<   2007年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

梁石日『終りなき始まり』

 月刊『論座』には、たまにしか目を通しませんが、
数年前に連載されていた梁石日さんの『終りなき始まり』
は、ずっと気になっていました。

 単行本(朝日新聞社刊)が出たのは知っていましたが、
上下巻あわせて800頁あまりという長さに、手が出ずに
おりました。
c0040369_22314028.jpg

 手にとってみると、一気読了でした。
 
 作者の分身といえる主人公(文忠明)と、故李良枝さんを
モデルにした「朴淳花」、金時鐘さんをモデルにした(というよりも、
ほぼ実話ですね)「金基洙」、岡庭昇さんをモデルにした「岡田敬造」などが
登場する「モデル小説」「私小説」の様相を呈していますが、
そのような事情を知らない人が読んでも興味深い力作だと思います。

 作者と金時鐘さんにかかわるエピソードを、ほぼそのまま
描いた、文忠明と金基洙の関係が、私には最も印象的です。

 破滅的な性格の文忠明・朴淳花カップルの、虚無的かつ直情的な性関係も、
読み応えがあります。

 また、妻子を残して家を出た文忠明が、その翌日に駐車違反で摘発され、
外国人登録証を家に置いてきたために、妻に電話をかけて届けてもらうくだりなど、
日本社会の問題点も、巧みに指摘されています。

 親の「帰化」にともない日本国籍となったことに反発し、
韓国籍になりたいと願う朴淳花の、次のような独白も・・・・

 「どうして千鶴子は軽々と国境を越えてしまえるのだろう。
  あまりにも無知で単純すぎる。
  たぶん千鶴子は何もわかっていないのだ。
  韓国人であり日本人であり、そして何者でもないという私の存在を
  千鶴子に理解できるだろうか」(上巻 106頁)

  上野千鶴子さんの『国境お構いなし』(朝日新聞社)を最近購入しただけに
 〔未読です〕、一層印象に残りました。

そしてそれは、「韓国滞在を楽しんだ」「韓国旅行を楽しむ」
 私への問いかけでもあります。


   このほか、新宿梁山泊の金守珍さん、故金達寿さんなどをモデルにした
 人物描写も興味深く、同時代の記録としても貴重な小説だと思います。     
[PR]
by kase551 | 2007-02-28 22:35 | | Trackback | Comments(2)

どこの国の話?

  「大和民族」という「民族」は、はたして存在するのでしょうか?
 
 そもそも、「民族」という枠組み自体が、あいまいなものなんですよねぇ・・・・

 私は自分はどの「民族」にもあてはまらないと考えます。

 私は、関西で生まれ育ち、日本語を母語として成長し、黄色人種に属し、
現在福岡で生活している人間です。
 
 「大和民族がずっと日本の国を統治してきたのは歴史的に間違いのない事実。極めて同質的な国」
など発言する文部科学大臣は、ご自分が「大和民族」であると思い込んでいるのでしょう。

 「大和民族」の定義ってなんでんねん?
 仮に「大和民族」というものが存在したとしても、それが極めて多様であることに気づかずに
「極めて同質的」ととらえる感覚には、「アホなやっちゃなぁ~」と失笑してしまいます。

 海に囲まれたこの日本列島には、東西南北からさまざまな人たちが渡来し、融合をかさねてきました。
 漢字をアレンジしてひらがなとカタカナを作り出し、外来語をふんだんに取り入れ、
記号や顔文字^^;なども駆使する現代日本語に、その融合の一端がうかがえます。
 
 そして、多様な外国系住民の存在・・・・

 ホルモン料理・ラーメン・カレー・パスタ・ハンバーガーなど、外国をルーツとする
さまざまな食文化・・・・
 

 「極めて同質的な国」? どこの国の話?
 それはアンタの希望でっしゃろ・・・・
 しょうむないやっちゃなぁ・・・・
 ええ歳して・・・・   
[PR]
by kase551 | 2007-02-27 22:54 | 社会 | Trackback | Comments(0)

東京報告

東京から無事戻ってきました。

 8年ぶりに再会したTさんも元気そうで、なによりでした。
 Tさんは、私が1998~2000年に中国延辺朝鮮族自治州の
延辺大学で客員講師として勤務していたときの先輩講師です。
 
