<   2006年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

チェ・ホンマン

 元横綱の曙さんが、チェ・ホンマン選手にまた負けました。
 
 完敗・惨敗です。

 もう曙さんは、K1のリングには立たないほうがいいでしょうね。
 あれだけの名力士だった人が、無残な姿をさらし続けるのは、
見るほうもつらいです。

  鳴り物入りで行われた、2003年大晦日のボブ・サップ戦から
これまでの戦いぶりを見ていると、蹴り技がまったく使えず、
緩慢なパンチしか打てない彼は、K1では通用しないことが、
素人目にもわかります。
 せめて、膝蹴りでもできればいいのですが・・・

 それに比べてチェ・ホンマン選手は、見るたびに動きがよくなり、
攻めが多彩になってきているような気がします。

 年齢もまだ25歳ですので、まだまだ強くなりそうですね。
 楽しみです。
c0040369_22483789.jpg

[PR]
by kase551 | 2006-07-30 22:49 | スポーツ | Trackback | Comments(2)

「男 松中」?

  ソフトバンクホークスは、連夜のサヨナラ勝ちですが、
 昨日の松中選手のサヨナラ犠打を称える、今日(7月27日)
の『朝日新聞』(九州版スポーツ面)の見出しには、苦笑してしまいました。

 「男 松中」ですか・・・・

 こういう感覚の記者やデスクって、まだまだ多いんでしょうね。

 もし、卓球の国別対抗団体戦で、福原愛選手が負傷しながらも
エースとしての役目を果たしたとき、彼らは次のような見出しをつける
でしょうか?

 「女 福原」 または、「女 愛ちゃん」・・・・


 数ヶ月前の補欠選挙で、自民党候補の応援演説に駆けつけた浜田幸一氏が、
土下座をしながら、 「○○を、男にしてやってください!!」 と叫んでいたことを、
思い出しました。
 
 ○○候補が女性だったなら、次のように叫んでいたのでしょうか?

 「○○を、女にしてやってください!!」 
[PR]
by kase551 | 2006-07-27 23:06 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

地球儀

 地球儀を買いました。
c0040369_2333567.gif

 地球儀に触るのは、小学生のとき以来でしょうか。

 これぞ究極のフィギアですね。

 この上に張り付いて暮らす何十億という人間の中に自分がいると
思うと、なんともいえない気分になります。

 チャップリンの映画はあまり好きではありませんが、
『独裁者』における、地球儀のボールをもてあそぶ独裁者
(ヒトラーを模しています)の場面は、秀逸だと思います。
[PR]
by kase551 | 2006-07-25 23:05 | 雑感 | Trackback | Comments(4)

昭和天皇の「平和への思い」?

 昭和天皇が、靖国神社参拝をやめたのは、
A級戦犯合祀への不快感ゆえだったという報道が、
話題になっています。

 今日(7月21日)の『朝日新聞』朝刊1面には、
「平和への思い浮き彫り」という大見出しが・・・・

 それはちゃうやろ~~?

 もし昭和天皇が「平和主義者」だったなら、
1945年2月14日に、近衛文麿元首相から
「敗戦必至」「戦争は終結すべき」との「上奏」を受けて、
「もう一度戦果を挙げてから」などと反論していないはずですよねぇ・・・・

「戦果」とは、戦争で相手を大量に殺すことですから・・・

 また、そのときに国家元首の「聖断」が下されていたなら、
沖縄戦の悲劇も、広島・長崎への原爆投下も、「満州棄民」も
避けられたのでは?と、私は思います。

 
 そして、天皇の発言以前に、生存している韓国人(元日本軍属)を
「英霊」として合祀している(「ずさんな処理」)醜態・無礼を恥じない靖国神社って、
「国家の品格」をそこなっていませんかねぇ・・・・  
[PR]
by kase551 | 2006-07-21 22:33 | 社会 | Trackback(2) | Comments(0)

また負担を沖縄に・・・

  沖縄に、また新たな負担を強いるつもりですね。
「ミサイルを沖縄に配備」
 
 なにか、シナリオができているようですね。

 「北朝鮮の脅威」を強調 → 日米軍事同盟強化 
→ 米国製兵器の大量購入・日米軍需産業一体化
→軍需産業維持・石油利権維持のための米軍侵略を
自衛隊が恒久支援(パシリ)
 そして、「ニート対策」としての徴兵制

 陸軍、もとい、陸上自衛隊はイラクから帰ってきましたが、
空軍、いえ、空上自衛隊の米軍支援は、拡大するそうですね。
 
 そして、「無事」帰ってきた陸自隊員の放射能汚染も
気がかりです。劣化ウラン弾による・・・・
[PR]
by kase551 | 2006-07-20 23:55 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)

エイゴデ シャベラナイト 

 第二次大戦敗戦後の日本の政治史は、「米国属国史」と言っても
過言ではないでしょう。

 米国に歯向かう牙を抜くという思惑によって、棚ボタ式に「平和憲法」を
得た(これは実に幸運だったと思います。歴史の皮肉・・・)にもかかわらず、
 その数年後に勃発した朝鮮戦争にともない、「金日成みたいな狂犬を
押さえるためにも、ジャップどもに、再軍備をさせなければいかんなぁ・・・」と、
「警察予備隊」(自衛隊の前身)を結成させられ・・・・。

