<   2010年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

なんと愚かな・・・

 福岡市内で、中国観光客が乗ったバスを
「右翼団体」の街宣車が取り囲み、罵声を浴びせたという。

 なんと愚かな連中なのだろうか・・・

 福岡にわざわざ来てくれているお客さんたちを相手に、
見当違いのうさばらしをするアホども・・・

 沖縄の米軍基地問題には、沈黙しとるくせになぁ。
[PR]
by kase551 | 2010-09-30 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)

聞き書き構想

 「聞き書き」を構想している。

  今日、「語り手」と飲みながら打ち合わせる。

  以前から、「この人のことは、まとまった形(本)にしておくべきやなぁ」と
 考えていたが、彼も積極的な姿勢を示してくれ、手ごたえを感じる。

  
[PR]
by kase551 | 2010-09-29 23:59 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)

「排外主義にNO!」

 「排外主義にNO!福岡」の月例会。

 2月に立ち上げたこの会も、えぇ感じになってきました。

 「長老」「中堅」「若手」が、えぇ具合で融合しながら・・・・

  社会状況は決して楽観はできないが、この仲間たちと
 蟷螂の斧を振り続けたいと思う。   
 
[PR]
by kase551 | 2010-09-28 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)

まだ暑い・・・

 朝夕は、だいぶ涼しくなったが、まだまだ暑い。

 最高気温26度って、まだ夏やろ?
[PR]
by kase551 | 2010-09-27 23:59 | 季節 | Trackback | Comments(0)

あと何年か・・・

 あと何年かなぁ・・・
 
 最近ときどき、「余命」を思う。

 食べたいものを好きなだけ喰らい、
飲みたい酒を毎日ぐびぐびあおる私が、
長生きを望むはずない。

 しかし、形(本)は残したいねぇ。
 
単著
 
共著

 分担執筆

 分担執筆

 不摂生極まりない生活の私の余命は、10年くらいか。

 せめて、あと単著二冊は残して、グッドバイやね。
[PR]
by kase551 | 2010-09-26 21:34 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

ホークス一色

 今、福岡のテレビ放送でのローカルニューストップは「ホークス」一色。
 一時はあきらめかけた優勝が、首位ライオンズに三連勝したことによって
可能性が高まり、ついにマジックナンバーを点灯させるまでになったためだ。

 今はなき近鉄バッファローズのファンだった私には、特定球団への思い入れはない。
 しかし8年もこの街で暮らすと、情が移ってくるのが不思議。
 今日の試合も見応えがあった。
 ダルビッシュに1‐0で投げ勝った杉内がヒーローインタビューで流す涙にウルウル^^

 ホークスの杉内投手は数年前、ノックアウトされた自分に怒って
ダッグアウトのベンチを素手で殴って骨折し、そのシーズンを棒に振り、
球団に罰金も支払った。

 こういう「おバカな」ところがある選手が、わたしは好きです。
[PR]
by kase551 | 2010-09-25 23:59 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

教育への圧力と介入

 橋下大阪府知事が、朝鮮学校に対して圧力をかけている。

  「この要求を呑まなかったら、補助金はやらん」という、実に卑劣なやりかた。

  すでに予算計上も終えている補助金をちらつかせて、
「教科から外せ」などと要求するのは、不当な圧力・介入以外の
なにものでもない。

 橋下知事による「朝鮮学校つぶし」と大阪地検特捜部による
「村木局長つぶし」に共通するものを、私は感じる。

①「難関の試験をクリアして、組織のトップに立つ全能のオレ」意識。
②明らかな人権侵害を自覚できず、ヒーローぶる愚かさと罪深さ。
[PR]
by kase551 | 2010-09-24 23:07 | 社会 | Trackback | Comments(0)

秋やねぇ・・・

 北海道から秋刀魚が届く。
 
 さっそく刺身でいただく。

 お~、これはこの前食べたものより、数段上。

 二尾は刺身、一尾は塩焼きでいただき、
二尾分を「寝かせる(熟成させる)」

 残りは残念ながら冷凍・・・
 
 鳥取の美酒「日置桜」と共に味わう刺身は、なんともいえぬ味。
 
 
c0040369_23523318.jpg
ささやかな、秋のぜいたくを楽しむ。
[PR]
by kase551 | 2010-09-23 23:51 | 季節 | Trackback | Comments(0)

三井環『「権力」に操られる検察』

 鈴木宗男氏が、政治的に葬られ、
 小沢一郎氏が、ネガティブキャンペーンの餌食になり、
 村木厚子氏に浴びせられた冤罪が、ようやく晴らされた今、

 三井環著『「権力」に操られる検察』(双葉新書)
は、できるだけ多くの人に読んでいただきたい好著だ。

 三井氏は、大阪高等検察庁公安部長だったときに、
税金である「調査活動費」が私的に流用されていることを
内部告発したために、報復されて逮捕・有罪確定・服役という
理不尽な仕打ちにあっている。

 「裏も表も知り尽くした」三井氏の記述は実に説得力がある。

 「朝鮮総連ビル詐欺事件」における安倍晋三の姿には、
 あらためて虫唾が走る。

  巻末の、鈴木宗男・堀江貴文・三井環3氏による鼎談も、
 特に鈴木氏と三井氏のやりとりに引き込まれる。
  
c0040369_22203266.jpg

 取り調べ全面可視化をうったえていた鈴木氏の「有罪確定・収監」が、実に無念だ。
[PR]
by kase551 | 2010-09-22 22:24 | | Trackback | Comments(0)

「ツイッター」雑感

 4月から「ツイッター」(http://twitter.com/KASE551)
を続けている。

 「ツイート」とは「つぶやき」を意味するので、
当ブログ「かせたにのつぶやき」とあわせて、
ふたつの「つぶやき場」を持っていることになる。

 ツイッターの魅力のひとつは、情報・意見の多様さにある。
 もちろん、玉石混交だが、「おっ!」と思わせる情報や
意見が、毎日必ず私を刺激する。

 愛読しているブログの管理人さんのツイート(つぶやき)に、
「あぁ、このひとは、こんな一面もあるんかぁ」と、
微笑むことも多い。
  
 私がフォローしている(その人の「つぶやき」をキャッチしている)
人たちの中には、強い問題意識と矜持、そして開かれた意識と優しい心、
豊かな感性を持った人たちが多い。

 その人たちの間で展開されるやりとりを読むのも、
実に勉強になり、「この人ら、ホンマえぇ関係やなぁ」と、
他人事ながら、ちょっとうれしくなる。
 
 
[PR]
by kase551 | 2010-09-21 23:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)