 海外青年協力隊からの派遣講師だったTさんから、
私は教員として多くのことを学びました。
 彼女が先輩でいてくれたことに、ほんとうに感謝します。

 今回も、青年協力隊の内輪話、宗教談義、
ブッシュ大統領の外遊裏話(これはホンマにおもろい!!)
など興味深い話を聞くことができ、勉強になりました。

 今回の東京行きは、23日(金)夜のTさんとの
再会・食事と、24日(土)午前の用事が目的だったので、
完全フリーの24日(土)午後は、浅草見物を楽しみました。

 2003年末に「雷門ホテル」に宿泊し、JRAで有馬記念の馬券を買い、
浅草寺境内にある「まんしゅう母子地蔵」(ちばてつや氏デザインによる
「中国残留孤児」を扱った地蔵)に手を合わせてから、私は浅草に
引きつけられています。
c0040369_21415117.jpg


  シャキシャキっとした下町ことばも魅力です。
  「雷門ホテル」すぐ横の「スロー」という喫茶店の店主が
 話す浅草ことばには、なんともいえない味わいがあります。

  (例) 「それでさ、あの人がそれをやっちゃんたんだよ。
       わたしはね、そういうのはこまっちゃうんだよね」
  
  「スロー」の店主に教えてもらった「福寿司」も、いい店でした。
  ここの大将も浅草っ子で、「いい仕事」をしています。
  時間と財布にゆとりがあれば、また行きたいですね。

  「福寿司」のおいしい寿司で日本酒を飲んで下地ができた私は、
 「業務店視察」に繰り出しました。
c0040369_21443691.jpg
 
   千葉出身の店主が「房総料理」の看板を掲げて営む
  「木むら」、
c0040369_21424436.jpg
熊本出身のマスターのキャラクターが魅力の「人吉」。
c0040369_21434997.jpg


   「人吉」を出て、「しもん」「なべちゃんち」とスナックを回ったのですが、
  いずれも男性同性愛者が集う店で、新鮮でした。

   「え、あんた女が好きなの。残念だねぇ。店に出れば人気が出ると思うけど・・・」
  などと、ほめられました。
   
   下町情緒に加えて、マイノリティの店に足を運べたことにより、
  私は浅草に一層ひきつけられております。
c0040369_21491499.jpg

[PR]
by kase551 | 2007-02-25 21:44 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

明日から東京です

  明日(23日)から25日まで、東京に行きます。

  25日の夜に、またお目にかかりましょう。
[PR]
by kase551 | 2007-02-22 23:58 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

やはり死刑反対です

 『光市裁判』(インパクト出版会)を読むと、
光市事件(主婦が殺され、死体が陵辱され、その娘も殺された事件)
に対するマスコミ報道の恐ろしさを実感します。
c0040369_23444156.jpg

 以前にも書きましたが、私は死刑廃止・仇討ち復活論者です。
 死刑反対1
 死刑反対2
 ↑
 二番目の拙文には事実誤認があります。
「光市事件」において赤ちゃんは、「叩きつけられて」はいないんですね。
これは、マスコミ報道に惑わされた私のミスです。

 あの事件の遺族(夫であり父)は、犯人を殺したいと公言しています。
 私が彼なら、同じ気持ちになるでしょうね。

 しかし、死刑を執行するのは、すなわち、死刑囚を殺すのは、刑務官です。 
 毎日顔を合わせていれば、情も移ります。
 また、死を前にして、改悛の態度を見せる死刑囚も少なくないと聞いています。

 私が刑務官なら、ほんまにイヤですね。その役目は。

 いかに残酷なことが行われているか、
いかに残酷なことを、われわれは他人に押し付けて
「あんなヤツは死刑だ!」などとほざいているか・・・・

 刑務官の著作などから、私はその一端を知っています。

 若い人たちに、死刑がどのように執行されているかを、
刑務官のボタンを押す場面などを実演しながら説明すると、
彼らの表情が明らかに変わるのを感じます。
 その真摯な表情に、希望を感じます。
[PR]
by kase551 | 2007-02-22 23:47 | 社会 | Trackback | Comments(0)

リンチ社会

 三点セットやねぇ・・・

①マスコミによる凶悪事件報道の繰り返し

②事件被害者の悲痛な訴えをマスコミが連日クローズアップする

③裁判員制度実施


 ①+②+③=「あんなやつは死刑!!」  
[PR]
by kase551 | 2007-02-21 23:08 | 社会 | Trackback | Comments(0)

「慰安婦問題」雑感

 従軍慰安婦問題について、米国議会が、
日本政府に対する謝罪要求を議決するかもしれません。

 今さらながら、日本が米国の属国であることを感じますね。

 私は、1993年に、河野洋平内閣官房長官(当時)が発表した談話、
すなわち、従軍慰安婦の募集・移送、慰安所の設置・運営に軍の関与が
あったことを日本政府が公式的に認め、「お詫びと反省の気持ちを表明」した、
いわゆる「河野談話」によって、日本政府としての謝罪は行われていると
考えます。

