<   2010年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

文科省と首相官邸に抗議のメッセージを

 「高校無償化」からの朝鮮学校排除方針が発表された。
 http://mainichi.jp/select/today/news/20100430k0000e010060000c.html

  こんな人権侵害・民族差別を、堂々とやってもえぇんか?
  えぇはずないやろ。
 
  文部科学省https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry38/と
  首相官邸 http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html に、抗議のメッセージを送る。

  「共生」というお題目が虚しい・・・・ 
[PR]
by kase551 | 2010-04-30 21:34 | 「在日」 | Trackback | Comments(2)

「日本マンガ全集」編集会議

 『フリースタイル』という雑誌を購入。

 お目当ては、「特集『日本マンガ全集』編集会議」。

 これは、「日本マンガ全集」を編んでみようという
試みにもとづく、呉智英・いしかわじゅん・村上知彦の鼎談。
 
 マンガの歴史と現状を熟知した3氏のやりとりに、
ニヤリとしたり、吹き出したり・・・

 どおくまんと山松ゆうきちを同じ巻に納めようという
村上氏の案に、感嘆する。

 また、矢口高雄と水島新司のカップリングを
「苦労人枠」という呉氏のコメントも、笑える。

 村上氏は、いしいひさいちの似顔絵でしか
顔を見たことがなかったが、掲載されている写真は
男前です。^^
 

 
[PR]
by kase551 | 2010-04-29 23:59 | マンガ | Trackback | Comments(0)

5月3日はライブとモルトの日

 5月3日の「春一番」ライブに参加される人たちが
開く「モルトの会」にお誘いいただいた。

 それぞれが持ち寄ったモルトウイスキーを味わいながら、
ライブを楽しむという趣向。

 お~! なんというありがたい企画や!

 昨年6月6日の「豊田勇造60歳6時間60曲コンサート」
(http://kaseyan.exblog.jp/11702593)がご縁なんですねぇ・・・

 さくらさん、おおきに!!


 なんかいろんな意味で、あのコンサートは
俺の人生を変えたと、ホンマに思うね。^^

 「竹鶴ピュアモルト21年」と「シングルモルト余市」を
 持参する予定。

 それにしても、
 大塚まさじ・木村充揮・坂田明・趙博・豊田勇造・良元優作
というミュージシャンの歌と演奏を聴きながら、美味いウイスキーを
味わうって、めっちゃぜいたくやねぇ・・・・
[PR]
by kase551 | 2010-04-28 23:50 | | Trackback | Comments(5)

時効を扱った名作ドラマ 

 『時間(とき)よ、とまれ』というドラマをご存知の方は、
拙ブログのお客様には多くないだろうと思う。

 わたしも今日、「時効廃止法案成立」のニュースを
目にして思い出した。

 「土曜ワイド劇場」の初回作品。
 「寅さん俳優」のイメージが強かった渥美清の刑事役と、
 NHKドラマで「赤ひげ」先生を演じていた小林桂樹が
 犯人役という、意外なキャスティングに興味をひかれた。


 「ネタバレ」だが、時効寸前で逮捕された小林桂樹が、
家族に電話をかける場面は、今でも心に残っている。


 「まちがい電話でした!」 
  
  泣きました。
   
[PR]
by kase551 | 2010-04-27 23:33 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

中井大臣の罷免を求める

 中井洽拉致問題担当大臣による昨日の発言
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000029-san-pol)は、
 朝鮮学校に対する明らかな差別発言であり、鳩山首相は任命責任者として、
これを不問に付すことは許されない。

 首相官邸(http://www.kantei.go.jp)に、中井大臣の罷免を求める意見を送りましょう。


 それにしても、「拉致問題」の進展のためには、
日朝国交樹立が必要であるという前提を無視して、
「制裁!制裁!」と、ひとつおぼえを繰り返す政治家の
タチの悪さよ。
[PR]
by kase551 | 2010-04-26 13:15 | 「在日」 | Trackback | Comments(3)

