<   2010年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

福岡市長選告示

 福岡市長選挙が告示された。
 候補者は8名という「乱立」。

 外国籍市民に関する質問状を、
返信用封筒同封で各候補に送付した。

 どのような返答がくるか?
 大きな期待はせずに待つ。
[PR]
by kase551 | 2010-10-31 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(4)

野沢那智さん死去

 えっ!と驚く。
 野沢那智さんが死去。
 72歳か。

 テレビ放映される洋画の吹き替え、
特にアランドロンの吹き替えで名高かった
野沢さんの「ラジオドラマ」での名演も
忘れがたい。

 昔TBSラジオで日曜深夜に放送していた
「ラジオマンガ」という連続ラジオドラマを私は愛聴していた。

 特に、アレクサンドルデュマの「モンテクリスト伯」
をアレンジした「走れダンテス」が秀逸だった。

 ♪だけどエドモンダンテス 恨みつらみは晴れても
 残るむなしさ♪
という、水森亜土さんの主題歌も味わい深く、
野沢那智・白石冬美・八奈見乗児をはじめとする
一流の声優たちの息の合った語りが、絶妙でした。


 野沢さんのご冥福を祈りながら、合掌。
[PR]
by kase551 | 2010-10-30 23:51 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

ひまわり

 ソフィアローレンが日本に来てたんやね。

 彼女の映画は「ひまわり」しか観ていないと思うが、
この映画のテーマ曲はときどきハミングしている。
 たしか、ヘンリーマンシーニの作曲やったよね。
 名曲です。


 この映画からは、反戦のメッセージが、強く伝わってくる。


 (以下、映画の内容について書くので、
 これから観ようという方は、ご注意ください)

c0040369_22261012.jpg

 

  深く愛し合った夫婦が、戦争によって引き離され、
 終戦後、再会するが、夫は新しい家族の元に戻るという悲劇。
  残された妻も、新しい家族と暮らす夫も、
 この先、心から笑えることがあるのだろうか? 
  たぶんないだろう。

  あ~、なんでこうなってしまったんやろう、という無念さが、
 絶妙のテーマ曲によって増幅される。

  咲き誇る一面のひまわり畑と、戦争によって人生を
 ねじ曲げられた人たちの悲哀という対照の妙。


  う~ん、もういちど観たくなってきた。
  DVDを買おう。
[PR]
by kase551 | 2010-10-29 23:59 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(2)

「ブラタモリ」雑感

 NHKの「ブラタモリ」をときどき見る。
 
 視野が広く、深い見識を持つタモリの「街歩き」を
追うという企画は、じつに良い。

 しかし、タモリと同行するアナウンサーの声が、実に耳障り。
 ほとんどが、のどを詰めた裏声。

 リアクションのコメントや笑い方も軽薄で、
「おいおい、なんとかしてくれや~」と思う。

 ナレーターの戸田恵子さんの声が、耳に快いため、
余計にこのアナウンサーが不快に感じる。

 あ~、タモリひとりで歩かせてほしいなぁ。

 もしくは、加賀美幸子さんと、かつての名コンビを
復活させて、「大人の街歩き」に・・・・

 
[PR]
by kase551 | 2010-10-28 22:16 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

ひさびさの屋台

 昨日の学習会の懇親会後、ひさしぶりに屋台に行く。

 福岡の屋台文化は、韓国と共通するものがある。

 私の感覚では、韓国の屋台における人間関係より、
福岡の屋台における人間関係のほうが、「濃い」かも?

 中洲界隈の「観光屋台」はおすすめできないが、
中州から少しはずれた「冷泉公園」の屋台には、
味わい深い店が2軒あり、おすすめです。
[PR]
by kase551 | 2010-10-27 23:59 | | Trackback | Comments(0)

無年金問題学習会

 難民条約への加入を契機として、
日本は1982年、それまで日本国籍者のみに
適用されていた国民年金と障害者年金を、
在日外国人にも適用することにした。

 しかし当時の年金制度は、60歳までに
25年間年金掛け金を支払わなければならなかったので、
1982年の段階で35歳以上の外国人は、
国民年金の対象外とされた。
 このとき、20歳以上の外国人障害者も、
成人前に障害者認定がなされていないという理由で、
障害者年金の対象外とされた。

 「排外主義にNO!福岡」では、
当事者である在日朝鮮人3世の障害者を講師として、
この問題に関する公開学習会を開催した。

 われわれの社会の問題を、あらためて認識させられる
きわめて内容の濃い学習会だった。

 懇親会でも率直な意見交換がなされ、
「プロデューサー」としてはむくわれた思い。

 しかし、肝心の無年金問題は、何も解決されていない。

 私自身の問題として、取り組まなければならぬ。
[PR]
by kase551 | 2010-10-26 23:59 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)

死刑制度反対、裁判員制度反対

 裁判員裁判において、初の死刑求刑。
 6日後に判決とは・・・

 
 以前にも述べたが、

「関連つぶやき1」
「関連つぶやき2」
「関連つぶやき3」
「関連つぶやき4」

この制度は、死刑制度に反対する人間も死刑判決に加担させる、
とんでもない制度です。
 
 リンチにもなりかねない、このおそろしい制度が
あたかも当然のように定着していくのでしょうか?
[PR]
by kase551 | 2010-10-25 23:08 | 社会 | Trackback | Comments(0)

福岡朝鮮初級学校創立50周年

 福岡朝鮮初級学校創立50周年記念行事に参席する。

 50年の歴史を振り返る映像の上映や、
歌や踊り、サムルノリなどの演奏。

 今は亡き功労者たちへの感謝の気持ちを述べる
校長先生の声がふるえ、絶句し、そして涙。

 私の胸も熱くなる。

 祝賀宴で知り合った在日一世の男性に、
「今度、私の話をゆっくり聞きに来なさい」
と言われる。
 
 ありがたい。
[PR]
by kase551 | 2010-10-24 23:59 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)

ビルエバンス

 ひさしぶりに、ビルエバンスを聞きながら、ウイスキーをぐびぐび。

 エバンスを聴きはじめたころは、「あぁ、聴きやすく、なめらかな演奏やなぁ・・・」
という印象を受けたが、聴いているうちに、単に「なめらか」ではないことに気付き、
ますます惹かれていった。

 リズムは流麗に流れるんやけど、キーのタッチは極めてシャープ。
 刺身に例えれば、ピシっと角が立った切り口。
  
 ことばを使って、人に何かを伝えようとする人間にとっては、
示唆されるところが多い。
 
 そう、リズム良く、歯切れ良く。
 そして、わかりやすく。

 でも、ぶつ切りのような、セロニアスモンクのピアノも、モンクのようなクセのあるしゃべり方をする人も、おれは好きやね。
[PR]
by kase551 | 2010-10-23 23:05 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

いつまで続ける朝鮮学校排除

 高木文部科学大臣が記者会見で、朝鮮学校の「無償化」適応に関して、
来月上旬に文科省として、無償化判断の審査基準を決定したい
と述べたとのこと。



 おいおい、なんで今から「審査基準」やねん?

 そして、高木大臣は、
「拉致問題を担当する柳田法務大臣の意見も、時間を取って聞くことが必要だ。
 来月の早い時期に決めたい」と発言したらしい。

 「拉致問題」とは関係ないやろ?
 これは、こどもの学ぶ権利に関する問題やろが。 

 いつまで朝鮮学校排除を続けて、生徒たち・親たちの
心を傷つけ続けるつもりなのか?

 日本政府は、「無償化」即時適用と同時に、
生徒たち・親たちに、謝罪すべき。
[PR]
by kase551 | 2010-10-22 21:55 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)