排除と同化

 王貞治監督の辞任を惜しむ人たちの中に、彼が選挙で投票できないという
ことを知る人たちが、どれくらいいるのだろうか。

 近く行われる総選挙からも、王氏は排除される。

 関心のある方は、私も参加した『「マンガ嫌韓流」のここがデタラメ』(コモンズ)をご覧ください。

 「国民」ではないという理由で、「国民体育大会」から排除された王氏(現在は、永住資格を持つ外国籍選手は「国体」に参加できる)が、プロ野球で不世出の記録を残したことに対して「国民栄誉賞」を受ける。

 ちなみに「栄誉賞」のプレゼンテーターは、当時の福田赳夫首相。


 王氏の国籍が日本でないという理由によって参政権は認めないが、
なぜか税金は「日本人と同一に」徴収し続ける日本政府。 
[PR]
by kase551 | 2008-09-24 22:43 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/9786708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 属国 トップの辞め方 >>