USBメモリー

 メインPCであるデスクトップ機の
ウインドウズが起動しなくなった。

 どうやら、ウインドウズを再インストール
しなければならないようだ。

 保存していたデータが消えてしまうことに、
さほどショックを受けないのは、「これがなければ困る」
というデータを、USBメモリーに保存しているためだ。

 フロッピーディスクを何枚も入れ替えることもなく、
瞬時に大量のデータ保存ができるUSBメモリーの
ありがたさを実感している。
[PR]
by kase551 | 2008-09-13 22:31 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/9702181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 私は疑う 転換期 >>