<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

大量虐殺者への懇願

 独裁者の指示、あるいはその部下たちの策謀に
よって娘を奪われた母親が、「独裁国家への制裁圧力」
を求めて大量虐殺者に懇願する・・・・

 その大量虐殺者は、いけしゃあしゃあと「人権」なる
ことばを口にする・・・・

 ありもしない「大量破壊兵器」を口実に、
イラクに侵略戦争を仕掛け、何の罪もない
イラク人を大量虐殺しておいて、何が
「人権」なんでしょう・・・・

 自国・他国の若者に侵略の片棒を担がせ、
劣化ウラン弾による放射能被害の危険にさらしておいて、
何が「人権」なんでしょう・・・・


 人の世は地獄の釜の上のお花見騒ぎ・・・
 (趙博「狼煙」より)  
[PR]
by kase551 | 2006-04-29 20:24 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(0)

よくもこれだけ・・・

 「共謀罪」処罰法
共謀罪

 今も続く水俣病に対して、具体策提示なし
水俣病 首相おわび 救済策には触れず 公式確認50年
 

米軍のグアム移転への巨額出費
米軍海兵隊の移転費負担

 
 よくもこれだけ、悪政・無策を並べたものです。

 そして、「国を愛する」を明記した教育基本法改悪・・・・

 まるで、DV(家庭内暴力)の常習犯が、
「俺を愛せよ!」と、わめいているようです。
[PR]
by kase551 | 2006-04-28 23:52 | 社会 | Trackback(1) | Comments(0)

拙著到着

 『コリアン三国誌-列島・半島・大陸の隣人たち』(新幹社)が
届きました。

 「拙著プレゼント」にご応募くださった方には、結果をメールで
お送りしております。
 抽選漏れの方は、誠に恐縮ですが、書店または
ネット書店でお求めいただければ、幸いに存じます。
セブンアンドワイ
アマゾン
 出版にあたり、ご協力・応援を賜った皆様、
抽選にご応募くださった皆様に、厚く御礼申し上げます。
c0040369_1842127.gif

 ありがとうございます。
[PR]
by kase551 | 2006-04-26 18:13 | | Trackback | Comments(0)

 『コリアン三国誌―列島・半島・大陸の隣人たち』

今週の金曜日に、拙著 『コリアン三国誌―列島・半島・大陸の隣人たち』(新幹社)が
発行されます。

 来週の中ごろには、店頭に出るものと思われます。

 金曜~来週の月曜は、韓国から来る友人と行動を共にしますので、
「拙著プレゼント」にご応募くださった方の抽選・メール通知は、来週の
水曜(26日)になります。
 申しわけありませんが、少々お待ちください。

 また、『「マンガ嫌韓流」のここがデタラメ』(コモンズ)の発行は
5月になる見通しです。
[PR]
by kase551 | 2006-04-19 18:14 | | Trackback | Comments(5)

悪党の最後の隠れ蓑

 生まれた土地である大阪の食文化や漫才、
育った奈良県の自然環境、そして、かつて営業車を
運転して駆け回った北海道(特に、留萌・増毛などの海岸線)、
今暮らしている福岡のゆったり加減、また、
何度か訪れた東京の下町情緒〔浅草・柴又など〕が、
私は大好きです。
 
 そして、日本語・日本茶・日本酒・・・・・
 
 日本で生まれ育った、私の友人たち・・・


 日本にかかわる多くのもの・人を
私は愛しています。

 これが「愛国心」なのではないでしょうか。

 決して「教育」されたものではありません。

 「悪党の最後の隠れ蓑は愛国心」
という有名なことばが、頭に浮かびます。
[PR]
by kase551 | 2006-04-17 22:58 | 社会 | Trackback | Comments(2)

ショスタコービッチ

 韓国出身の名チェリストとして、チャン・ハンナさん
の実力は、広く知られています。

 CDを買ってまで聞くことは、これまでなかったのですが、
今回の訪韓で、つい手が伸びて、レジまで持って行きました。

 クラシックのCDを買うのは、約20年前に、某メーカーの
「クラシック全集」を買って以来です。
 
c0040369_23374514.gif

 今年は、ロシア・旧ソ連の作曲家である、故ショスタコービッチの
生誕100年にあたる年なので、それが頭にあったのでしょうね。
 
 また、最近読んだ、米原万里さんのエッセイ集
『ロシアは今日も荒れ模様』(講談社文庫)における
ショスタコービッチの逸話に感銘を受けたためかもしれません。

 米原さんのエッセイを読むと、付箋が払底します。
c0040369_23381361.gif
 
 今日偶然、NHK教育で、ショスタコービッチの交響曲5を
聴きました。
 強靭さ、深さに、うなってしまいました。

 前述した、米原さんの「ショスタコービッチとウォトカ」
を読めば、彼の交響曲は、より味わい深くなります。
 エッセイを読むにあたっては、食前食中食後は、避けるほうが無難ですが・・・・
[PR]
by kase551 | 2006-04-16 23:46 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