朝鮮学校「オープンスクール」

 福岡朝鮮初級学校の「オープンスクール」に参加させていただく。

 一部は授業参観。一年生の朝鮮語の授業に感嘆する。
ベテランの先生が、生徒に参加意識を持たせ、慈しみ、
諭し、導く姿に、「勉強になるなぁ~」と、うなる。
 
 二部は、日本デザイナー学院・日本写真芸術専門学校の
理事長である宋成烈氏の講演。
 ユーモアを交えた実証的な内容に共感する。
 私も常々考えている「マイノリティが社会を変える」
ということばに、深くうなずく。

 三部は懇親会。

 炭火の焼肉に舌鼓を打つ。
 マッコルリをぐびぐび・・・^^;

 一部での朝鮮語の先生に感嘆したことを
校長先生(40代はじめ)に告げると、
「私もあの先生に朝鮮語を習ったんですよ」とのご返答。^^


 先生方の熱意と愛情、そして、生徒たちの明るい表情に感じ入る。

 ほんま、えぇ学校ですよ。
 福岡朝鮮初級学校は。 
  
   
[PR]
by kase551 | 2010-04-25 19:19 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)

李政美ライブ

 大阪での用事を済ませ、夜、李政美さんのライブに。

 近鉄俊徳道駅近くの「韓国料理 まる」という店。

 最前列の席が空いており、遠慮なく陣取り、生ビールを二杯あおりながら待つ。

 三杯目を手にしたとき、ギターの金元誠さんが現れる。
 昨年11月以来。 後ろの方から、「ジャニーズ系やね」という
 ささやきが聞こえる。^^

 そして政美さん登場。

 オープニングは「京成線」。
 この曲を聴くと、背筋が伸びる思いがする。

 鉄道関連の名曲として、西の「橋」(環状線を歌った趙博さんの曲)、
東の「京成線」を私は愛聴している。

 「木浦の涙」は意外な選曲だったが、政美さんのお父さんが好きだったという
 エピソードを聞き、納得する。
 
 
  以下、順不同で曲名を列挙する。
 
 ・ありのままの私
 ・そのままで大丈夫
 ・愛の賛歌
 ・ミリャンアリラン
 ・オギヤディヤ
 ・明日に架ける橋
 ・朝露(アチミスル)
 ・イムジン江


  数十センチの至近距離で、政美さんの歌声を聴けた幸運をかみしめる。

 
  政美さんバージョンの「イムジン江」は、オリジナルの
「わが故郷 南の地」というオリジナル歌詞に、「わが故郷 北の地」という
歌詞を加えており、南北双方からの思いを盛り込んだ内容となっている。

  ライブでも隣席で、打ち上げ(「まる」の料理も美味しい!)
 でも向かい合わせた金洪仙さんと、いろいろと話す。
  趙博さんと20年以上のおつきあいとのこと。^^

  すばらしいライブで、また出会いがありました。   
  
[PR]
by kase551 | 2010-04-24 23:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ついつい・・・

 日付が変わるまで、ブラックニッカを飲みながら、
エバンスとロリンズの名演を楽しむつもりだったが、
日付が変わっても、まだ飲みながら音楽を楽しんでいる。

 エバンス→ロリンズ→豊田勇造 と・・・

 「小松ちゃん」「泰ちゃん」を聴いていたら、 
 ウイスキーを飲まなしゃーないよね。^^;


  5月3日の「春一番」を思えば、
 やっぱり飲まなしゃーないね。^^;


  せやけど、1時には寝ましょう。
[PR]
by kase551 | 2010-04-23 00:16 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ねずみ男

 舛添離党か。

 『ゲゲゲの女房』に出演するのか?
[PR]
by kase551 | 2010-04-22 19:13 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

『イノチのせんたく』

 ずっと前から欲しいと思っていた
高瀬泰司『イノチのせんたく』(話の特集)を入手。

 高瀬氏は、元京都府学生自治会連合委員長で、
豊田勇造さんが歌う「泰ちゃん」の主人公。
 

 ♪壁は厚く 時は早く 輪は切れやすく
 それは前に 一度あなたにも あったこと♪

 ♪あらゆるものがこじんまりと まとまろうとする今こそ
 泰ちゃん あなたのような人に 生きていてほしかった♪


 じっくりと読ませてもらおう。
[PR]
by kase551 | 2010-04-21 23:59 | | Trackback | Comments(0)