<   2007年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

「わが師の恩」

 私が小学3・4年生だったとき、担任は、「国語」教科書で
取り扱った文章を全文筆写させるという宿題を課していました。

 「内容を○○字以内に要約せよ」なら納得できるのですが、
さして面白くもない文章を全文筆写?
 写経ちゃうんやでぇ・・・・

 「なんでこんなことせなあかんねん?」
 (なんでこんなことしなければいけないの?)
と思いつつ、「素直な」私は、ある時点までは
その苦行を続けてきましたが、ついに「キレて」、
「全文筆写宿題放棄」を始めました。

 いや~、その教師からは、いじめられましたねぇ・・・・
 
 「○○くんはえらいのに、かせたにくんは何やのん!」

 「全文筆写宿題を出さなければ進級させない」
と脅されもしましたが、「やるならやってみぃ」
という気持ちで放棄を続け、無事進級できました。

 あのとき、「あぁ、理不尽なことには逆らってもええんや」
と、こども心に実感したような気がします。
 その意味では、あの先生は、「恩師」といえるでしょう。
 「仰げば尊し」


 しかし、朝礼・整列、運動会の行進練習・「前へ習え!」
「休め!」など、今から思えば、「なんであんなアホなことを
やらされとったんかなぁ・・・・」と思います。

 日本に学校制度が導入されて、まだ140年ぐらいしか
たっていないんですよね。  

 すごい「効果」をもたらしていますねぇ・・・ 
 
 教育基本法改悪は、その効果の再活性化を狙っています。
[PR]
by kase551 | 2007-01-31 23:02 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

二度の棄民

 従軍慰安婦問題に関連したNHKの番組に圧力を加えた安倍晋三氏の
祖父・岸信介が官僚としてその有能さを発揮していた「満州国」
(中国東北部に日本が「建設」した傀儡国家)に「開拓移民」として入植し、
敗戦前後に日本軍に見捨てられた「棄民」たちの子女を、
日本では「中国残留孤児」と呼んでいます。

 その「残留孤児」たちの訴えを退ける判決が下されました。
昨年末に神戸地裁が下したまっとうな判決とは、正反対ですね。


 日中国交正常化が1972年。
 日本政府が「残留孤児調査」に乗り出したのは1981年です。

 「国には早期帰国実現義務はなく、法的に自立支援義務もない」
 東京地検の加藤謙一裁判長ですか・・・・
 よくおぼえておきます。 

  周知のように、「残留孤児」たちは、成長過程で
 「小日本鬼子」などと反日感情のはけ口とされ、
 文化大革命時には養父母たちも「スパイ」などの
 疑いを受けたという事例も少なくありません。

  そして、関東軍関係者たちは、いち早く「満州」を
 脱出し、無事日本にたどり着いて恩給を受け・・・

 
 岸信介が首相となり、孫の安倍晋三も首相になるという、
この日本を象徴するかのような判決ですね。
  
[PR]
by kase551 | 2007-01-30 21:01 | 戦後処理 | Trackback | Comments(0)

圧力をかける側が一番悪い

 従軍慰安婦問題を扱った番組改編問題を
めぐる訴訟で、判決が下されました。

 この問題の本質は、魚住昭さんが以前、『現代』2005年9月号で指摘していたように、
政治家の圧力によって、放送前の番組がカットされたことにあります。

 圧力の事実を報道した朝日新聞とNHKの対立を強調しようする
アホ週刊誌などもありましたが、NHKも「被害者」なんですよねぇ・・・・
 

 「いじめる側が悪い」のと同様に、
 「圧力をかける側(安倍晋三・中川昭一)が一番悪い」
ということを、マスコミはもっと強調すべきだと思うのですが・・・・
[PR]
by kase551 | 2007-01-30 19:31 | 社会 | Trackback(1) | Comments(0)

Mさんへの好感

 同年輩のMさん(日本人中学教師)に会いました。

 日本の近代史・戦後史をきちんと教えている先生も
少なくないことを知り、ちょっとうれしくなりました。

 「選挙では絶対に棄権しない」と話す彼女に好感を抱きました。


 いくらご立派な理由を並べても、日本生まれの「日本人」が
投票権を放棄することには、抵抗を感じます。
  
 参政権を不当に剥奪されている外国籍住民の「同胞」を
思えば、「棄権」などできるはずはないのですが・・・・・
[PR]
by kase551 | 2007-01-27 23:26 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

ほんまもんのキムチ

 キムチをいただきました。

 市販のキムチには、化学調味料の味が気になるものも
少なくないのですが、Kさん手作りのキムチは、
「これぞほんまもん」という味わいです。
c0040369_23122330.jpg
 Kさん、ありがとうございます。
 
[PR]
by kase551 | 2007-01-26 23:12 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

密室の恐怖2

 とんでもない冤罪の被害者が、なぜ「自白」をしたのでしょうか?
 
