<   2009年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

『カッコーの巣の上で』①

 若い人たちに、マンガや小説、映画などについて紹介することが多い。
 
 先日、「なにかおすすめの映画DVDはありますか?」と
たずねられた。

 ちょうど、「正常」と「異常」について話をしたあとだったので、
『カッコーの巣の上で』(ミロスフォアマン監督)を紹介した。

 昔、大阪の名画座で二度見て衝撃を受け、
現在DVDでも愛蔵している作品だ。

 この監督の作品は、『ヘアー』もすばらしいんよね。

 
[PR]
by kase551 | 2009-05-31 23:59 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

「赤紙」が来たら

 「裁判員」などという、とんでもない制度に
加担させられそうになったとき、人間の
ありかたが問われる。
[PR]
by kase551 | 2009-05-30 23:34 | 社会 | Trackback | Comments(0)

「国民栄誉賞」の機能

 品性下劣で、耳障りな発声しかできず、
無能な首相であっても、「国民栄誉賞」
を贈呈する場面では、超一流の業績を
残した「プロ中のプロ」に、賞を「与える」
立場に自分を位置づけることができる。
[PR]
by kase551 | 2009-05-29 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)

河村官房長官の声

 河村官房長官の声を聞くと、いらいらする。

 「この声で相手に届いているかなぁ?」
などと考えたことがないのかも?

 相手が聞きとりやすくするために、
「声を響かせよう」とか「もう少し声を張ってみよう」とか、
考えたことがないのかな?
[PR]
by kase551 | 2009-05-28 19:29 | 社会 | Trackback | Comments(0)

哀悼、愛唱

 先日相次いで世を去った、清水由貴子さんと三木たかしさんについて。

 清水さんの「お元気ですか」は、好きな曲だ。

  ときどき
 ♪夜更かしぐせは いけないのです 若さがどんどんなくなるのです♪
 のフレーズを口ずさみながら、わが身を省みて苦笑している。

  この曲は、阿久悠作詞・三木たかし作曲だ。

  
 「ウィキペディア」で検索したところ、私が好きな歌・印象深い歌に占める
「三木たかし比率」の高さにおどろいた。

  
 「私が好きな歌・印象深い歌」に含まれる、三木たかし作曲作品は、
 次のような名曲群だ。

 ・コーヒーショップで(作詞:阿久悠、歌唱:あべ静江)
 ・みずいろの手紙(同上)
 ・津軽海峡・冬景色(作詞:阿久悠、歌唱:石川さゆり)  
 ・能登半島(同上)
 ・暖流(同上)
 ・木枯しの二人(作詞:阿久悠、歌唱:伊藤咲子)
 ・青い麦(同上)
 ・乙女のワルツ(同上)
 ・きみ可愛いね(同上)
 ・いい娘に逢ったらドキッ(同上)
 ・思秋期(作詞:阿久悠、歌唱:岩崎宏美)
 ・あざやかな場面(同上)
 ・純愛(作詞:山上路夫、歌唱:片平なぎさ)
 ・遣らずの雨(作詞:山上路夫、歌唱:川中美幸)
 ・哀愁のシンフォニー(作詞:なかにし礼、歌唱:キャンディーズ)
 ・まわり道(作詞:なかにし礼、歌唱:琴風豪規)
 ・ブーメランストリート(作詞:阿久悠、歌唱:西城秀樹) 
 ・夜はドラマチック(作詞:阿久悠、歌唱:しばたはつみ)
 ・お元気ですか(作詞:阿久悠、歌唱:清水由貴子)
 ・想いで迷子(作詞:荒木とよひさ、歌唱:チョヨンピル)
 ・つぐない(作詞:荒木とよひさ、歌唱:テレサテン)
 ・恋の綱わたり(作詞:福田陽一郎、歌唱:中村晃子)
 ・あなたにあげる(作詞:千家和也、歌唱:西川峰子
 ・花の時、愛の時(作詞:なかにし礼、歌唱:前川清)
 ・北の螢(作詞:阿久悠、歌唱:森進一)
 ・竜二(作詞:吉岡治、歌唱:八代亜紀)

  阿久悠さんとの合作が多いねぇ。  

  この26曲のメロディのほとんど全部を、今私はハミングできる。

  これは「音感自慢」ではなく^^;、三木たかし作品が、それだけ
 耳になじみやすく、深い印象を残すということやね。

  特に、「コーヒーショップで」「津軽海峡冬景色」「木枯らしの二人」
 「思秋期」「遣らずの雨」「お元気ですか」「恋の綱渡り」「花の時、愛の時」
 「北の蛍」のメロディには、陶酔・・・・   

