<   2005年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

大衆社会・ファシズム社会

 第13回(2001年)社会福祉士・精神保健福祉士国家試験
「社会学」問題に、大衆社会に関する記述の正誤を問うものが
ありました。

 正解は、次の文章です。
 「その特徴の一つとして、中間集団の弱体化と国家の
強大化、その結果としての個人の画一化と過剰同調
があり、こうした特徴はナチズムの時代などに典型的に
みられる」

 
 「個人の画一化と過剰同調」・・・

 まさにこのたびの自民党圧勝を説明しているようです。 
[PR]
by kase551 | 2005-09-30 19:09 | 社会 | Trackback | Comments(0)

「グリーン車乗り放題」でもええんやけど・・・

 比例区で「棚ボタ当選」した自民党の新人衆議院議員が、
異例の記者会見を行いました。

 たっぷりお灸をすえられたのでしょうね。
 「教育係」が横で監視する中での「反省の弁」
を見て、今回自民党に投票した若い人たちは
どう感じたでしょうか?

 「120%小泉チルドレンです」と忠誠を誓っても、
ああいう仕打ちを受けるんですね。

 もちろん、彼の言動は軽率・無神経そのものです。
 しかし、4回も面接して比例区の候補として公認した
人材ですよ。自民党さん・・・・・。
 その段階で、あの兄ちゃんの資質や人柄は、だいたいわかるでしょうが?
 それを承知の上で、公認したんでしょうが?

 まあ、今の自民党の体質が、あらためて浮き彫りになった、
興味深い一連の流れでしたね。
 人材の問題、真摯さの欠如、党のファシズム的雰囲気・・・・
 
 それにしても、あの兄ちゃんのような感覚を持った議員は、
結構いるんじゃないでしょうかねぇ・・・・・

 「グリーン車乗り放題」の対価として、当然感じるべき
責任感や意欲が全くない・・・・
 
 私なら、次のように言いますがねぇ・・・

 「グリーン車乗り放題ですよ!! 経費たんまりですよ!!
いいんですかねぇ・・・
 いやぁ~、これだけ優遇してもらったら、これは責任重大
ですよ! いつも並んでJRに乗っている皆様に申し訳ないと
いう気持ちを、行動で示していこうと思います」
 
 「申し訳ない」という感覚を、私なら持ちますがねぇ・・・
 
[PR]
by kase551 | 2005-09-28 22:51 | 社会 | Trackback | Comments(0)

ああ、無情・・・

 スポーツの秋ですね。
 プロ野球も、そろそろ大詰めです。

 こちら福岡では、ソフトバンク・ホークスの
一位確定で盛り上がっておりますが、東北
仙台では新球団・楽天の監督である田尾さんの
後がまとして、野村克也氏が内定したらしいですね。

 まだ試合が残っているのにねぇ・・・・
 ああ、無情というか、ファン無視というか・・・

  監督の交代より、選手の大幅な補強を
先にするべきのような気がしますがねぇ・・・・

  野村さんの手腕は誰もが認めるところですが、
 田尾さんの、あのさわやかな笑顔が見られなく
 なるのは残念です。

  それに、田尾さんは3年契約で、オーナーも
 次のようにコメントしていたはずですが・・・
 ↓
(引用はじめ)
 オーナー明言!来季も田尾監督

 楽天の三木谷浩史オーナー(40)が17日、来季以降も田尾安志監督(51)に指揮を託す方針であることを明かした。今後は18日に開かれる経営諮問委員会などで討議し、最終決定する。
 日本ハムに敗れ、今季2度目の8連敗。借金は最多の45となった。だが、観戦した三木谷オーナーは田尾監督について「よくやっている。だれがやっても苦しいと分かっていた。3年後に強いチームを作ってもらいたい」と評価した。 田尾監督とは3年契約を結んでおり、去就については「今後もやってもらいたい」と続投を希望。球団幹部も後半戦開幕直後に「こんな早急にチームができた中で、よくやっている。契約どおりにいく」と話しており、今後は続投を前提に意見調整することになる。 試合後、三木谷オーナーは監督以下首脳陣、全選手を集め「チャレンジ精神を忘れず胸を張ってやってくれ」とゲキを飛ばした。
(デイリースポーツ) - 8月18日10時47分
(引用おわり:下線、強調は引用者による)
 (http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050818-00000012-dal-spo より     

  じっくり物事に取り組む人が多いといわれる東北の人たちが、
 この電撃解任をどう受け止めているのか、興味があります。  
[PR]
by kase551 | 2005-09-27 22:03 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

深い声が聴きたい

 テレビを消しました。
 女性アナウンサーの、鼻声・甘え声が耳障りで・・・・
 せっかくいい題材を扱っているのに、もったいない・・・

 おそらく、ちゃんと発声・発音できるであろう彼女たちが、
耳障りな鼻声・甘え声を続けているのは、現場の上司
(おそらく男)がアホだからでしょう。

 俳優では、天才少女・安達祐実さんも、
「鼻声の陥穽」に、はまってしまったような気がします。
 もったいない!
 あんな鼻声では、せっかくの抜群の演技力が・・・・

 深い声が聴きたい・・・・・

 夜もふけてきましたので、ヘッドフォンをして耳なおしを・・・
 
 高橋真梨子さんの「裏窓」「蜃気楼」「新しい五線紙」を。
 ウイスキーをおかわりして、吉田美奈子さんの「Black eye lady」
も・・・・ 

 同じ女性の声とは思えぬ深さ・艶やかさ・心地よさ・・・・
 
  
 でも、これはこれで、困りますね。
 
 酒が止まらない・・・・ 
c0040369_122496.gif

 
 
 
 
 
[PR]
by kase551 | 2005-09-24 01:22 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

それでも旨いものは旨い

 絶望的な政治状況でも、ビールは旨いです。
 唐揚げも、モズク酢も、
c0040369_22315926.gif
シシトウも、ミニトマトも・・・・
 キャベツはちょっと、「えぐ味」があったかも?