この記事をご覧下さい。

 恐ろしいですねぇ・・・・。
 まさに「密室の恐怖」です。


 このような「自白の強要」も怖いのですが、
各地域で増えつつある「ガーディアンエンジェル」
などの「自警団」も、不気味ですね。

 「正義感に燃えた腕自慢の男たち」・・・・

  やだやだ・・・・
[PR]
by kase551 | 2007-01-26 23:04 | 社会 | Trackback | Comments(0)

それも人生

 ビーフジャーキーならぬホースジャーキー(馬肉の燻製)を肴に
ウイスキーを飲んでおります。

 ホースジャーキー自体は申し分ない味なのですが、
パッケージのコピーに失笑しました。

 
 「信州から 通な男たちへ (中略)
  いつものボトルの栓をぬき グラスをゆらして  ひとふくみ
  ゆったりと 男のロマン 語りあえ」


 「通な男」?
 「男のロマン」?
 
 つまらん奴ほど、「男のなんちゃら」「○○の男」
を強調するようです。 
 また、いまだに「男」ということを理由に、
家事一切をしないアホが少なくないんですね。 

 もし私に娘がいれば、「こんなアホ男にはひっかかるなよ」
と忠告しているのでしょうが、そのような親に反発して、
「私がこの人を支えてあげなきゃ」と、泥沼にはまるケースが、
周囲にもあります。 

 それも人生。
[PR]
by kase551 | 2007-01-26 01:56 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

悪口は愛情

 「う~ん、かせたにさんは、相変わらず硬い顔してるなぁ・・・」

 昨年偶然知りあったMさんと、日曜日に再会したときの
開口一番です。
 出会って二度目でこういうことをさらっと言える人とは、付き合いやすいですね。

 月に一度は必ず一緒に飲むGさんからも、
「もぉ、あんたしつこいから好かん!」と、よく言われます。

 「かまってもらえるうちが花」だと思います。

 不遜な物言いかもしれませんが、自信があれば、
忠告は受け入れ、愛情ある悪口には感謝し、
アホのたわごとは無視(反論することもありますが)
できるのではないでしょうか。


 「共謀罪取り締まり」というのは、権力者への批判を一切許さない
という姿勢に基づくものだと、私は解釈しています。

 「愛国心教育」といい、そんなに自信がないんかねぇ・・・・
[PR]
by kase551 | 2007-01-24 23:18 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

在外被爆者を切り捨てる「唯一の被爆国」

 在韓被爆者への健康管理手当打ち切りを
めぐる訴訟で、福岡高裁は22日、
原告である韓国人被爆者側敗訴の判決
を下しました。

 一審の長崎地裁の判決(原告勝訴)を
ひっくり返す判決です。

 「時効」ですか・・・・
 この「時効」ちゅうやつは、ほんまタチ悪いなぁ・・・

 被爆の記憶・痛み・後遺症に、「時効」なんか
あるわけないやん?
 
 この判決といい、水俣病患者認定問題といい・・・
 
 「美しい国」? アホなこと言わんといて・・・・
[PR]
by kase551 | 2007-01-23 23:47 | 戦後処理 | Trackback | Comments(0)

うすっぺらなナルシスト

「パンがなければケーキを食べれば良いではないか?」
といえば、マリー・アントワネットですね。

 このことばを実際に彼女が発したのかどうかは
不明ですが、「世間知らずの支配者」を象徴する
セリフとして、あまりにも有名です。

 「残業代が出ないならば、サラリーマンたちは早く家に帰るので、少子化対策にもなる」(大意)などという、
アホ極まりないことを得々と述べた安倍首相
を連想してしまいました。

 私「安倍みたいなアホは、ボコボコにしばきあげたいねぇ・・・」
 友人「ほんまやねぇ・・・・やっちゃろかい」 
 
 共謀罪という「罪」が新設されれば、「首相へのテロを共謀した」私たちは逮捕されます。

 そして密室で私たちを待ち受けるのは・・・・・



 通常国会でその「共謀罪法案」を成立させろと指示した安倍首相・・・・・

 年頭挨拶での憲法改悪宣言といい、今回の指示といい、いよいよ本性を明らかにしてきましたねぇ。

 祖父と父の7×7=49光で、プライドだけはアホほど高いナルシスト。
 NHKに圧力かける前に、ボイストレーニングと滑舌(かつぜつ)訓練を
受けてください。

 小泉首相もそうでしたが、人間の厚みが感じられない
ナルシスティックな指導者くらい、たちの悪いヤツはいません。
[PR]
by kase551 | 2007-01-20 23:22 | 社会 | Trackback | Comments(0)