カテゴリ:音楽( 210 )

「虹の歌」

 一昨日の守口市での豊田勇造ライブ。

 勇造さんが歌う「虹の歌」の
♪奪い合えば足らず 分かち合えば余る♪ 
というフレーズにうなずきながら、
 
 「愛は、分かち合えば増える」と、
柄にもないことを考えていた。
[PR]
by kase551 | 2012-12-10 03:50 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

50の手習い

 忙しいとか言いながら、安聖民(アンソンミン)さんを
師匠として、民謡を習うことにした。

 今日は見学・ごまめレッスンで、
再来週から本格入門。

 50の手習い。
[PR]
by kase551 | 2012-12-07 23:27 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

 かつての圧倒的な「声」が失われた歌手として、
私が残念に思うのが、都はるみと森昌子。

 声帯も筋肉なのだから、鍛練とストレッチを
欠かさなければ、無残な劣化は防げるはず。
[PR]
by kase551 | 2012-12-03 23:18 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

オッサンふたりが大貫妙子を口ずさむ

 昨日、@paekyusaさんと飲みながら色々と話をする。

 彼も私と同様に大貫妙子と矢野顕子の歌が好きなことが判明し、
非常にうれしかった。

 せやけどオッサンふたりがカウンターでホルモンを食べながら、
♪みんなと始めた新しい仕事にも慣れて♪などと口ずさんでる場面は、
ちょっと「異様」かも?^^
[PR]
by kase551 | 2012-11-14 21:15 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

李政美ライブ

 拙宅のすぐ近くで開かれた李政美さんのライブに行く。

 いつもながら、すばらしい歌声と味のあるトークに感嘆。
 パンソリの名手・安聖民さんとの共演も、ほんまよかった。

 「安聖民をこれだけこき使えるのは、私だけかも・・」というトークに客席が沸く。

 アンコール曲「京成線」は、
関東大震災時の日本人による朝鮮人虐殺、
在日朝鮮人一世たちの苦難の歴史、
政美さんの両親をはじめとする在日一世の
日本での生活史に対する敬意などが、
「行間」に込められている名曲中の名曲。
http://www.youtube.com/watch?v=ttNczfpPxIA …
[PR]
by kase551 | 2012-11-12 21:50 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

石川進さん死去

人気アニメの主題歌を歌った石川進さん死去。

♪QQQオバケのQ 僕はオバケのQ太郎 
頭のてっぺんに毛が三本毛が三本 
だけども僕は飛べるんだ♪  

♪トノサマガエル アマガエル
 カエルもいろいろあるけれど この世で一匹! 
平面ガエルのピョン吉様は♪ 

どちらも1番は完璧に歌える。
ご冥福を
[PR]
by kase551 | 2012-11-02 23:43 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

桑田佳祐のセンス

 ビートルズデビュー50周年か。

 前にもつぶやいたかも知らんが、
30年以上前のたしか『月刊プレイボーイ』の
音楽コラムで、

元ビートルズのポールマッカートニーよりも
ビリージョエルのほうが、
ビートルズの流れをくんだ音楽をやっているという趣旨の
桑田佳祐による文章を読んで、
彼のセンスに感嘆した。
[PR]
by kase551 | 2012-10-09 21:31 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

「ビートルズ」のセンス

 30年ほど前。

 「ポールマッカートニーの音楽よりも
ビリージョエルの音楽の方が
ビートルズの流れをくんでいる」
という趣旨の文章を
桑田佳祐が書いていた。

 桑田氏のセンスに感嘆した。

 いまでも感嘆し続けてるけど^^・・・  
 
[PR]
by kase551 | 2012-09-16 22:37 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

天賦の声

 ラジオから忌野清志郎の歌声が流れてくる。
この人の声はホンマに「歌手になるべき天賦の声」やなぁ。
天才ボーカリストの死を惜しむ。
 
 でも「あこがれの北朝鮮」という歌は、
虫唾が走るくらい大嫌い。
 http://kaseyan.exblog.jp/11467837
[PR]
by kase551 | 2012-09-14 22:31 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

エバンスとモンク

 私が特に好きなジャズピアニストは、
ビルエバンスとセロニアスモンク。
http://kaseyan.exblog.jp/4916572

 料理人に例えるならば、
角がピシッと立った刺身と、
薄味だが出汁の効いた煮物を出すのがエバンス。
 気軽に入れる店構えで、
「お父さん、お刺身おいしいね!」と喜ぶ家族連れ客の横で
「食通」の客も満足げに杯を傾けている。

 
 一方、文句は、いえ、モンクは、
客の注文をときどき無視して「これが旨いんよ」と、
ぶつ切りの大マグロをどーんとカウンターに置くような「頑固オヤジ」

 「ちょっとかなわんなぁ」と敬遠する人もいるが、
味わい深い語り口と、大汗かいてマグロをさばく姿や
常にいいネタを提供する姿勢に、熱烈なファンが多い。
[PR]
by kase551 | 2012-09-05 22:56 | 音楽 | Trackback | Comments(0)