<   2006年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「美しき町」(高野文子)①

 「美しい国」などという気色悪いお題目はまっぴらですが、
高野文子さんの「美しき町」というマンガは大好きです。

 作品集『棒がいっぽん』(マガジンハウス)に収録されています。
 何度も読み返している「愛読書」です。

 舞台は、1960年代とおぼしき地方都市。

 主人公は、その町の工場に勤務するノブオと、
妻のサナエ(おそらく双方とも20代前半)です。

 人混みが苦手なノブオとサナエの休日のデートは、
町を一望できる神社までの散歩です。

 神社の裏手に広がる町の様子(16~17頁)を初めて
目にしたとき、「おぉ!」と、うなってしまいました。
 まさに「一望」です。
c0040369_2227720.gif
c0040369_22271892.gif

引用した頁(15頁、18頁)は、その前後の場面です。 

坂口尚さんの絵を初めて目にしたときと同様の、「これはなんや?!」という感動でしたねぇ・・・・・
 
 このような、抜群の画力もさることながら、
高野さんのマンガからは、テーマが明確に読み取れます。

 『まんがの森』50号〔私はネット上で読みました。2002年掲載分です〕
に掲載されたインタビューで、彼女は次のように語っています。

 Q:お話のストックというのは持っているものなのですか?

 A:ないですよ。実は何を隠そう、私が一番最初に考えつくのはテーマなんですよ。
   青臭いでしょう(笑)。
   これがやっかいなことに、いつもあるんだな。
   まんがを描かなくてもあるんですよ。
   まんが家じゃなかったりしてもあるんだな、きっと。
 


 約25年前に、『漫金超(まんがゴールデンデラックス)』
(プレイガイドジャーナル社)で、高野さんの「田辺のつる」という
作品を目にしたときは、絵の巧さだけが印象に残り、
その「テーマ」に思いをはせることはできませんでした。

 しかし、30代・40代になると、徐々に高野作品の
「テーマ」が読み取れるようになり、彼女の作品世界に
一層魅せられるようになりました。

 前掲のインタビューで高野さんは、
「『奥村さんのお茄子』も『黄色い本』や『美しき町』」とテーマは同じなんですよ。
ただ作画の絵柄を変えたという、そういうところかな」と、述べています。

 「奥村さんのお茄子」は、『棒がいっぽん』に収録されており、
「黄色い本」は、作品集『黄色い本』(講談社)のメインであり、
手塚治虫文化賞を授賞しています。
 http://www.asahi.com/tezuka/03a.html

 前者は、1990年代の日本に宇宙人が来訪し、
「奥村フクオという人物が、1968年6月6日(木)
に茄子を食べたかどうか」を検証しようとする作品です。

 これは、日本マンガ史(文学史)に残る大傑作です。
 初出(『COMIC アレ!』1994年5月号)は見逃したのですが、
『ユリイカ』(青土社)2002年7月号に再録されたものを読み、
単行本収録作が、全面改稿(すべて描き直し)されたものだった
ことを知りました。
 単行本出版にあたり、部分的に改稿するマンガ家は少なくない
のですが、全面改稿とは・・・・
 ちなみに、「奥村さんのお茄子」は、初出も素晴らしい・・・・・
 
 また「黄色い本」は、『チボー家の人々』の作品世界に
没頭する高校生が主人公で、こちらも大傑作です。
 「マンガ嫌いの読書人」にもおすすめです。

 この「奥村さんのお茄子」と「黄色い本」については、
日を改めて感想文を書きたいですね。
 ほんま、人間業とは思えません・・・・・

 さて、この三作品(三傑作)が「テーマは同じ」という発言
(「『奥村さんのお茄子』も『黄色い本』や『美しき町』」とテーマは同じなんですよ。
ただ作画の絵柄を変えたという、そういうところかな」という発言)に関する、
前掲のインタビュアーとのやりとりが興味深いです。
 
  
  Q:同じなんですか?実は?
    読者はそれを汲み取らないといけないですか(笑)?

