カテゴリ:スポーツ( 175 )

オリンピック雑感

 格闘技が好きなので、つい柔道中継を見てしまう。

 準々決勝で敗れた日本の上野と中井。
こういう若者の全力を尽くした試合を見ていると
「メダルメダルメダル」と周囲があおるのがホンマ不愉快。

 もちろん選手本人が、「金以外は価値がない」というのは全く自由ですが。

 オリンピックいけるだけですごいんやから、ホンマに。
[PR]
by kase551 | 2012-07-31 20:52 | スポーツ | Trackback | Comments(4)

アングメ優勝

 日本の中村選手との熱戦を見て、私が「にわかファン」になった
朝鮮のアングメ選手。

 優勝しました。

 ツイッターで、「안금애선수 정말 축하해!!!!!!! 잘했어!!!」
(アングメ選手 ほんとうにおめでとう!!!!!! よくやった!!!)と、
つい興奮して「!」を連発してしまいました。

 月刊『イオ』によると、朝鮮の柔道代表選手は、アン選手一人だけらしい。

 それを考えると、一層「おめでとう!」と言いたいね。
[PR]
by kase551 | 2012-07-30 00:45 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

アングメ選手

 オリンピックの女子柔道。

 朝鮮のアングメは強い!

 漢字表記は「安琴愛」か?

 かつて、田村亮子を破ったケースンヒのような力強さは魅力やねぇ・・・
[PR]
by kase551 | 2012-07-29 22:42 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

すばらしい試合

 プロボクシング世界ミニマム級統一戦。

 最軽量とは思えぬ迫力ある好勝負に感嘆!

 ホンマ、えぇ試合でした。
 両選手に拍手!!
 パチパチパチ!!!
 
 そして客席には、洪昌守(徳山昌守)元選手の姿が。
元気そうで何より。

 現役時代、彼が「統一旗」を掲げた姿は忘れられません。

 
 名チャンピオンでした。
そしてボクサーとして、ホンマに巧かったですね。
 
[PR]
by kase551 | 2012-06-20 23:39 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

ゴルフ三国志

 韓国の16歳のアマ選手・金考周が、61の最少ストローク記録でサントリーレディースを制覇。

 すごいねぇ!

 全米オープンでは、中国のフォンシャンシャンが初優勝、
宮里美香が2位という快挙。

 こちらもすごい!!

 日韓中の「ゴルフ三国志」が、ますます面白くなってきた。^^
[PR]
by kase551 | 2012-06-11 23:59 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

「日本人力士」の優勝

 旭天鵬の優勝は実にすばらしい快挙。
 ホンマにすごいよ。

 「日本人力士の優勝を」「日本人力士の活躍を」と、
ギャンギャン繰り返してきたマスコミ記者などは、
日本国籍を持つ彼の優勝を、
当然「日本人力士の快挙」と解釈するんやろ?


 「日本人横綱を」「日本人大関の誕生」とか、
ホンマうっとーしいたわごとを繰り返すから、
ファンも減るんとちゃうか?

 
 朝青龍が引退に際して、
「生まれ変わったら立派な日本人横綱になりたい」と
強烈な皮肉を吐いたことを思い出した。
 彼の思いを想像しようとするマスコミ記事は、
私の知る限り皆無だった。


 モンゴル出身力士のパイオニアは、旭鷲山。
 多彩な技も素晴らしかったが、朝青龍との「遺恨」も印象に残る。^^;
 
 無礼なのは、NHKのアナウンサー。
 「技のデパート モンゴル支店」やて?
 彼の技を「舞の海」(彼も素晴らしい業師だった)の
「支流」に位置付けたいという、度し難い「日本人力士至上主義」。
[PR]
by kase551 | 2012-05-20 23:59 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

相撲を楽しむ

 把瑠都が今日も勝った。
 琴欧州との「欧州対決」を制しての14勝。

 すばらしい!

 これでも「日本人横綱を!」とか
「日本人の優勝を!」とか言い続ける人たちって、
ホンマ哀れやなぁ・・・

 相撲自体を楽しめないんかねぇ・・・

 こういう人たちは、日馬富士の、懸賞金受け取りの所作の美しさも
楽しめないんよねぇ・・・・ 
[PR]
by kase551 | 2012-01-21 23:59 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

把瑠都優勝!

 大関把瑠都が初優勝を決めた。
 
 おめでとう!

 一昨日書いたように、全勝優勝して、来場所も優勝して横綱になってほしい。

 そろそろ一人横綱白鵬の負担を軽くしてもいいだろう。
[PR]
by kase551 | 2012-01-20 20:51 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

「変化」はいけない?

 大相撲でよく批判の対象となるのが、「変化」。
 力士が立ち合いで身をかわしたり、相手をはたきこんだりする
「変化」に厳しい声が浴びせられることが多い。

 でも、なんで「変化」があかんのやろ?
 えぇやんか。
 相当の鍛錬と覚悟がなければ、100キロをはるかに超える巨体が、
「変化」などできないだろう。

 「変化」も立派な技だと私は思う。  
 そして、技術がなければ「はたき込み」も決まらない。

  かつて、アキレス腱切断により三役から幕下まで落ちた
 龍虎(現在はタレント)が、ふたたび三役まで返り咲いたのは、
 踏ん張りの利かなくなった足をかばうための「はたき込み」が
 威力を発揮したからだ。


  真正面からのぶつかり合いも面白いが、「変化」や「はたき」も、
 また面白い。  
[PR]
by kase551 | 2012-01-19 23:59 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

把瑠都

  大関把瑠都の相撲が後半戦になって、どんどん良くなってきている。
 このまま全勝優勝して、来場所終了時には、欧州出身の横綱誕生か?

 それにしても、「日本人横綱を!」とか、「日本人力士の優勝を!」とか、
何度も繰り返されると、ホンマに耳障りなんよねぇ・・・・
 面白い取り組みが観られれば、それでえぇんとちゃうんかなぁ・・・
   
 朝青龍が引退に際して、「生まれ変われるならば、立派な日本人横綱に生まれたい」
という意味の、痛烈な皮肉を述べたことを思い出した。

 数年前の松井選手のワールドシリーズMVPを手放しで賞賛する一方で、
「日本人横綱」云々をしつこく書き続ける一部マスコミ記者も、うっとうしいなぁ・・・・
[PR]
by kase551 | 2012-01-18 23:59 | スポーツ | Trackback | Comments(0)