 「河野談話」の裏づけとなった、日本政府による被害者への
聞き取り調査が行われたとき、私は現場(韓国太平洋戦争犠牲者遺族会事務所)
におりました。
 聞き取りを終えた元慰安婦のKさんは、
「調査員たちは、私の話をきちんと聞いていたようだ」と、私に語りました。

 「河野談話」以外にも、1994年に村山富市首相(当時)が、
「戦後50年にむけて」発表した談話において、
「改めて、心からの深い反省とお詫びの気持ちを申し上げたい」
と謝罪しています。
   
 問題は、謝罪にともなう補償です。
 日本政府が被害者(元慰安婦)に個人補償をするのが当然だと私は考えます。
 「1965年の日韓条約で請求権はすべて消滅」したという主張には、無理があります。

 被害者が名乗り出ることもできずに解放後、50年近く生きてきたという
事情を考えれば、「シベリア抑留被害に関する個人の請求権は消滅していない」
という日本政府の立場からも、個人補償は当然おこなわれるべきです。

 
 ほんま、河野談話に基づいて、日本政府による個人補償が行われていれば、
慰安婦問題は、ここまでこじれることもなかったと思うのですが・・・・

 1995年、日本政府の支援による民間基金「女性のためのアジア平和国民基金」
(「女性基金」)が設立され、「女性基金」は翌96年、橋本龍太郎首相(当時)の
「お詫びの手紙」を添えた「償い金」を、元慰安婦被害者たちに支払うことを決定します。
 
 この「女性基金」は、個人補償を求める「日本の戦後責任をハッキリさせる会」
(「ハッキリ会」)などの市民団体と、あくまでも「日韓条約で補償は解決済み」と
いう立場を守ろうとする政府の妥協の上に成り立ったものでした。
 
 この基金については賛否両論ありますが、私としては、一定の評価をしております。
 「民間基金」であるために、政府の個人補償ではありません。
 これはこの基金の限界です。

 しかし「民間基金」であるために、これを受け取ったからといって、個人補償の請求を
やめる必要はまったくないわけです。
 そして、基金によせられた日本の庶民の気持ち(私もわずかですが参加しました)も、
決して小さくはないからです。

 「女性基金」に反対する韓国政府は、「基金封じ」のために、元慰安婦たちへの
生活支援金を、基金の「償い金」とほぼ同額支給することを決定します。
 これは結果的に、「女性基金」が韓国政府を動かして、元慰安婦たちへの
経済支援を行わせたのだといえるでしょう。

 私は、これも基金の「成果」だと考えます。
   
 「個人補償以外は認めない」という「原理原則」だけを叫んでいるあいだに、
被害者はどんどん年老いて亡くなっていくんですよねぇ・・・・

 「ハルモニを支える」方々は、「我こそ正義だ!」と、良い気分になれるのでしょうが・・・・

 日本政府が個人補償をきちんと行うという「完全な決着」が、もちろんベストでしょうが、
その可能性が希薄な場合、まずは「民間基金」で被害者を支援し、
「次は政府の個人補償だ」と、ほとんど実現不可能な「完全な決着」を目指していくべきではないでしょうか?

 こういう事情や、「ハッキリ会」などの地道な努力を知らず、
「女性基金つぶし」に奔走した日韓の一部団体や「識者」に対して、
私は言いようのない怒りと嫌悪を感じ続けております。
 現在に至るまで・・・。
 
 ある高名な日本の学者は、女性基金を「毒まんじゅう」に例えて
批判したらしいですが、ほんま、下品というか無知というか・・・・
 この方の学問的功績には素晴らしいものがあるのですが
(私も著書を持っています)、「慰安婦問題」に関する発言には、
あきれ果てています。
 
 本日(2007年2月20日)の『朝日新聞』にも、ご尊顔が出ていましたが、
どんどん人相が悪くなっていきますねぇ・・・・
    
 被害を受けた当事者の声に耳を傾けようとせず、
「妥協はゆるさない」「完全決着しかダメ」と、ご立派なことを
叫ぶ人たち・・・・

 「完全な決着」なんか、あるわけないやん?
 一部の「立派な学者さん」や「高潔な運動家」っちゅうのは、ほんまタチ悪い・・・


 関心のある方は、このサイト拙文をご覧ください。 
[PR]
by kase551 | 2007-02-20 23:06 | 戦後処理 | Trackback(1) | Comments(0)

厭戦

 戦争、厭やねん・・・・ ほんまに。

 今日、「厭戦庶民の会」への入会が認められました。
 
 元特攻隊員・自衛隊員である会長の声は、穏やかで
ありながら、深く強靭です。
 
 すでに、朝鮮戦争・ベトナム戦争・イラク侵略戦争に
加担してしまっている日本の「主権者」として、この会
のメンバーたちと付き合いながら、得ることも多いと
思います。
[PR]
by kase551 | 2007-02-18 23:58 | 社会 | Trackback | Comments(0)

