2017年 12月 31日 ( 2 )

年末ごあいさつ

 今年もあと30分足らずで終わります。
 
 「年末雑感」で述べたように、社会状況はメチャクチャです。

 それでも、今年出会った数名の若者たちの言動から、
私は希望を増幅させています。

 一寸の虫にも、五分の魂。


  みなさま、良いお年をお迎えください。



             ブログ主 敬白
 

[PR]
by kase551 | 2017-12-31 23:35 | 季節 | Trackback | Comments(0)

年末雑感(3)

 今年、大相撲の横綱日馬富士が引退した。
 
 私は彼が「安馬(アマ)」という四股名だったときからのファンで、
このブログでも何度も彼の活躍を讃えてきた。

 そして今年の秋場所。

 平幕相手に3連敗を喫するなど、4つの金星を配給した日馬富士が、
終盤に本来の力を発揮して逆転優勝。

 これは、ホンマ感動しました。
 テレビの前で、私は拍手を送った。

 その感動と喜びは、生涯忘れないだろう。
 ホンマ、すばらしい力士!

 しかし、そのすばらしい力士は、
酒席での暴力事件によって、引退することになった。

 実に残念。
 そして、さらに残念なのは、日馬富士が、自分の暴力行為について、
「指導」と思い込んでいることだ。

 彼の誤りは次の3点だ。

①大勢が集まる酒席で「指導」をしようとしたこと。
②暴力を使ったこと。
③暴力を「指導」だと思いこんでいること。

 
 ①:「指導」は、一対一で、シラフでやるべし。
   酒席で「あ、こいつを叱らなければ」と思っても、
   その場では見逃して、翌日、個人的に「指導」すべし。

 ②:暴力は「指導」では決してない。
   いくら「正論」を言っていても、暴力をふるいながらの「正論」は、
  相手の心にはとどかない。

 ③:「愛のムチ」など存在しない。ムチは鞭であり、無知である。
   指導はあくまでも口頭でやるべし。


  

  
 


 
 

[PR]
by kase551 | 2017-12-31 22:44 | 雑感 | Trackback | Comments(0)