<   2009年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

えぇ試合・えぇ選手

 今日のボクシング世界タイトルマッチ
名城信男VSカサレスは、見応えのある
好試合だった。

 名城は10ラウンド、カサレスは5ラウンドで
KO勝ちするとそれぞれ宣言していたように、
「相手を倒そう」という気迫がうかがえる、
迫力あるパンチの応酬だった。

 引退した徳山昌守(洪昌守)のような抜群のテクニシャンの試合も好きやけど、ファイター同士の今日のような試合も、えぇよねぇ・・・

 また、名城という選手は、キャラクターも愛嬌があって、
可愛いんよねぇ。^^
 
 引き分け防衛(私は名城が勝っていたと思ったが)のあと、
「これで来年もまたメシが食えます」というコメントもよかった。^^
 
[PR]
by kase551 | 2009-09-30 23:58 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

立ち合い

 相撲の話をすると、つい長くなる。 好きなので・・・^^

 最近、「立ち合いでしっかりと両手をつけろ」などと、
理事長(元横綱・三重ノ海)が率先して「指導」しとるけど、
これもおかしいねぇ。

 昔、三重ノ海も千代の富士も、輪島も北の湖も、
北の富士も大鵬も、手ぇなんか全然ついてなかったよ。
 

 呼吸が合えばえぇんとちゃうんかなぁ・・・・


 いやぁ、せやけど、三重ノ海のあの張り手、もっぺん見たいなぁ。
 だれかyoutubeに載せてくれんかなぁ・・・ 
 

 
[PR]
by kase551 | 2009-09-30 23:33 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

相撲は格闘技

 先日、気迫あふれる相撲で白鳳を下して優勝した
朝青龍に対して、横綱審議委員の中から、
「ガッツポーズの品格」を問題視する声があがったという。


 わたしは朝青龍が嫌いだ。
 
 巡業をさぼってモンゴルでサッカーをしたことや、
取材する記者に対する「お前」などのことばづかいも
腹立たしいし、モンゴル力士として先輩である
旭鷲山(引退)に対するかつての態度や、旭鷲山の
車のドアミラーを壊したことなど、彼の言動は、
社会人としては、お粗末過ぎる。

 しかし、土俵上での気迫と、ここ一番での勝負強さには、
「おぉ!」と感嘆、感動することが多い。
 これは、朝青龍の大きな魅力だろう。

 相撲は、伝統芸能でもあるが、それ以前に格闘技だ。

 ごちゃごちゃ文句つけるのもえぇけど、
「あの気迫だけは、他の力士も見習うべきだ!」くらい
ゆぅたらどないやねん。
 

  現在の相撲協会理事長は、元横綱・三重ノ海だ。

  勝ち越すのがやっとという「先の見えた大関」だった
 三重ノ海が、円熟の域に達そうとしていた横綱・輪島に
 挑んだ一戦は、今でも私の脳裏から消えない。

  立ち合いでぶつかったあと両者は、土俵の中央で向かい合う。
  
  そこで三重ノ海が唐突に左右の張り手を輪島に見舞う。
  それは、十分にバックスイングをつけた、強烈な二発のビンタだった。

   テレビの前の私は、思わず「おぁ~っ!」とうなった。

   ふらつく輪島を一気に寄り倒す三重ノ海。

   この気迫あふれる相撲は、三重ノ海にとって、大きな転機だったと思う。

   彼はその後、好成績を重ね、横綱に昇進する。    


   相撲は格闘技だ。   

   格闘技の経験もないお上品な方々が「品格、品格」と、
  ひとつおぼえを繰り返す姿は、朝青龍の「ダメ押し」や「ガッツポーズ」
  よりも、はるかに見苦しい。


 
[PR]
by kase551 | 2009-09-29 23:59 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

森川アキコ『small music』

  森川アキコさんのCD『small music』は、期待通りの傑作。

 甘やかだが甘ったるくなく、
 繊細だが神経質でなく、
 のびやかで優しげでありながら芯が強い
「和三盆ボーカル」の魅力もさることながら、
メロディ・演奏もすばらしい。

 『森川アキコの三曲集』にも収録されている
「ジョナサン」が、唯一の再収録曲だが、『三曲集』
のときよりも、より強い意志を感じさせるボーカルに
「えぇなぁ・・・」と感じ入る。
c0040369_22581756.jpg

 今回のアルバムで私が一番好きなのが「ディスコード」。

 森川さんの「芯の強さ」を満喫できる名曲・名唱です。
  
[PR]
by kase551 | 2009-09-28 23:01 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

闘志と集中力

 朝青龍は、力士としても、人間としても、好きではない。
 はっきり言えば、嫌いだ。

 しかし、ここ一番の闘志と集中力には、感嘆するのみ。
[PR]
by kase551 | 2009-09-27 23:59 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

帰還

 無事帰還。

「もう少しいろいろと勉強して、また韓国に行きたい」
という声が聞けたことは、うれしい。
 
 マッコルリを「おいしい」と喜んで飲む子らも多かったね。
[PR]
by kase551 | 2009-09-26 22:14 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(0)

総括・反省

 韓国の福祉施設を見学し、一部プログラムに参加した
日本の若者たちは、どのような感想を抱いたのか。

 利用者と施設職員の関係が非常に親密で、
家族のような印象を受けたという感想が多かった。
  
 また、訪問サービスに参加した人たちは、
訪問先の独居高齢者の生活実態と、そびえる高層マンションのギャップに、
大きなショックをうけたとのこと。
[PR]
by kase551 | 2009-09-25 23:59 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(0)

施設見学・研修

 釜山市の北部にある福祉施設で、見学・研修。

 高齢者施設・児童養護施設・社会福祉館・保育園・医療施設を
備えた「総合福祉事業体」。


      保育園の園児たち
c0040369_18452377.jpg

   
[PR]
by kase551 | 2009-09-24 23:59 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(0)

釜山到着

 福岡から釜山までは、飛行機では50分だが、
 高速船ビートルでは3時間。

  今回は、大型船カメリアで6時間の長旅。
[PR]
by kase551 | 2009-09-23 23:59 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(0)

明日から釜山へ

 明日から釜山の社会福祉施設見学に行く。

 息子のような(私にはこどもはいないが^^;)
若者たちを引率していく。

 私が1985年に初めて韓国を訪れたときの
年齢とさほど変わらない彼らが、どのような
印象を受けるのか、実に興味深い。

 26日(土)に福岡に戻るので、明日から25日までの
記事は、26日の午後にアップする予定です。

  
[PR]
by kase551 | 2009-09-22 22:39 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(0)