<   2005年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

憲法って?

 自民党の憲法草案を読みました。

 前文で「やはり・・・」と感じました。

 「日本国民は、帰属する国や社会を愛情と
責任感と気概をもって自ら支える責務を
共有し・・・」
 
 憲法というのは、国家権力の暴走を防ぐための
歯止めです。
 国民の義務を定めるものではありません。


  「自衛軍」ですか・・・
  米軍所属の・・・・

  そして住基ネット番号による徴兵・派兵・・・・・

  トヨタ・三菱などの軍需産業はますます栄え、
 経済成長率は上昇する・・・・・
  そして、下請け業者の過労自殺・・・

  悪夢が現実のものに・・・・
  もうなっていますね、一部は。

  
 
   
[PR]
by kase551 | 2005-10-29 23:01 | 社会 | Trackback | Comments(0)

辺野古

 沖縄の普天間米軍飛行場の移転先が、
「日米合意」されたそうですね。

 現在、住民たちが座り込みを続ける辺野古海岸
のすぐ近くです。

 生態系を破壊し、コンクリートで固められた
飛行場から飛び立つ戦闘機。
 行き先は、イラク? アフガニスタン?
それとも・・・・

 住民を無視して、また一つ、人殺しの拠点が作られようと
しています。

 自民党政権が続く限り、この流れは変わらんでしょうね。
 民主党でも、おそらく大差ないのでは?

 4年後の衆院選で、共産・社民が共闘し、
平和勢力の巻き返しが少しでも実現すれば・・・・・
 
 
  
[PR]
by kase551 | 2005-10-28 18:05 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)

ブラックニッカ12年

 日本で初めてのスコッチタイプのウイスキーである
ブラックニッカが登場したのが1965年。

 発売40周年を記念して限定販売されている
「ブラックニッカ12年」をいただきました。

 スタンダードのブラックニッカは美味しいのですが、
ちょっとおとなしすぎる味で、普段はあまり飲んでおりません。

 しかし、このブラック12年は、まろやかでありながら
しっかりとコシがあり、飲み飽きない魅力があります。

 最近飲んだスコッチの12年もの数種をしのぐ美味さです。

 これは少し買い占めておかねば・・・・・
 
c0040369_094318.gif

 呑み助はいやしい・・・
[PR]
by kase551 | 2005-10-26 00:10 | | Trackback | Comments(0)

菊花賞

 予想通り、ディープインパクトが勝ちました。

 それにしても、単勝オッズ1.0という、「勝って当然」
という状況できっちり勝てるというのは、すごいことですね。
 武豊騎手の実力もすばらしい・・・・。
 
 今日のレースでは、6番人気のアドマイヤジャパンの
健闘が光りました。
 相手がディープインパクトでなければ、逃げ切っていたで
しょうが、相手が強すぎます。

 しかし堂々の2着で、私に枠連的中のプレゼントをくれました。

 ありがとうございます。
[PR]
by kase551 | 2005-10-23 20:48 | スポーツ | Trackback(1) | Comments(0)

泉谷しげるって何様?

 泉谷しげるって何様なのでしょうか?

 私にとっては、「春夏秋冬」のヒット曲を
持つ歌手です。
 それ以上でも、それ以下でもありません。
 
 俳優としては、関心はありません。
 
 しかし、彼をありがたがる人って多いようですね。

 えらそうに振舞われたい?
 お説教されたい?

 先物取引会社のテレビCMで、「最高だろ?」
とほざいている彼の姿は、見苦しいですね。
 なさけない・・・

 
 フォークの反骨精神を持ち続ける歌手といえば、
「趙博」です。 
 http://www.fanto.org

  先月、彼の福岡でのライブ公演を手伝いましたが、
素晴らしい歌声と問題意識、ユーモア感覚は健在でした。
 
  趙さんの「ヨイトマケの唄」は、オリジナルを
 はるかにしのぎます。
  
 
 
[PR]
by kase551 | 2005-10-22 21:23 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

暑がりの悲鳴

 ようやく朝夕は「涼しか~」と感じられるようになりました。
 
 朝食時にいただく、熱いお茶も、おいしいですね。
 はぁ~、と幸せなひと息が・・・

 さわやかな風を受け、さっそうと出勤・・・・
と言いたい所ですが、それは電車に乗るまでの話。

 乗車と共に、もわぁ~っとした温気が・・・・
 軽くスチームを入れているようです。
 おいおい・・・・

 暑がりにとって、これからの季節、過剰暖房は
悩みのタネです。
 今日も半袖でよかった・・・

 
 「弱冷房車両」のように、「無暖房車両」「窓全開車両」
なども、設けていただきたいものです。

 なんで、秋や冬になって、気持ち悪い汗をかかねば
ならないのでしょうか?

