2008年 04月 22日 ( 2 )

趙博の魅力

 大々的な運動を展開するガラではないが、現況に問題意識をもち、
「なんとかいい方向に行くように、俺も微力を」と考えている私にとって、
趙博さんの歌は、刺激を与えてくれる。

 特に、 「待ってまっせ」「北のエチュード」「狼煙」は、聴くたびに
自分の「反骨精神」が活性化されるような気がする。

 メロディ・歌詞・歌唱、すべてすばらしいこの名曲群を、
またライブで聴きたいものだ。
[PR]
by kase551 | 2008-04-22 22:50 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

死刑判決

 3日で判決を下す手抜き裁判と、感情論によるリンチ判決を乱発するであろう「裁判員制度」に賛成する人々にとって、今日の「光市事件判決」は、まさに渡りに舟。

 それにしても、死刑存続論者って、ホンマに残酷で無責任・・・。

 死刑囚と日々顔をあわせている刑務官に、望まぬ首吊りをさせておいて、
「あんなヤツは死刑」と、安全地帯で能天気に・・・。

 森達也氏のように、私は被告の元少年と面会したことはないが、森氏と同様に、私は彼を死なせたくない。
  また、刑務官に彼を殺させたくもない。
[PR]
by kase551 | 2008-04-22 19:47 | 社会 | Trackback | Comments(0)