<   2007年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「美しい国」のバカ殿

  「私と小沢さんとどちらが総理にふさわしいか国民に聞きたい」
とタンカを切っておいて・・・・

 安倍って、ほんまにしょ~むないやっちゃなぁ・・・・
 発声や滑舌が悪いだけでなく、発することばの空虚さと無責任さ。

 志村けんの「バカ殿」は「ネタ」「演技」やけど、こっちは本気やもんなぁ・・・・
[PR]
by kase551 | 2007-07-30 23:00 | 社会 | Trackback | Comments(0)

あほか?

 「自民」と「民主」という単純な対立軸を
掲げ続けたマスコミ。

 目くそ鼻くそを笑う。
 いとあほらし。
[PR]
by kase551 | 2007-07-29 23:14 | 社会 | Trackback | Comments(0)

あ~あ・・・

 従米・憲法改悪をもくろむ前原というアホが
党首をつとめていた民主党。

 あ~あ・・・
 
 個々の議員・党員には優れた人材も
いますが、今の民主党って・・・
[PR]
by kase551 | 2007-07-29 23:11 | 社会 | Trackback | Comments(0)

第二自民党

 第二自民党である民主党が議席を増やし、憲法改悪路線は変わらず。

 しょーむな・・・
[PR]
by kase551 | 2007-07-29 22:43 | 社会 | Trackback | Comments(0)

中原昌也『名もなき孤児たちの墓』

 『文学賞メッタ斬り! 2007年度版』(PARCO出版)の
著者、大森望・豊崎由美両氏が高く評価する
中原昌也氏の中短編集『名もなき孤児たちの墓』(新潮社)を、
半分くらい読みました。

 こんな面白い小説を、今まで読まずにいたとは・・・

 特に、「女たちのやさしさについて考えた」がいいですね。

 『女たちのやさしさ』(田中克彦著、河出書房新社)は
買う価値はありません。
 私は買ってしまいましたが・・・・

 『ことばと国家』などのすぐれた著作を持つ田中氏が、
こんな対談集を出すとは・・・・・・
 能天気というか鈍感というか・・・・ がっかりしました。


 中原氏の作品は、田中氏の著作とは全く関係は
ありません(題名だけを皮肉っています)が、前者は
後者よりもはるかに深く苦く味わい深い。

 また、何回も読み返したくなるのが、
「血を吸う巨乳ロボット」です。
 登場人物の「蓑田」という作家の
セコさやいじましさの描写が、なんともいえません。
 
 『文学賞メッタ斬り!』に掲載された、
中原氏・大森氏・豊崎氏の鼎談によると、
雑誌掲載時には「石平」だった人物名
について、新潮社が圧力を受けた結果、
「面倒くさくなった」中原氏が「蓑田」に変えたとのことです。
 
 おそるべし、イシダイラ。
[PR]
by kase551 | 2007-07-25 23:00 | | Trackback | Comments(0)

地震雑感

 柏崎原発事故の処理をさせられている職員・作業員の
被爆問題について、なぜマスコミは触れないのだろうか。

 大スポンサーである東京電力に「配慮」しているのか、
それとも問題意識がないのか・・・

 「唯一の被爆国」をひとつおぼえのように繰り返す人たちも、
なぜか沈黙。
 

 また、今回の地震で自動車部品メーカーが受けた打撃によって、
トヨタは生産中止に陥った。

 この背景には、部品在庫を持たずに、生産現場まで
部品メーカーに納品させるという「カンバン方式」がある。

 ほんまえぐい「トヨタ方式」やねぇ・・・・ 

 これを指摘しているのは『毎日新聞』ぐらいか・・・
[PR]
by kase551 | 2007-07-23 23:58 | 社会 | Trackback | Comments(0)

ふたりのケンジ

日本共産党の基礎を築いた宮本顕治氏が死去しました。

 今日、浜田幸一元衆議院議員のコメント
(『西日本新聞』2007年7月19日 29面掲載)
を読んで、苦笑。

 コメントを全文引用します。

 宮本なくして日本共産党なし。
 これだけの組織をつくった宮本氏は
われわれの最大の好敵手だった。
 言葉はソフトになっても宮本氏の残した
闘争心が共産党の本質だ。


ハマコーって、ほんまアホちゅうか、なんちゅうか・・・

 浜田幸一による共産党批判のうち、私が今でもあざやかに
思い出すのが、約25年前の国会での「人殺し発言」です。

 たしか日曜日の午後6時ごろ、国会中継をながめていた
私は、浜田氏の次のような言葉に驚きました。

 「だから私は、宮沢賢治は人殺しだと言ってるんです!」
 

  宮沢賢治が人殺し?

  「人殺し」というハマコーの発言は、周知の
 「共産党スパイ粛清疑惑」を指してのことです。
  浜田幸一氏にとっては、宮沢賢治も宮本顕治も同じなんですね。


   ほんま、しょ~むないやっちゃなぁ・・・・ 
   なにが「好敵手」や?

