<   2007年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

すべて英語経由

 故米原万里さんの講演集『米原万里の「愛の法則」』(集英社新書)
に収録されている2004年の講演中、きわめて印象深い指摘がありました。

 いわゆる「主要国首脳会議(サミット)」で、日本の代表が話す日本語は、
ドイツ語・フランス語・ロシア語・イタリア語に直接通訳されるのではなく、
英語を通して、これらの言語に通訳されていたんですねぇ・・・・・
 その逆も同様です。
 すなわち、ドイツ語→英語→日本語という具合に。
 もちろん同時通訳ですが・・・・
c0040369_22375639.jpg
(同書、91頁)

 不勉強にも、私はこの事実を知りませんでした。

 しかしこれは、日本の国際的立場をみごとに象徴していますね。
 すべて米国を通して、米国の様子を見て、物事が決まる。

 「民営化」も株価も・・・・・


  能天気に「男のロマン」と植民地万歳をうたいあげるトンデモ映画・『カサブランカ』
きちんと批判できる米原さんのような感覚を持ったエッセイストが、
わずか56歳で他界されたことは、ほんまにほんまに残念です。 
[PR]
by kase551 | 2007-08-30 22:38 | | Trackback | Comments(0)

深みある歌手とウイスキー

 ひさしぶりに吉田美奈子さんの歌を聴いております。
 
 深く厚く、そして繊細な歌声に、あらためて感嘆します。

 スーパーニッカG&Gを飲みながら聴くと、味わいもひとしお・・・・
c0040369_06544.jpg


 シュガーベイブ時代・ソロ初期の吉田さんの洗練された
感覚やバランスのよさは、スーパーニッカと通じるものがあり、
円熟期の厚みは、G&Gと共通するような気がします。

 そして三者に共通するのは、奥深い味わい・・・・・
[PR]
by kase551 | 2007-08-28 23:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

セコイ顔

 人生も折り返しを過ぎると、
顔つきで人を判断したくなります。

 安倍・麻生・二階・石原・舛添・・・・・
 
 いやいや、セコイ顔つきの連中ばっかり。

 民主党の前原・小沢・鳩山も同様。 

 ホンマ、前原みたいなヤツがおるから、
民主党には投票できんのよ。 


 では、「本当の野党」ではどうでしょう。

 共産党の志位さん(可愛い子豚ちゃん)・
小池さんの表情は硬すぎる。

 社民党の福島さんは、やや軽薄(失礼!)。
 日本新党の田中さんは、ずるそう(これも失礼!)。


  テレビ討論などに登場する政治家の中で、
 私が一番好感を持てるのが、共産党の市田忠義さんです。


  「筆坂事件」で禁酒令を出したり^^;、
 在日朝鮮人を「革命」に利用しようとしたり、
 過去の過ちを認めなかったりと、共産党は
 好きではありません。 


  でも、落ち着いた口調、深みある声、理路整然たる
 論旨、そして柔かな関西弁の市田さんは、好きです。 
 
 
 
[PR]
by kase551 | 2007-08-27 23:35 | 社会 | Trackback | Comments(0)

アイレイ

 来月初めまでに出さねばならない原稿が
半分近くできたので、ほっと一息ついております。

 ビル・エバンスのピアノを聴きながら飲むウイスキーを
「ごほうび」に・・・・

 
 こういうときのウイスキーは、エバンスのピアノとは
対照的に、クセのある、強烈なやつのほうが美味いんよね。

  アイレイがええなぁ・・・

 
 周知の通りウイスキーは、麦芽に加水し、醗酵させたものを蒸留します。
 ごく単純に言えば、ホップなしのビールを蒸留して熟成させたものが
ウイスキーだといえましょう。
 
 しかしウイスキーの製法においては、加水する前の麦芽を、
ピート(泥炭)で乾燥させる(いぶす)点が、大きな特徴です。

 このピートによる乾燥が、ウイスキーの独特の風味に大きな影響を与えています。

 アイレイ島と、その隣りのジュラ島では、海水を多く含んだピートを燃やして
麦芽を乾燥させるため、その風味が一層際立ちます。
c0040369_23124615.jpg

 塩辛いというか、煙たいというか、なんというか・・・・

 好きな人にはたまらなく、苦手な人にもたまらない味わいです。
 ウイスキーの「くさや」だと、勝手に言っておきましょう。

 「The Big Smoke」という銘柄を、初めて飲んでおりますが、
その名にふさわしい、強靭な香りです。
c0040369_2374056.jpg
 
 愛飲している「The Isle of Jura」に匹敵する、パワフルなうまさに陶然・・・・

 
[PR]
by kase551 | 2007-08-26 23:10 | | Trackback | Comments(0)

死刑反対

 長瀬法務大臣の就任後、10人の死刑が執行された。

 死刑執行命令書に一度もサインをしなかった前任の杉浦氏とは
対照的な「量産」だ。

 「仇討ち復活 死刑廃止」論者の私には、長瀬氏の「仕事熱心」さが
恐ろしい。 
[PR]
by kase551 | 2007-08-25 23:48 | 社会 | Trackback | Comments(0)

しずちゃん

 テレビCMを見て笑ったのは、ほんまにひさしぶりです。

 缶コーヒーのCMにおける、しずちゃん(南海キャンディーズ)の
名演に、笑いと感嘆が・・・・


 得意先を訪問した上司(渡哲也)と部下(しずちゃん)が、
そこの社員に謝罪する場面です。

 渡「あやまって、早くっ。  申しわけございません」
 しず「そんなぁペコペコせんでもええやないですか。
    さっきゆうてたやないですか。悪いのはこいつやって」
   (得意先の社員を指差す)


 以前からしずちゃんには好感を抱いておりましたが、この名演で
一層好きになりました。


 先日、知人と話していて、
 「しずちゃんって、『エビちゃん』よりも、絶対に可愛いですね。私は好きですねぇ」
と言ったところ、
 「そんな、ええ人ぶらんでもええやろ」と言われました。

 どういう意味やねん?