 「ウォームビズ」の行方が気になります。  

  
[PR]
by kase551 | 2005-10-21 23:39 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

なさけない40代

 40代になれば、それなりの経験を積み、
ものの見方も広がってくるのではないでしょうか。

 まだ世間を知らぬ若い世代の「手本」
を目指し、自分の子どもたちの世代が
迎える社会をいい方向に! と考える
年代ではないのでしょうか?

 『LEON』なんか読んでいて、いいのでしょうか?
 もういい年なのに、マニュアル雑誌から、まだ
卒業できないのでしょうか?
 
 「ちょいモテ」?
 「ちょいワル」?
おいおい、この年になって、まだ「お手本」が欲しいの?
 汚らしい、貧相なヒゲオヤジのご指導で?

  いじましい・・・ なさけない・・・

 「ちょい反戦」「ちょい若者の無作法注意」 
 「ちょい老人の荷物持ち」
 くらい、日常的にやってこそ、「大人の男」
 でしょうが?    

 いつまで踊らされ続けるのか・・・ 
 なさけない40代、50代が多すぎ・・・  
[PR]
by kase551 | 2005-10-19 23:27 | 社会 | Trackback | Comments(0)

「共謀罪」

 「『犯罪』を計画した」という理由で、
複数の人々を罰することができるという
「共謀罪」。

 おそろしいですねぇ・・・・

 たとえば、私が所属する市民団体のメンバーと
酒を飲みながら、次のような会話を交わしたとしましょう。

私「あの麻生太郎っちゅうやつは、ほんまどうしようもないね。
  太宰府の博物館開館記念式典で、日本のことを、
 『一国家、一文明、一言語、一文化、一民族。ほかの国を探してもない』
 と言ったらしいもんね。程度低すぎ・・・・」
A氏「ほんま、あんな奴は一発くらわさんと、わからんかもねぇ」
B氏「やっちゃろかい?」
私「ほんま、しばきあげたいカスやもんね・・・」

 これを小耳に挟んだ某氏が通報し、
かせたに容疑者・A容疑者・B容疑者が、
「共謀罪」の容疑で逮捕・・・・・・

 悪夢のようなことが現実化するのが、この「共謀罪」
のおそろしいところです。
  
 今国会では成立しないようですが、現在の国会の様子では、
時間の問題でしょうね。

 その国会のメンバーを選んだのは、自民・公明に
投票した人たち・・・・
 おめでとうございます。
 貴方達の望む社会が、もう目の前ですよ。
[PR]
by kase551 | 2005-10-19 22:48 | 社会 | Trackback | Comments(0)

誰も不思議に思わない?

 月曜の夜、NHKで放映されている『英語でしゃべらナイト』。
 
 米国人の若僧「先生」の得意そうな顔と、不安そうに、
媚びたような態度を見せる日本人出演者の顔を
見ているだけで気分が悪くなります。

 こんな植民地的番組が、いつまで続くのかと
思っておりますが、誰も不思議に思わないんですね?
 
 民放のテレビCMでも、依然として「白人様バンザイ」的
価値観を盛り込んだものが、多いですね。

 やはり明治以来、この国の体質は、本質的には
変わっていないような気がします。
 

  ニッポンノミライハ WOW WOW WOW WOW・・・
  
  「ウォウウォウ」とか、「イェ~」とか、
 口が腐っても言いたくないですね。
  
[PR]
by kase551 | 2005-10-17 23:50 | 社会 | Trackback | Comments(0)

「すべからく」

 「すべて」という意味で、「すべからく」という言葉を
使う人は、多いですねぇ・・・。

 「日本文化は、すべからく複合的だ」
 「彼の作品は、すべからく駄作だ」
 など・・・・

 ここまで蔓延すると、もう誤用とは言えないのかも?
 
 いい内容の文章だと思いながら読んでいて、
この「すべからく」の誤用に接すると、ちょっと
がっかりしますね。
  
 国語学者でもない私がえらそうに指摘するまでも
ありませんが、「すべからく」は「ぜひとも~」という
意味を表すことばです。
 
 例えば、
 「君の専門分野だから、すべからくあの本を読んでおくべきだ」
 「今日はバーゲンだから、すべからくあの店にいくべきだ」
 という具合に・・・。

 そういえば、この「すべからく」の誤用についての指摘は、
昔、呉智英さんがしていましたね。 

 呉さんには、もう一度マスコミで、「『すべからく』誤用批判」を、
すべからくしていただきたいものです。
[PR]
by kase551 | 2005-10-16 22:44 | 雑感 | Trackback | Comments(0)