白竜

 2時間ドラマはほとんど見ませんが、「土曜ワイド劇場」の
出演者欄に、「白竜」の文字を見つけ、あまり見たくない
主役・森口瑤子さんのお顔を拝見しました(ファンの方、すみません)。

 村田雄浩さんは好きですが・・・

 ドラマを見慣れた^^ 私は、
「あっ、これは一見悪そうな白竜が、『善玉』やなぁ・・・」
と思いながら見ておりましたが、やはりそうでした。

 それはともかく、 白竜さん、相変わらず、いい顔・いい声ですねぇ・・・
 劇中でも、ほとんど主役でしたね。 
 
 CDを引っぱりだして、「天国経由地獄」「飽食の時代」を
聴いております。
 えぇ声やねぇ・・・
[PR]
by kase551 | 2006-04-16 01:21 | 「在日」 | Trackback | Comments(2)

韓国ロックの親玉

 今回の韓国訪問は、短い期間でしたが、非常に有意義でした。

 韓国ロックの草分け的存在である、シン・ジュンヒョン氏の
新しいCDを買うことができたことも・・・

 1950年代に、米軍クラブのギタリストとして
音楽活動を始めたシンさんは、米国ロックのコピー
ではない、韓国的情緒あふれる独特の「韓国ロック」を
作り続けています。

 歌手として、ギタリストとして、そして、ソングライターとして、
彼が韓国社会に残した足跡は、深く鮮烈です。

 2001年に、初めてシンさんの演奏・歌に生で接した私は、
「おぉ~!」と、隣席の友人の手を、思わず握り締めてしまいました。

 今回、『都市鶴』『安着』というアルバムを入手しました。
 
 シン・ジュンヒョン節というべきメロディーラインとギタープレイ、
そして、枯れたボーカルの渋みが味わい深いです。
c0040369_22471957.gif

 「ちょいワル」などと、小ざかしい小手先のメッキに
神経をつかう中年のご同輩に、ぜひおすすめしたいですね。
[PR]
by kase551 | 2006-04-15 22:50 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

ラーメンたべたい

 矢野顕子さんの歌に、「ラーメンたべたい」という名曲があります。
 「ごはんができたよ」に匹敵する傑作です。

 今回の韓国訪問では、ラーメンを自分用のおみやげに
買ってきました。
 韓国で暮らしていたときよく食べていた、「安城湯麺(アンソンタンミョン)」と、
「三養(サミャン)ラーメン」です。
c0040369_19514854.gif
c0040369_1952365.gif
 
 今回は荷物が少なかったので、かさばるラーメンも20個ほど持ち帰ることが
できました。

 数年前、韓国のテレビ番組で、「安城湯麺を主食にしている男性」
を取り上げていました。
 メーカーの農心(ノンシム)社から、感謝のしるしとしてラーメン一年分を
受け取ったというその男性の食べ方が、ユニークでした。

 韓国におけるインスタントラーメンの調理法は、沸騰した湯に、
麺とスープ(辛いです)を同時に入れて煮るというのが一般的ですが、
その人は、麺をゆがいたあと湯を捨て、皿に盛った麺にスープをまぶして
かき混ぜて食するという方法を続けていました。
 日本での、カップ焼きそばの食べ方に似ています。

 番組を見た私は、さっそく安城湯麺で試してみました。
 
 これが美味しいんですね。
 ピリ辛のスープが、コシのある麺にからんで、酒の肴にもなる味です。

 今回は、ミツバもからめてみました。
 これもいけますね。
c0040369_19513440.gif

[PR]
by kase551 | 2006-04-14 19:53 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(2)

光化門・鐘路

 ソウルの中心部、光化門(クァンファムン)のはす向いにある
政府総合庁舎内では、桜が満開でした。
c0040369_2359674.gif

 光化門から200メートルほど南に進むと、鐘路(チョンノ)
という通りが東西に伸びています。
 東に進むにつれ、「鐘路1街」「鐘路2街」「鐘路3街」と、
数字が増えていきます。

 1街は味わい深い飲み屋街、2街は外国語学院街、
3街は映画街というのが、私の印象です。
下の写真は、飲み屋街の一部です。
c0040369_23581880.gif

 そして、4街は貴金属と電気の街、5街は薬局街、
6街(東大門)は衣類・漫画・鶏鍋の街・・・・

 ソウルで私が一番好きな界隈が、光化門~鐘路です。

 さまざまなものが共存する、多様性の界隈・・・・
[PR]
by kase551 | 2006-04-14 00:00 | 韓国・朝鮮 | Trackback | Comments(2)