血液型

「血液型性格分析」


昨日とりあげた「血液型性格分析」。

「B型は自分勝手だけど勝負強い。O型はおおらかだけど
 頑固者。A型は繊細で、物事が身につくまでに時間がかかる。
 AB型はつかみどころがない」(『AERA』2008年9月8日号、22頁)

 気持ちが通じ合った仲間内で、酒を飲みながら
「おっ、もう帰るんか? B型はやっぱり自分勝手やなぁ・・」
「うるさいなぁ・・・ A型はごちゃごちゃうるさいから嫌いや」
などと言い合うのは罪がないが、これを本気にする人たちが
少なくないことが、コワイんよねぇ・・・・
 
 このような「分析」が、いかにデタラメでアホらしいものかを、
現実の人間関係を通して実感することも多いはずやけど・・・


 高校時代、同学年の柔道部員は、私を含めて6人だった。
 A型2人、B型2人、O型1人、AB型1人という血液型構成の
仲間たちと連日向き合い、合宿に行き、旅行に行って酒を飲み^^;、
濃密な関係を保ちながら、私は「血液型性格分析」が「エセ科学」
であることを、実感していった。

 前掲の記事では、A・B・O・AB型を、次のように分類している。

A型:繊細で、物事が身につくまでに時間がかかる。
B型:自分勝手だけど勝負強い。
O型:おおらかだけど頑固者。
AB型:つかみどころがない。 


 私の「参与観察」結果は、下記の通り。

A型のN:対戦相手に対する理解がきわめて速い。
     相手の柔道着を取った時点で「値踏み」をして、試合ができる選手。

A型のM:高度な技である「体落とし」を、即座に習得したセンスに感嘆した。
     Mの体落としの「美しさ」は、今でも忘れられない。 
     「足とり」のあざやかさも印象深い。

B型のT:私が高校入学後、1年8組で出会った盟友。
     私に誘われて、柔道部に入部する。
     しかし彼の本分は、中学時代に活躍したバスケットなどの球技に
     あったと思う。抜群の運動神経を持ちながら、5人制の柔道の試合では
    「補欠」になることが多かったTは、その不満をひとことも言わなかった。

B型のU:中学時代、Tの同級生で、バスケット部の同僚だった。
     Tの誘いで入部する。
     明朗な性格と人への優しさで、クラブのムードメーカーとなる。
     今年、15年ぶりに再会した

O型のM:「お前なぁ~」「どうやねん?」などと仲間にツッコミを入れながらも、 
    「まぁえぇか」といわんばかりの、前田吟に似た魅力的な笑顔を見せるエラ男。
     寝技が上手かった。YMOファンでもあった。     
     
AB型のかせたに:自分勝手な頑固者。

 
  ねっ、「血液型性格分析」って、ウソと思うでしょ?
[PR]
by kase551 | 2008-09-07 00:16 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/9648607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆら at 2008-09-07 21:28 x
私が実感してるのは、繊細なA型の女になんか会ったことないことかな。
おとなしいフリなだけで我が強くてね、まわりに気ぃ遣ってるフリするのは全て己のためなんだよね。すんごい神経図太いし。
そういうのにしか会ったことないからいいイメージないなぁA型の女は。

かせたにさんもABなのか。なんか大人になってからABの人と仲良くなることが割りに多くなったような(・_・)
よくわかんないけど、多分、ABの人はベタついたとこがないから仲良くできるのかなぁと思ってるよ。
あ、ワシは外見と違って肝っ玉の小さい頑固者のO型よ。
Commented by kase551 at 2008-09-07 22:49
たしか、日本における血液型分布は、A:40%、B:20%、O:30%:
AB:10%だったと思います。
 
 「イヤなヤツ」の分布が、全国的に均等だと仮定すると、われわれが
出会う「イヤなヤツ」のうち、A型が一番多くなるのではないかと思います。

 ゆえに、「AB型のイヤなヤツ」に出会う確率も少ない・・・・ 
 (「ここにいるじゃん!」と言わないでね・・・^^;)

  ホンマ、血液型性格診断は、ほんまにウソですよ!!^^ 

  ゆらさんと私が仲良くなったのは、血液型とは
 何の関係もない、「感性」がかみ合うところが多い
 からだと思います。^^

 私の同じ血液型の、現東京都知事の妄言・醜態・まばたきパチパチ
をテレビで目にするたびに、「もし、『血液型性格診断』がホンマやったら、こいつとオレが同じ性格?」と、苦笑しております。


<< みなもと太郎『風雲児たち』 「血液型性格分析」 >>