 そして、朝鮮戦争当時、日本の掃海艇が米軍の指揮下で機雷除去などを
行い・・・・

 その文脈上に、今回のニュースがあるのですね。「CIAの内政干渉」

 でも、米国による「年次要望書」が、ネット公開されている
にもかかわらず、自民・公明に投票する人たちの多い
この国ですから、今回のニュースも、それほどインパクトが
ないかもしれませんね。 

「年次要望書2004年版」
「年次要望書2005年版」


 イラクデ コロサレテイル ヒトビトニ
オモイ ヲ ハセルコトモ セズ

 オキナワデ オビエル ヒトタチヲ
カンガエルコトモナク

 エイゴデ シャベラナイト ヲ ミテ

 コメヨリモ パン ヲ コノミ

 ディズニーランド デ ナランデ
 「ミッキーノ ボウシ ヲ getシタネ」ト ヨロコブ

 ソウイウヒトニ  ワタシハ  ナリタクナイ
[PR]
by kase551 | 2006-07-19 22:54 | 社会 | Trackback | Comments(0)

子殺し・イラク・沖縄

 わが子と近所の子という二人のこどもを殺すことは、悪質な犯罪です。

 しかし、マスコミは、いつまであの容疑者への執拗な個人攻撃を続けるの
でしょう? 「リンチ」ということばが浮かびます。

 殺人という罪に、「重い軽い」という「ランク付け」はできないでしょうが、
私にとっては、あの幼児殺人事件よりも、米兵によるイラク女性輪姦殺人
事件が、より重い意味をもっています。

「米兵犯罪」

 「世界一の先進国」が続ける侵略戦争の本質と、それに同調する
わが日本政府の現状を考えると、こちらのほうが、より深刻な事件
だと思うのですが・・・・

 11年前(1995年)に、買い物のために近所に出かけた
日本人小学生を3人で輪姦した米兵犯罪と、今回のイラク女性への
犯罪を関連付けることもできないマスコミ記者・・・・
 
 高い給料もらっとるくせに、ボンクラやねぇ。
[PR]
by kase551 | 2006-07-18 23:50 | 社会 | Trackback | Comments(0)

吾妻ひでお『うつうつひでお日記』(角川書店)

c0040369_22193743.jpg
  吾妻ひでお『うつうつひでお日記』(角川書店)を読みました。

 『失踪日記』(イーストプレス)で新たな作品世界と
ファン層を広げた作家の最新刊です。
 
 角川書店発行の『comic 新現実』に連載されていたものなどを
まとめたマンガ日記です。

 『comic 新現実』は、編集人の大塚英志氏の姿勢
(西島大介「ディエン ビエン フー」を掲載する感覚など)
に好感を持ち続けておりましたが、昨年(2005年)のvol.3での
「吾妻ひでお特集」から「うつうつひでお日記」の連載を始めたことから、
大塚氏への好感が、一層増しました。

 「戦後民主主義」に対する彼の発言にも、大いに共感します。


 それはさておき、『うつうつひでお日記』も秀作です。
 「マジメなマンガ家」の面目躍如という感じですね。
 
 大ゴマやアップの構図を使わず、ひたすら全身をコマに
入れようとする姿勢は、画力の裏づけがあってのことでしょうね。

 細かく書き込まれていながらも、すっきりした印象を与える
絵は、さすがプロです。
c0040369_5263987.gif
 (同書、171頁)
 そして、『失踪日記』と同様の、自分を客観視する視点と、率直な描写がいいんですねぇ・・・。

 幅広い読書生活にも感嘆します。

 
[PR]
by kase551 | 2006-07-17 22:28 | マンガ | Trackback | Comments(2)

窯開き

 友人の陶芸家の「窯開き」に行ってきました。

 福岡市近郊の古賀市というところに、彼の窯があります。

 森林公園の池のほとりで、ゆったりとした時をすごすことができました。

 
 食器は、やはり陶器がいいです。
c0040369_23132956.gif

 
 スーパーで買ってきた惣菜や刺身を、トレーのまま
食卓に並べる家庭が珍しくないらしいですが、
そのような家庭で育つこどもは、実に気の毒ですね。 
  
[PR]
by kase551 | 2006-07-16 23:13 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)

投稿が掲載されました

 昨日(7月13日)の『西日本新聞』投稿欄に、7月7日の「つぶやき」
で述べた意見(「新聞投稿」)が掲載されました。


c0040369_2172623.gif

c0040369_2175160.gif

 原文の「煽情的なテレビ報道などが、「扇情的なテレビ報道」に変えられたりはしておりますが・・・。
 

 「日本社会の構成員としての在日コリアン」の実像を、一部であるにせよ
知る人間として、これからも 「一寸の虫にも五分の魂」精神で、
発言を続けていきたいと思います。

 「沈黙は金」ではないのですから・・・・
[PR]
by kase551 | 2006-07-14 21:09 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)