  A:すぐにはわからんけど、いずれわかるよ、歳を取れば(笑)。
    そういうやつですよ(笑)。


   そう、ある程度歳を取れば、三作品に共通する「テーマ」が
  見えてきます。

   それは、「生の連続性」だと、私は思います。

   続きは明日に・・・・・・ 
[PR]
by kase551 | 2006-09-29 22:31 | マンガ | Trackback | Comments(4)

性・性犯罪に関することば

 性に関することばには、注意を払ったほうがいいと思います。

 たとえば、幼い息子から、「ねぇ、ぼくはどうして生まれたの?」
と尋ねられた親は、「お父さんとお母さんが愛し合ったから生まれたんだよ」
のように答えるのがよいのではないでしょうか?

 追求されない限りは、「愛し合」う具体的な内容は、ぼかして・・・・・・
 
 「コウノトリが運んできたんだよ」というウソを教えるのも、
 「お父さんとお母さんがセックスをしたからだよ」という、
あけすけな事実を示すのも、幼い子供にはどうかなぁ・・・と思います。


 しかし、大人を対象としたマスコミ報道などで、
性犯罪を「いたずら」「わいせつな行為」「援助交際」などと
表現するのは、どうでしょうか?

 その報道に接する被害者家族などに配慮して、
「性暴行」「強姦」ということばを控えているのかもしれませんが、
「いたずら」や「わいせつな行為」では、性犯罪の卑劣さや深刻さが、
むちゃくちゃ薄められてしまうような気がするんですよねぇ・・・・
 
 また、「被害者家族への配慮」が必要ない状況なのに、
「援助交際」ということばを使い続ける理由は、何なのでしょうね?
 「売春」でしょうが・・・・・

 
 私が通勤で利用する西鉄電車に、「女性専用車両」があることも、
なんともなさけないですねぇ・・・・
 
 学生時代の強姦容疑で起訴された小泉を首相として支持し続けてきた
この社会も・・・・
[PR]
by kase551 | 2006-09-27 23:49 | 社会 | Trackback | Comments(0)

「DNA」?「遺伝子」? アホか?

 安倍新首相が誕生しました。

 従軍慰安婦関連のテレビ番組に圧力をかける
などの「実績」を持ち、小泉政権の対米盲従路線・
格差拡大路線を続けるであろう安倍氏が首相に
なったことは、私にとっては大いなる不幸です。

 教育基本法改悪の方針にも、「公立学校に通ったことも
ない世間知らずのお坊ちゃまが、自分勝手なことを
押し付けるなよ、このボケ!」と思います。
 

 しかし、彼に対する批判の中で、「これはあかんでぇ・・・」
という言葉遣いがあります。

 「岸信介のDNA」「タカ派の遺伝子」などという物言いです。

 近年よく目にする、「○○のDNA」という表現に、大いに抵抗を感じます。

 安倍氏が祖父・岸信介氏を崇拝していることや、「タカ派」であることは、
周知の事実です。
 しかしそれを表現するのに、「DNA」ということばを使うのは、
どうもおかしいと感じます。

 「受け継ぐ対米追従」や、「庶民蔑視エリート意識の伝統」、
「三代に渡るタカ派の家訓」などの表現を使えばいいのにねぇ・・・
 まさか、「DNA」「遺伝子」という物言いが、「しゃれた表現」と
思っているわけではないでしょう?