 
 
[PR]
by kase551 | 2005-09-21 22:32 | | Trackback | Comments(0)

42日間で何が起きるか

 特別国会が始まりました。
 11月1日までの42日間、注目しましょう。

 最悪のシナリオは、9月11日の夜に、
もう覚悟しておりますので、あとはどれだけ
抵抗できるかですね。

 こればかり言っておりますが、
 「一寸の虫にも五分の魂」
 つぶされるにしても、精一杯抵抗して、
あがいて、もがいて、つぶされましょう。

 できるだけ、その過程を記録しておきたいですね。



 
 
[PR]
by kase551 | 2005-09-21 22:23 | 社会 | Trackback | Comments(0)

秋の夜の酒

  まだ日中は暑いですが、夜は日本酒が飲みたくなるくらい、
涼しくなってきました。

 白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒は静かに飲むべかりけり
 (若山牧水)
 という短歌が思い出されます。

  山形の酒、「出羽桜」を飲んでおります。
  口当たりはさらりとしていますが、飲み応えがあります。
  香りも華やかです。

  これはいいですね。

  塩鯨(鯨の塩漬け)と冷奴を肴に、もう一杯いただきましょう。
c0040369_23521217.gif

   
[PR]
by kase551 | 2005-09-20 23:53 | | Trackback | Comments(0)

武装自衛隊のアーケード行進

c0040369_23153555.gif
(『西日本新聞』 2005年9月17日夕刊より)

 昨日、長崎県佐世保市のアーケードを行進する武装自衛隊の姿です。

 これが各地で日常のものとなる日も、遠くないでしょう。
[PR]
by kase551 | 2005-09-18 23:19 | 社会 | Trackback | Comments(0)

『ドラゴン桜』とl『女王の教室』

 今週で最終回の学校ドラマ二編です。

 『ドラゴン桜』はほとんど見逃すことは
ありませんでしたが、『女王の教室』は、
土曜ということで、4分の3以上見逃して
おりました。

 昨日と今日の最終回は、どちらも視ることが
できました。

 『ドラゴン桜』は、青春ものの王道という感じでしたね。
 受験という題材はユニークで、「使える受験テクニック」も
実用的でしたが、
 「あきらめない・成長・正解はひとつではない・友情・熱意・
親子愛・ほのかな恋愛感情」など、さまざまな要素を
うまく盛り込んだ秀作でした。
 
 阿部寛さんと、生徒役の皆さんの好演も印象的でした。
c0040369_8572163.gif

 そして、 「法律や手形など、社会のルールを知らないとだまされる」
ということは、もっと強調してもいいですね。

 『女王の教室』も、献身的熱血教師を天海祐希さんが
熱演していましたが、あまりにも現実離れしすぎでしたね。

 あれだけの仕打ちをしたから、生徒をずっと見守っている
といっても、体はひとつですし、もし生徒が自宅のトイレで
自殺を図ったとしたらねぇ・・・・
 
 また、あのクラスにたまたま和美ちゃんのような子が
いたから、あのようなハッピーエンドになったのですが、
ちょっとあんな子はいませんしねぇ(いたらコワイ)・・・
 
 生徒とカラオケに行く教師は論外ですが、
壁が厚すぎる教師もちょっとねぇ・・・・

 でも、教師や親が壁になることには賛成です。
 友達親子とか友達のような教師など、「アホちゃうか?」
と思いますね。

 子どもと親・教師は違いまっせ、当たり前ですけど。

 所得税・住民税・保険料などをたんまり払っている
われわれ大人と、学割料金・すねかじりのガキを
一緒にしてはいけません。

 やむを得ぬ事情で、生活保護などを受け、
税金を払えぬ人たちも、交通手段などでは
子ども料金・学割料金ではありませんので、
ガキどもに引け目を感じることはありません。
 
 しかし、あのドラマでの壁は、あまりにも高く、厚いです。
 それを小学生に越えろとは、ちょっと無理ですね。

 『ドラゴン桜』で阿部寛さんは、「越えられない壁などない」
と言っていましたが、越えられないものは越えられません。
 あのセリフには違和感がありました。

 しかし、越えられなくても、越えようともがく姿に
私は共感します。
 その意味では、『ドラゴン桜』も『女王の教室』も、
「壁を乗り越えよう!」という気持ちを持った人々の姿を
生き生きと描いていましたね。

 そうそう、『パッチギ!』にも「乗り越えよう!」と
いう意味がありました。

 
 それにしても、『女王の教室』の和美役の志田未来ちゃん、
演技上手すぎ・・・・
c0040369_8575077.jpg

 えっ、1993年生まれ?
 
 願わくば、アホな大人に食い物にされずに、じっくりと
役者として大成してもらいたいですね。
 その意味では、『女王の教室』はいい経験だったかも?
[PR]
by kase551 | 2005-09-17 23:48 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

今日も焼売でハイボール

 今日も、焼売を肴にハイボールを飲んでおります。
 ニッカの「鶴」をハイボールにしたことは、これまで
ありませんでした。
 「これはストレートで飲むもの」という思い込みゆえ・・・・
c0040369_23443783.gif

 ハイボールも美味しいです。
 旨いウイスキーは、水で割っても、ソーダで割っても、
腰がくだけません。

 ベースがしっかりしているウイスキーは、違います。


 また明日の朝も二日酔い・・・
[PR]
by kase551 | 2005-09-16 23:44 | | Trackback | Comments(0)