミュージシャンである
豊田勇造さん
「だいたい40周年ライブ」に行く。

 2009年6月6日の、「豊田勇造60歳、6時間、60曲コンサート」で出会った仲間たちと再会し、
大いに盛り上がる。

 「さぁもういっぺん! さぁもういっぺん! 火の消える前に!!」

 ホンマ、えぇ仲間たちやなぁ・・・・
 
 すばらしい歌と演奏(勇造さんを支える『勇造バンド』の演奏が、また凄い!)を、
すばらしい仲間たちと楽しめる幸せを、かみしめる。
[PR]
by kase551 | 2012-06-30 23:59 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

仁義なき戦い

 先日ネットで注文した映画『やらずぶったくり』の主演俳優である
梅宮辰夫は、映画『仁義なき戦い』で、実にいい味を出している。

 この映画は、ホンマ、名作です。

 時代背景描写、ストーリー展開、俳優たちの演技、そして音楽・・・
 すべてすばらしい。
 
 周りに人がいないとき、ときどきテーマ曲をハミングしています。^^;
[PR]
by kase551 | 2012-06-29 23:59 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

「東映まんがまつり」のハプニング

 ガキのころ、東宝のゴジラシリーズや東映の「まんがまつり」などに
父親に連れて行ってもらうのが楽しみだった。

 いつだったか、東映上映館において、
梅宮辰夫主演「不良番長シリーズ」の
『やらずぶったくり』という作品の予告編が流れた。
「脱いじゃお」と裸になる女性の姿に、
父親は当惑し、私は喜んだ。^^;

 三つ子の魂百までとは、よぅゆうたもんや(以下略)
[PR]
by kase551 | 2012-06-28 23:59 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

伊藤エミさん死去

 元ザ・ピーナッツの伊藤エミさんが死去。 

 ♪ためぇ息のぉでるよぉな♪ 

 ♪じょぉうねつの花ぁ♪

などの名唱を思い出す。

 そして、♪モスラ~っや!♪も・・・

 ホンマに歌の上手い人でした。

 ご冥福を祈ります。
[PR]
by kase551 | 2012-06-27 23:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

福岡の仲間たち

 「大阪府民基金」
に、「排外主義にNO! 福岡」の仲間たちが、
団体として賛同してくれることになった。


 ありがたいねぇ。


 福岡と大阪。

 離れていても、「反排外主義」「反差別」という
思いを、わたしたちは常に共有している。
 
[PR]
by kase551 | 2012-06-26 23:59 | 「在日」 | Trackback | Comments(2)

朝鮮戦争と日本

 今日は6月25日。

 1950年6月25日から始まった朝鮮戦争は、
多大な人命被害、離散家族の悲劇を生む一方で、
米軍の兵站基地の役割を担った日本には、「朝鮮特需」をもたらした。

 朝鮮戦争による「特需」が日本の高度経済成長のベースになったことを無視して、
「あのころの日本はよかった」などと、昔を懐かしむ愚かな「大人」なんていないよね?

 「先進国」なんだから・・・
[PR]
by kase551 | 2012-06-25 23:22 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(0)

引っ越し完了

 福岡からの荷物を受け取り、これで完全に旧宅は撤収。

 広々としていた大阪の新居が、段ボールに浸食されているが、
ぶら下がり機が来たのはありがたい。
 これは背筋・腹筋・上腕筋の運動に欠かせません。
 さっそくぶらさがって満足。「ナマケモノ」やね。^^

 引っ越し荷物を部屋に運んでくれた20代後半とおぼしき青年が、
クラシックギターとフォークギター双方を持つ私を、
「ライブとかやったはるんでしょう?」と誤解。

 賃貸暮らしでは周囲に気を使うので、
ポロポロと弾けるクラッシックを買っただけのこと。
 でも、ナイロン弦のやさしい響きは好き。^^

 ハイボールがえぇ具合に回ってきたので、
ごそごそとクラッシックギターを引っ張り出して、
「酒と泪と男と女」のコードを、静かにさらいました。

 酔いつぶれて寝てしまわないように気をつけます。
[PR]
by kase551 | 2012-06-24 23:55 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

福岡完全撤収

 朝7時の飛行機で福岡に行き、最終の荷造り・荷出しに立ち会う。

 これで福岡の旧宅は完全に引き払った。

 明日は大阪で荷受け。段ボールの山が押し寄せてくる。

 それにしても、引っ越し会社の荷造り隊の女性3人は、ホンマによくやってくれた。
 心ばかりの「ご祝儀」を3人に包む。

 荷物がすべてなくなった福岡の旧宅で横になりながら思ったことは、
「この部屋ってこんなに広かったんやなぁ・・・・」

 
 近所の八百屋の大将に、改めて挨拶をして、大阪へ。
 
[PR]
by kase551 | 2012-06-23 23:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

「慰安婦問題」雑感

 「従軍慰安婦問題」は当然日本政府が個人補償を行うべきだと
以前から私は考えているが、韓国の「挺身隊問題対策協議会」が
「アジア女性基金」をチョンヨオク議員などとともにテレビで「黒い金」扱いしたことや、
「ハッキリ会」の代表の入国拒否に加担したことなどには、
いまだに許しがたい思いを抱く。


 「従軍慰安婦問題」に関する拙稿です。
 
 
[PR]
by kase551 | 2012-06-22 23:59 | 戦後処理 | Trackback | Comments(0)

ニコン「写真展」

 「元慰安婦写真展、会場提供命じる 東京地裁、ニコンに」というニュース 

 圧力に屈して、写真展の中止を決めたニコンに対するこの仮処分は、
至極当然だ。
 
ニコンの「お問い合わせフォーム」 に、
5月25日に続いて要望する。

 「貴重な歴史記録である、安世鴻さんの写真展を、当初の予定通り開催してください。
私のようなニコン愛用者を失望させないでください」と要望する。
[PR]
by kase551 | 2012-06-22 23:49 | 戦後処理 | Trackback | Comments(0)