私のジャズ四天王

 私は、4人のジャズミュージシャンの演奏を、愛聴しています。
 サックス奏者ふたりと、ピアノ奏者ふたりです。
 
 まずはサックスのふたりです。

 愛聴、愛鳥・・・ 
 バードことチャーリー・パーカーの演奏は、
もちろん「すごい!」と思います。
 クリント・イーストウッドが監督した、パーカーを
主人公とした映画も傑作ですが、私が愛聴している
サックス奏者は、昨日紹介したソニー・ロリンズとデクスター・ゴードンです。

 「朗々かつ繊細な天才」ロリンズと、「懐の深いオッチャン」ゴードン。
 突き抜けた感じのする、ご両人の吹き方が好きです。
またふたりとも、豪快に吹くときもあれば、バラードをじっくりと
 語りかける厚み・深みもあるんですね。

 20年くらい前に、ゴードンが主演した『ラウンドミッドナイト』という
映画は、傑作でした。
 天才ピアニストであるバド・パウエルをモデルにしたこの映画の
主題曲は、モンク作曲のスタンダードナンバーです。 

 米国からパリに渡ったパウエルの実話をベースにした
虚構の世界を、映画初主演のゴードンは見事に演じていました。
 重厚な声音と風格あるたたずまい・・・・・

 そして、彼を支えるジャズファンの男が、切なくていいんですね。
 ジャズ好きゆえに妻に見放され、幼い娘を抱えて生きる
「ジャズ馬鹿」(もちろんほめ言葉です)。

 そして、ゴードンを支援するために、別れた妻に頭を下げて
金を借りる姿。
  
 ゴードンの演奏は、残念ながら衰えを隠せませんが、
それもファンにとっては「味」です。
DVDも出ていますので、ぜひご覧下さい。

また、全盛期のゴードンの演奏は、1962年録音の『GO』
などで楽しめます。
c0040369_0185526.jpg


 そしてピアノのふたりです。
 「訥弁ぶつぎり」のセロニアス・モンクと、「滋味あふれる流麗」ビル・エバンスが好きですが、書き(打ち)始めると
きりがありませんね。

 このご両人については、また後日・・・・・
[PR]
by kase551 | 2007-02-18 00:21 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

ロリンズ健在

 ジャズサックス奏者ソニー・ロリンズの『サキソフォン コロッサス』は、
モダンジャズに対する私の偏見を打ち砕いてくれた名盤です。
c0040369_2333349.jpg
 「なんか小難しい理屈をこねるような奴らが、
わかったような顔をして深刻に聞き入る難解な音楽」という
思い込みは、冒頭の「セント・トーマス」を耳にしたときに、
きれいに消え去りました。

 朗々と吹きまくるかと思えば、おだやかに語りかけるように
じっくりと吹き、また力強く吹く・・・
 
 独特の「ロリンズ節」に魅了されました。

 彼の演奏を生で聴いたのは20年くらい前ですが、サックスを
角のように振りかざしてパワフルに吹きまくる姿は、圧巻でした。

 
 そのロリンズが2005年に最後の日本公演を行うと知ったとき、
「ロリンズも、もう75歳やな。ちゃんと吹けるわけないやろなぁ・・・」
と思いました。

 素人のあさはかさですねぇ・・・・。

 日本公演を終えた2005年末~2006年初に録音された
新作『ソニー・プリーズ』を、今日買いました。 

 全然衰えてないですやん!! 力強く、繊細で、深く・・・・・
 ロリンズ節健在です。
c0040369_23487.jpg

 ライナーノーツのインタビューによると、日本公演をやめた理由についてロリンズは、
「体力的にきつくなってきたからね。
 わたしは今年で75歳になったし、サックスや荷物を持って
空港の中を歩くのが大変なんだ。
 とくに成田空港は外に出られるまでの距離が長いからね」と語り、
妻が2004年に亡くなったことも挙げています。

 成田空港、やっぱりあかんなぁ・・・

 それはともかく、『ソニー・プリーズ』は、
ジャズを初めて聴く人にもおすすめの名盤です。
 『サキソフォン・コロッサス』のように・・・・

 『サキコロ』の録音が1956年。
 『ソニー・プリーズ』の録音は2006年。
 唖然とするしかありません。

 「コロッサス(colossus)」は、「巨人」「偉人」を意味しますが、
まさにロリンズにぴったりのことばです。 
[PR]
by kase551 | 2007-02-16 23:07 | 音楽 | Trackback | Comments(2)