 得々として「DNA」「遺伝子」ということばを使う人たちは、
この物言いが、「遺伝子決定論」「優生学的人権侵害」に
つながる危険性を、考えたことがないのでしょうねぇ・・・・

 コワイ・・・・

 
 安倍氏の問題点の一つは、岸信介氏の「功」だけを見ようとし、
「罪」を無視しようとするのみか、その「伝統」に乗っかって
恥じることがない、というところにあります。
 それを批判するのに、「DNA」や「遺伝子」ということばを
使っては、安倍氏の鈍感さや無神経さの由来を、
生物学的な要因に求めてしまうことになるんですよねぇ・・・

 それはちゃうやろが・・・
 「目くそ鼻くそを笑う」どころか、「生物学的差別主義者」の
汚名を着せられまっせ、ホンマに・・・・

 安倍氏の場合は、「対米服従首相の孫が対米服従首相になる」
見込みが濃厚ですが、先代の過ちを繰り返さない二代目・三代目は、
間違いなく存在しています。
 「伝統」や「家訓」を「継承」せず・・・・・ 


 だから、「遺伝子決定論」は、やめましょうよ。

 批判は、論理的に行わなければ、逆効果になってしまいます。

 自戒を込めて・・・・ 
[PR]
by kase551 | 2006-09-26 21:56 | 社会 | Trackback | Comments(0)

国旗・国歌の強制は違憲

 「国旗・国歌の強制は違憲」という判決が下されました。

 これに対して法務大臣が、「裁判が起こること自体が信じられない」
というコメントを発しています。

 それを言うなら、国旗・国歌を強制し、それに従わない教職員を
処分してきた東京都教育委員会(都教委)の方針自体が、
「信じられない」んでしょうが・・・・

 都教委がアホやから、裁判が起きたんとちゃいますのん?

 だいたい、「国旗及び国歌に関する法律」では、
「国旗は日章旗」「国歌は君が代」という規定をしているだけで、
それに対する起立や斉唱を強制する根拠はどこにもないんですよ・・・

 日本国の主権は国民にあるのですから、「この国旗はいまいちやなぁ・・・」
「この国歌はちょっとなぁ・・・」と考える国民にそれを強制するのは、
主権者への不当な圧力でっせ・・・・・

 私のように、富士山と桜の図柄を国旗のデザインにして、「ふじの山」か
「さくらさくら」を国歌にしたらええんちゃうかと考える人間もいるんやから・・・・
「富士山天皇制」

 また、外国籍の住民に、起立・斉唱を求めることなど、論外でしょうが・・・・
 
 ほんま、この国の「公僕」は、おのれらが「公僕」ではなく「支配者」やと
思ってるんでしょうねぇ・・・

 「バベルの塔」から都民を見下ろし(見下し)、差別発言を連発するこの都知事と、
国民主権など考えたこともないこの首相・・・・
[PR]
by kase551 | 2006-09-22 22:42 | 社会 | Trackback(1) | Comments(0)

富岡多恵子『難波ともあれことのよし葦』(筑摩書房)

c0040369_2349256.gif
 「愛」ということばと同様に、「現代詩」にも、
なんとなくなじめません。
 
 「難解・自己満足・小賢しい・排他的」という
偏見を持ち続けていたのですが、ふとしたことから、
茨城のり子さん・新川和江さん・富岡多恵子さんの
詩集をそれぞれ購入し、斜め読みしたところ、
「あっ、ええやんか?」と感じる言葉遣いが少なくなく、
「食わず嫌いはあかんなぁ・・・・」と、反省しております。

 特に富岡さんは、以前から新聞などで、エッセイを
目にしていたこともあり、「この人はええなぁ・・・」と
いう思いが強くなりつつあります。

 エッセイ・書評集『難波ともあれことのよし葦』(筑摩書房)
に収録された「大阪のメロディ」に、教えられました。


 わたしは「大阪で生まれた女」なので、そのタイトルの歌を覚えて
気持ちよく歌いたいと思っていたが、なかなか覚えられなかった。
                             (同書 74頁)

 それは、漢語(いわゆる「中国語」)の「四声」(―、/、V、\)
のように、声調のアップダウンが激しい関西弁の歌詞と
メロディが調和していないからだと、富岡さんは述べています。               
       