 「目一杯飾り立てて余力なしであの程度の『エビちゃん』より、
余裕一杯で、表情豊かなしずちゃんの方が可愛いに決まってますがな」
と反論しましたが・・・・


 それはともかく、あのCMにおけるしずちゃんは、本当に魅力的です。
 表情も味わい深いし、声もいいんですね。
 これはぜひ続編を・・・・

 のどを詰めた無理な発声の高音が大嫌いな私には、しずちゃんの
落ち着いた低音が、耳に快い・・・・・     
[PR]
by kase551 | 2007-08-23 23:07 | 雑感 | Trackback | Comments(4)

長崎の鐘は聞けませんでしたが・・・

 長崎に出張してきました。

 明日の仕事の関係上、残念ながら今日は宿泊できませんでした。

 それでも長崎本線から見える有明海の風景は何とも言えません。
 行きは左側、帰りは右側に席を取ってくれたJR九州の担当者に
感謝します。

 また、時間の余裕が少しあったので、久しぶりに、浦上天主堂も見学できました。

 原爆の爆風に耐え抜いた鐘の音は聞けませんでしたが、長崎に来ると、
一般市民に対して無差別虐殺を行った悪の枢軸・米国に対する憤りと、
廃墟から立ち上がった長崎の人たちへの敬意が、改めて沸き起こります。
[PR]
by kase551 | 2007-08-22 21:56 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

「夏の甲子園」雑感

 私は野球は好きだが、「夏の甲子園」は好きではない。

 熱中症で死者まで出る酷暑の昼間、
休みなく連投させられる少年たち・・・


 連投の疲労を癒すために、酸素ボックスやハリ治療などを行い、
汗をダラダラ流している少年を、「ハンカチ王子」などと「消費」する
アホども・・・・

 そして、決勝戦終了後、疲れきった選手たち(特に投手と捕手)を
立たせておいて、延々と長話をする高野連のお偉いさん・・・


 『朝日新聞』購読をやめようかと毎年思う、この時期。
[PR]
by kase551 | 2007-08-20 22:54 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

外務省を率いる底の浅い「マンガ好き」

  朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮国)と韓国との
首脳会談が延期になりました。

 朝鮮国の水害被害は、相当に深刻なようです。

 しかし、日本外務省はこれに対して、
「北朝鮮から要請があれば考えるが、支援の計画はまだない」
とコメントするのみ。


 「拉致拉致」と騒ぐなら、今回の水害被害者の中に、
「拉致被害者がいるかも?」という想像力をはたらかせて
みたらどうなんやろねぇ・・・・


 外交戦略も教養も人間的な幅もないアホどもが、
ほんまに多いんですね。今の政治家(特に自民党)には。
 
 朝鮮人労働者をこき使った麻生鉱山の御曹司・麻生太郎が
外相という、この絶望的な状況・・・・・

 「マンガ好き」がご自慢のこの御仁。
 しかし、「マンガ好き」を標榜しながら、福山庸治さん・萩尾望都さんに
ついて語っていないことからも、底の浅さがうかがえます。

 ちなみに福山さんと萩尾さんは、大牟田北高校の同窓生
(萩尾さんが一年先輩)です。
 まさに、綺羅、星のような才能です。 

 自分の出身地である福岡が生んだ二大天才マンガ家に
ついて一言もコメントせずに、な~にがマンガ好きやねん。
 まあ、福山さんの『マドモアゼル モーツアルト』、萩尾さんの
『11人いる!』は、麻生の感性では理解できんやろね。
 猫に小判。
 
 おそらく彼は、これも福岡出身である松本零士さんの
『宇宙戦艦ヤマト』は知っていても、『男おいどん』については
コメントできないでしょう。
 サルマタケでもくらわしちゃろか?
 
[PR]
by kase551 | 2007-08-18 20:33 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(0)

「併合」から97年

 1910年8月22日の「韓国併合条約」にともなう
8月29日の「韓国併合に関する宣言」によって、
大韓帝国は日本に「併合」され、朝鮮は日本の
植民地になった。


 石川啄木は、次のような歌を書いた。

 地図の上 朝鮮国にくろぐろと 墨を塗りつつ 秋風を聴く


 それから97年・・・・

 2007年8月28日から、南北首脳会談が行われる。


 朝鮮人労働者をこき使ってボロ儲けをした麻生鉱山の
おぼっちゃま・麻生太郎が、「南北首脳会談で拉致問題を
議題にするように」と、韓国に要請したとのこと。

 「拉致内閣」の閣僚としての「お仕事」にしても、笑止千万。
 恥知らずの典型やね。


  素人がまた勝手なことをゆうんやけど、
 次のように韓国に要請したらどうなんやろねぇ・・・・

  「朝鮮民主主義人民共和国とわが国(日本)との諸問題は
 未解決だが、今回の水害被害は人道的に見過ごせない。
 その支援の橋渡しを、貴国(韓国)にお願いしたいのですが」  
[PR]
by kase551 | 2007-08-16 22:50 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(0)