   まぁ、次のようなコメントが言えれば、
 ハマコーを少しは見直すのですが。
 
   私はかつて国会で、宮本顕治さんと宮沢賢治さんを混同した
  暴言を吐いた。これは本当に恥ずかしい。
   しかし、宮本さんの獄中生活12年のような信念を貫く生き方を、
  政治信条は違っても、私は尊敬する。
   ソウイウヒトニ ワタシモ ナリタイ
[PR]
by kase551 | 2007-07-19 23:42 | 社会 | Trackback | Comments(0)

「名誉在日朝鮮人」

 昨日の「つぶやき」で私は、「朝鮮学校と『交流』をしているという
ある若い日本人教師」を批判しました。
 朝鮮学校に対する日本人生徒の誤解と偏見に満ちた暴言を、
彼が聞き流したからです。

 福岡『ウリハッキョ』上映委員会のメンバーであるTさんから、
その教師は、朝鮮学校と「交流」をしている日本人教師ではなく、
朝鮮学校で体育の教師をしている日本人教師ではないかとの
指摘をいただきました。

 私の記憶があいまいなので、そうだったかもしれません。
 もしそうならば、問題は一層深刻ですね。

 「ウリハッキョ」に勤務する「貴重な」日本人として、
なぜ日本人生徒の暴言を聞き流すの?

 まず、「ここは北朝鮮?」という日本人生徒の問いかけに、
「『北朝鮮』という名前の国はないんだよ」と答えてほしかった・・・・

 目の前にいる日本人生徒・学生の暴言を聞き流して、
在日朝鮮人に理解を示すような言動で、「名誉白人」
ならぬ「名誉在日朝鮮人」扱いをされる・・・・

 ソウイウモノニ ワタシハ ナリタクナイ

 自戒です。 
 
[PR]
by kase551 | 2007-07-17 21:29 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)

映画『ウリハッキョ』

 昨日、『ウリハッキョ』(私たちの学校)という韓国映画の
上映会に行ってきました。

 キムミョンジュンという韓国人の映画監督が約3年間、
北海道の朝鮮学校の寄宿舎に長期滞在し、生徒・教師
たちの日常を撮ったドキュメンタリーです。

 韓国で異例のヒットを記録したというこの映画は、
まず日本人が見るべき映画だと、私は思いました。

 朝鮮民主主義人民共和国への「祖国訪問修学旅行」を
終え、生き生きとした表情で新潟港に戻った生徒たちを
迎えるのは、「マンギョンボン号入港阻止」「めぐみさんを帰せ」
という横断幕とデモ隊。

 生徒たちが下船前に、教師の指示によってチマチョゴリを
ジャージに着替えさせられたという事実に、憤りを感じました。
指示する教師も、さぞかし無念だったでしょう。
 そして彼らには、日本社会へのさらなる幻滅が・・・・

 また映画の中で、朝鮮学校と「交流」をしているというある若い日本人教師の
言葉にも、「それはちゃうやろ?」と思いました。
 その教師は、朝鮮学校の前で「ここは北朝鮮?」と尋ねる
日本人生徒の質問に「どちらかと言えばそうだ」と答え、
「じゃあ、こんな学校なくしちゃえ」(「火をつける」だったかも?)
というその生徒の暴言を聞き流しておきながら、「交流会」で
「これが実情です」と語っています。
 
 アホか?

 目の前にいる生徒・学生に事実を伝え、誤解を解くように
努力するのが教師やろ?
 それをやらんで、何が「交流」や?


 しかし上映会には、わざわざ大分からバスでやってきた
日本人の学生たちの姿も見かけられました。
 真摯な問題意識を持つ若者たちと知り合えたのは幸いでした。
[PR]
by kase551 | 2007-07-16 21:00 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)

侵略神社

 「博多祇園山笠」をつかさどる
櫛田神社に、日本による朝鮮侵略の「負の遺産」
が奉納されていることを、私は約3年前に知りました。

 福岡に来てから知りあった友人のTさんから、
「櫛田神社には、『閔妃暗殺』に使われたとおぼしき
刀が奉納されているらしいですよ」と聞かされ、
関連記事も教えてもらいました。
 3年くらい前のことです。

 「閔妃暗殺」とは、日清戦争後、朝鮮に対する影響力を
増大し続ける日本に反発する王妃・閔氏を、日本の
外交官(三浦)たちが暗殺し、死体を陵辱したのちに
火あぶりにしたという事件です。

 約20年前に『朝鮮を知る事典』(平凡社)でこの事件を知った
私は大きな衝撃を受けました。
 そして、約10年前に読んだ『閔妃暗殺』(角田房子著、新潮文庫)
によってさらなる衝撃を受けた私には、Tさんの指摘は因縁めいたものでした。

 その刀が実際に「閔妃暗殺」に使われたかどうかは
問題ではありません。
 問題なのは、「閔妃暗殺」に使われたとおぼしき刀を、
櫛田神社が受領し、保管していたという点です。
 
 そう、『博多っ子純情』の長谷川法世さんたちが
あがめる「お櫛田さん」は、朝鮮半島侵略に対する
罪悪感・反省が、まったくないようです。

  侵略神社ですね。
[PR]
by kase551 | 2007-07-12 23:50 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(5)