 あぁ、そうだったんですね・・・・

 あの歌に対して私が抱いている違和感を説明していただいたようです。

 さすがことばのプロです・・・・

 と、感心していたら、NHKの『あの歌がきこえる』という番組で、
「悲しい色やね」を取り上げていました。

 この歌も同様ですね。
 この歌にも違和感を抱き続けていましたが、
その理由が、富岡さんのおかげではっきりしました。
 
 彼女の真似をして分析すれば・・・

 「大阪の海は 悲しい色やね」という部分の「かなしい いろやね」は、
関西声調では「―(かな) ―(しい ) \(いろ) /(やね)」なんですね。
 しかしメロディは、「/(かな) ―(しい )/(いろ) /(やね)」です。

 これは、調和するはずないでぇ・・・・
 
 『難波ともあれことのよし葦』には、「郷土愛」ということばは使われて
いませんが、大阪文化に対する富岡さんの「愛」がつまっています。

 「愛」は、教育するもんとちゃいまっせ・・・・
(標準語訳:「愛」は、教育するものではないんですよ・・・・)

 せやけど、「教育改革」を主張なさっている、次期首相には、
馬の耳に念仏かも知れまへんなぁ・・・・
[PR]
by kase551 | 2006-09-20 23:50 | | Trackback | Comments(0)

雨の夜明け(大貫妙子)

 台風が、ようやく九州を抜けました。

 雨は降り続いていますが、明日は落ち着いた朝になりそうです。

 雨の夜明け・・・・

 といえば、大貫妙子さんの曲ですね。

 名盤『ロマンティック』(26年前なんですねぇ・・・)
に収録されているこの曲は、雨の夜に酒を飲みながら
聴けば、一層味わい深い・・・・
c0040369_1421244.gif
 
 私は、「愛」ということばに違和感を抱き続けていますが、
大貫さんの歌における「愛」には、なぜか納得します。

 以前ここで紹介した、「あこがれ」
という曲もそうですね。
 
 これはなぜでしょうか?

 穏やかで、はかなげでありつつも、しっかりと発声された
(昨今の「女子アナ」のような喉を詰めた不自然な鼻声では
ない、優しい響きでありながら腹から出ている)大貫さんの
声の魅力が、まず第一に挙げられます。
 なんとも耳に快い・・・・

 次に、大貫さんの歌詞・曲作りの上手さですね。
 歌詞は、次の通りです。
  
 
 「雨の夜明け」 作詞:大貫妙子

 窓を濡らす 雨の夜明け 青いベッドに腰掛けて
 愛の手紙 火をともして 思い出だけ灰にする

 暗い瞳に あざやかに いつまでも
 愛が生きている 

 短すぎる 夏はどこへ  色の消えた街角に
 花を並べ 売る男と  足を止めて 買う女

 消えた 舗道で 待つ人がない今も
 愛が 生きている  

 いつまでも あざやかに
 愛が 生きている  
          
      

 「サビ」の冒頭、すなわち「暗い瞳に」では、
「くぅ~~~らぁい~~~ ひぃ~~~とぉ~みぃにぃ~~」
と、伸ばす部分(「~」)の音階は移動せず、歌詞がゆったりと流れます。

 しかし、「あざやかに いつまでも 愛が生きている」は、
半音使いまくりです。
 緩急の妙ですね。
 おそらくSMAPには歌えないでしょうね。

 そして、「愛が生きている」の部分を、一番(ワンコーラス)
では半音を駆使し、二番では半音をほとんど使わず、
最後では再び半音を多用して歌っています。

 ここまで意を尽くして「愛」を歌われると、
抵抗できませんね・・・・

   
 大貫さんの歌を、愛し続けます。
[PR]
by kase551 | 2006-09-17 23:58 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

「臭いものには蓋」?