  「お元気ですか」のメロディは、♪会いに来てください♪における
 ♪ください♪の半音が、なんともえぇ味わいです。
   清水さんの初々しい歌唱と相まって、せつなさ・余韻がにじみ出るんですね。

   阿久さんも、三木さんも、清水さんも、もうこの世にはいません。
   
   でも歌は、歌い継がれていく。
 
   哀悼、愛唱・・・・
[PR]
by kase551 | 2009-05-27 23:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

逮捕

 こどものころ、新聞で、「某山某平を逮捕した。某山は・・・・」
という記事を読んだだけで、私は「某山って、悪いやっちゃなぁ・・・」と
思い込んでいた。

 現在は、「某山容疑者」となっているけど、昔は
逮捕されただけで、呼び捨てやったもんなぁ。

 「容疑者」という呼称は定着したが、 
不当な逮捕は数知れず、逮捕=有罪という偏見は、まだまだ強い。
[PR]
by kase551 | 2009-05-26 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)

ラブコール

 朝鮮民主主義人民共和国の「核実験宣言」は、
韓国への「ラブコール」のように、私には思える。

 ノムヒョン(盧武鉉)前大統領の死去に対して哀悼の意を表した
直後の「核実験宣言」。

 前政権のような融和政策をとらないならば、「核カード」を
ちらつかせるという意思表示。

 これは、「融和政策に戻してくれ!」という
「ラブコール」と思うんやけどなぁ・・・・ 
[PR]
by kase551 | 2009-05-25 22:52 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(0)

アマちゃん優勝!

 大相撲のテレビ中継を見て、拍手をするのはひさしぶりだ。

 大関日馬富士が大関琴欧州を破った「本割」の一番と、
横綱白鳳を下した優勝決定戦に、私は自然に拍手を送っていた。
 
 私は日馬富士を、勝手に「アマちゃん」と呼んでいる。
 もとの四股名である「安馬(アマ)」のほうがしっくりくるので、
親しみを込めて、「アマちゃん」と呼んでいる。

 「アマちゃん」は「甘ちゃん」の対極にいる。
 現在の力士としては小柄な彼は、がっちりまともに
組まれると、勝機をつかみづらい。
 しかしアマちゃんは、立会いで変化することは少ない。

 正面から相手にぶつかり、相手有利な組み手をさせないように
技術を駆使して、自分のペースで技を出し、白星を重ねてきた。

 今日の「本割」。
 長身の琴欧州に差し込まれ、「あぁ、これはあかん!」と思った直後、
首投げ一閃!

 画面に向かって、思わずパチパチ!!
 「お~、アマちゃん、すごいなぁ!」 

    
  そして優勝決定戦。
  「アマちゃん、おめでとう!」と、また拍手。

  今、NHKの『サンデースポーツ』を見ながら、
 三度目の拍手を・・・・^^
   
  大関に昇進してから、しばらく迷いがあった感じやったけど、
 アマちゃん、吹っ切れたみたいやね。
 

  そして、優勝決定戦で敗れた白鳳も、えぇんよねぇ。
  14日目に琴欧州に敗れたことに対して、大横綱・双葉山の
 ことばを借りて、「いまだ木鶏たりえず」とつぶやいたセンスに
 感嘆!

   木製の鶏のように、常に無心でいるべきだという双葉山の
  心構えを受け継ごうとする白鳳24歳。
    
   アマちゃんは25歳。

   今後3年くらいは、二人の名勝負を楽しめそうやね。^^

  
[PR]
by kase551 | 2009-05-24 22:09 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

ノテウとノムヒョン

  韓国人の友人からメールが来た。

 「はじめは、ノテウ(盧泰愚)が死んだのかと思ったよ。
ノテウやチョンドゥファン(全斗煥)のような、すぐに死ぬべき
人間が生き残って・・・・
 ノムヒョン氏の自殺は、『サムライ』の『ハラキリ』みたいだね」

 
[PR]
by kase551 | 2009-05-23 23:23 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(2)

衝撃

 今朝、『西日本新聞』の朝刊で、韓国のベテラン俳優
ヨウンゲさんの訃報を知り、「えぇっ」と思っていたところ、
より衝撃的な訃報が・・・・
[PR]
by kase551 | 2009-05-23 22:26 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(0)