  得体が知れず、理解しがたい物事や人・・・・・

  人間という動物は、得体が知れず、理解しがたいところが
 満載のように思えます。 私自身も・・・・・

  そのような人間を二分法で判断することには、抵抗を感じます。

  「正常」と「異常」、「常識」と「非常識」、「愛国者」と「非国民」・・・・

  得体が知れず、理解しがたいオウム真理教の元教祖を、縛り首にして幕引きですか・・・・

  本当に彼は、「治療不可能な廃人」なのでしょうか? 
  万が一の可能性はあるのですから、一応治療を試みるべきではないのでしょうか? 

  一度も治療を試みることもなく、「狂人の教祖」を抹殺しようとすることに、
 私は大きな恐怖を感じます。
[PR]
by kase551 | 2006-09-16 22:44 | 社会 | Trackback | Comments(0)

冤罪の恐怖

 オウム真理教の元教祖に対する死刑が確定しました。

 この教団がらみの事件で印象に残るのは、松本サリン事件において、
被害者である河野義行さんが、サリンガス散布の犯人扱いされたという、
冤罪の問題です。

 当時のマスコミ報道を思い出すと、今でも恐ろしくなります。
 
 河野さんの妻は、現在も意識が戻らない状態です。

 自らを省みることのないマスコミと、それにあおられた世論が、
同様の「スケープゴートづくり」「犯人づくり」を行う危険性は、今も存在しています。
 
 われわれ一般市民が裁判に参加するという、「裁判員制度」が、
「リンチ制度」になってしまうことも、十分ありえますよね・・・。
[PR]
by kase551 | 2006-09-15 19:33 | 社会 | Trackback(1) | Comments(3)

「ボランティアの義務化」?

 「ボランティア活動」っちゅうのは、
「志願者が自主的に行う活動」のはずやけど・・・・

「ボランティア活動の義務化」って、なんでんねん?

 強制・義務化された活動は、「ボランティア」とは言えんはずやけどなぁ・・・

 本気かいな?
 本気なんでしょうねぇ・・・・

  「オラオラ、大学に入れてほしかったら、ご奉公するんだな。
もちろんそのご奉公は、お前たちが望んでのことなんだよ。
えぇ?そうだろ?!」と、胸倉をつかんで脅しているような感じですね。
 
  強制労働・タダ働きが、大学入学の条件とは・・・・


  「有識者会議」って、どんな顔ぶれになるんでしょうかねぇ・・・
[PR]
by kase551 | 2006-09-14 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)

戦争は儲かる

 以前、70代の知人から次のような話を聞かされました。

 彼女の父親は、大阪で卸商を営んでいました。
 なかなかのやり手だった彼は、太平洋戦争当時、
軍需物資を取り扱う権利を得ました。
 敗戦まで、彼の店は、かなりの利益を上げ続けたとのことです。

 知人の言葉です。

 「同年代の人たちが、『戦時中は、食べるもんがなかった』と
いう話をするとき、私はいつも黙ってうなずくだけにしてるねん。
私んとこは、終戦まで毎日、肉とか魚とか食べてたから・・・・」

  戦争が、多くの人に悲劇をもたらす一方で、一部の人間には、
 大きな経済的利益をもたらすことは、よく知られています。
  知人の話は、それを裏付けています。   

 
  「テロとの戦い」を掲げて、アフガニスタンやイラクへの侵略を
 続ける米国も、同様ですね。

  米国の肥大した石油産業・兵器産業は、絶えず他国の地下資源を
 求め続け、兵器を消費し続けることを、存在基盤にしています。
  日本の「偵察衛星」や、安倍晋三氏が主張する、自衛隊の恒久派遣
 なども、これと密接にかかわっているんでしょうね。

  ワーキングプアやニートの「再チャレンジ」は、「愛国戦士」としての
 海外恒久派兵・・・・・・ 
[PR]
by kase551 | 2006-09-12 20:25 | 社会 | Trackback | Comments(0)